記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2010年05月01日

Angel Beats! 第5話「Favorite Flaver」感想

天使が大好きな私としては 今回のお話は憤りを感じてしまった。
ただのイジメじゃないですか、コレ。
もう、寝ます。

吉良さんの声が私の心の深淵で響き、私は復活いたしました。
遠くで呼んでる声がする、ドクン!
深淵を覗くとき、深淵も君を覗いている。
音楽なしには生は誤謬となろう。
神への反逆、というとニーチェを少し想起させます。
エピタフというと墓碑銘、私は先日沖縄に行ってきたのですが
沖縄のお墓は少し変わっています。現地の方はこれが当たり前
なのかもしれませんが とても大きい。そしてお墓の前にも
大きなスペースがあり 4月の清明祭になると 
そのスペースで親戚一同が集まり重箱をつついたり
騒いだり ご先祖に現状報告をしたりするらしいです。
岩沢の替りに今回のライブはユイがボーカルで登場しましたが
NPCの人達があまり違和感無くユイを受け入れている様で
良かった。岩沢がいなくなった場所でガルデモのメンバーが
沖縄式墓参りをしている気分にもなりました。
というわけで 「隠者のエピタフ」の吉良さん 
コメントありがとうございました!

テストのシーンについてですが SSSのメンバーが天使と
同じ教室でテストを受けるということはみんなクラスメイトなのか。
制服がバラバラですけど これは許されるのかな。
推進エンジンを創れたゆりは過去にその記憶があるということ?
一体何者なんだゆり。
しかし私はこれはブーブークッションの応用と考えてみた。
おならで空を飛ぶ、筋肉マンからヒントを得て
これを創ったと私は考えちゃいました。なーんて。
良く見ると椅子の下にエンジン付いてましたね、普通に考えれば
椅子の座面の板を突き破って日向のお尻にエンジンが突き刺さる
気もしますが絶妙なバランスだったんですかね。
筋肉といえば 高松くんの筋肉に惚れ惚れしちゃいましたよ。
知的な雰囲気の高松くんの肉体美に何故、皆 見蕩れないのだ。
看取っちゃいそうな雰囲気だしてるクラスメイトに失望しました。

今回の天使を観て 嫌われ役を自ら買って出た上司を思い出した。
懸命に部下の為を想い 苦言を呈したり嫌われている、
しかし その真意を理解する者はいないのだろうか。
それは とても寂しいことじゃないのだろうか。
もし、自分が天使と同じ立場だったらと思うと力が抜けてきます。
こんな孤独な戦いを天使はしてきたんですね、あんな小さな身体で。
音無を励ます天使、今までも天使にそんな想いを貰った人は
沢山いたんじゃないのだろうか。
いつか天使は無実だ、と立ち上がる生徒達が出てくることを願います
部下たちの反乱で失墜、何もかも失った時何を想うのだろう。
私の時代も終わったのか、と一人酒を飲む小さな背中。
そんなことをサラリーマン視点で思いました。
うう、また泣けてきましたよ・・・

次回、ハンドソニックバージョン2が気になる。
頑張れ!天使、君の味方は ここにいるよ。

■天使こと橘奏ちゃん(立花奏?)について考えてみる

天使はSSSメンバーに対抗したガードスキルを
独自に開発してきたのだろうか?
それともSSSメンバー以外にも天使に攻撃を仕掛けてくる
生徒達がいたら それこそ可哀想過ぎる。
そのガードスキル名はどれもギターのエフェクターの
名前から採っていると思われます。
オープニングでピアノを弾いていますが
実は凄いギターの達人な気がするのは私だけでしょうか?
ガルデモのライブに殴りこみで天使がギター演奏、
凄いギターバトルという展開になったら燃える、萌える。
嫌われている存在から一気に人気者になるとか、
天使には何とか幸せになって欲しいものです。

対SSSメンバーのガードスキルを開発してきた天使ちゃん。
対抗する物を創るだけあって SSS団のメンバーの事は
非常に気にしていると思っていたのですけど
音無の名前を知らない様な描写があった事に少し驚きました。
照れ隠しなのかな、とも思いましたね。
テスト開始時間直前にクラスから出ようとする音無に声を掛けたり
励ましたりということは 気にかけているということですよね。
実は天使はSSS団のメンバーと仲良しになりたいんじゃないのか。
一方的に攻撃されてしまうから なかなか言い出せないけど。
以前の感想でも書きましたけど スケープゴートとして
ゆりは天使を攻撃対象だとSSSメンバーに吹聴していますが
SSSメンバーはその事に大した疑問も感じずにいます。何故?
ゆりは この世界の秘密を悟られたく無い為にあえて天使に目を
向けさせる様にしているんじゃないのだろうか。
模範的な行動をしたら消えるとか、これ嘘でしょ。
その事に疑問を持つ人間が出てきても良さそうなものですけど
何故そこまでゆりの言葉を信じられるのだろうか。
その洗脳を解くにはどうしたら良いのだろう。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気blogランキングへ

サラリーマン オタク 日記 TOPへ   


いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪
web拍手 by FC2
posted by もっち- at 05:01 | Comment(2) | TrackBack(63) | Angel Beats!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちばんうしろの大魔王 第5話「地下迷宮にご用心」感想

ドラゴンと素手で殴り合いだとー!出鱈目な強さですなー。
こりゃまた とんでもない遺産ですね!
デビルマンに変身した阿九斗、目の周りの模様がそっくりです。
BGMが気分を高揚させてくれます。

河原で殴りあう不良同士の様なこぶしで語り合う漢同士?
若干一匹伝説の獣でしたが・・・
けーなの涙にドラゴンは過去の映像を見せたのだろうか。何故だ?
一体けーなは 何者なんだろう、不二子先輩の過去も
知っている様な知っていない様な不思議な態度ですね。
けーなが裏で全てを操っているような気もしないでも無い。
ドラゴンが見せた映像の最後にけーなが付けている鳥の飾りが
出てきたのは どんな意味を持つのだろうか。
鳥の飾りが触媒だったんでしょうか、龍の記憶のスイッチを
何故押したのか不思議です。
ここらへんが凄く気になりましたよ。
かなり重要なポジションであると 思われるけーな。

生徒会長も強いですね!
帽子を取ると これは良い美少女でした。
眼鏡を取ると、というのは定番ですが 帽子を取るとというのは
これまでに無かった発想。
このアニメは その発想は思いつかなかったということを
連発してくれて楽しいです。

今回もころねは良い味を出していましたね。
ダウジング、私も子供の頃やったことがあります。
木の枝を使って行う方法もあると以前読んだ本に書いてあったと
思いますが、あれは不思議ですね。なんで反応するんだろうか。
ころねのポシェットの中身に笑いました。
なんでこけし?凄く気になります。

なんだか最終回の様なノリの終わり方だったけど次回は
どうなるんでしょうか?
今回も楽しめましたよ。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気blogランキングへ

サラリーマン オタク 日記 TOPへ    いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 03:41 | Comment(0) | TrackBack(18) | いちばんうしろの大魔王感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デュラララ!! 第16話「相思相愛」感想

罪歌とは、まるで吸血鬼の様なものだったんですね。
成程、そういう存在だったのか。これは面白いです。
杏里が一人助かった理由がこれで分かった気がします。
より上位の存在である杏里には下位の者たちは刃向かうことが
出来ないと考えればすっきりします。

そして最後の杏里の表情、凄く良い!!鳥肌が立ちました。
杏里大好きな私としては今回の放送、特に最後のシーンに
震えが来るほど 心が揺さぶられましたよ。
この歳で自分はこの様に生きる、と決意出来るのは
凄いことだと思います。
他人に寄生していると、贄川春菜は言いますが
これって本当に寄生しているのでしょうか。
私には寄生しているとは思えませんでした。
鋼鉄王アンドリュー・カーネギーの墓に刻まれた文字、
己よりすぐれたる者の助けを得る術を知れる者ここに眠る
自分が出来なければ他の人の力を借りれば良い。
寄生と呼ぶのか、統べていると呼ぶのか、それは見方により
異なってくるのかもしれない、しかし一人の力は微々たるもの。
蜀の劉備は寄生していたのか、統べていたのか?

幼い杏里は目の前に繰り広げられた惨劇に為す(なす)すべも無く。
そこで杏里は 強い力を望んだのでしょうね。
「なす」とは生すとも書きます、子を生す。
杏里が望んだのは、為す為に生し、為す為に成す。
それを決意した時の杏里の心境を想うと何とも切ないですね。
罪歌がその杏里の叫びに応えたのかもしれません。
現時点では はっきりとはしませんが、そう考えるのも
面白いかも、と今回感じました。
また 力を求めた杏里と、力を忌み嫌う静雄の対比が見事でした。
そしてその対立するもの同士が惹かれあう、静雄の表情が美しい。

面白くなってきましたね!(以前から面白かったけど)
次回 杏里がどうなるのか、楽しみで仕方がありません。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気blogランキングへ

サラリーマン オタク 日記 TOPへ   
いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪
web拍手 by FC2
posted by もっち- at 02:24 | Comment(2) | TrackBack(23) | デュラララ!!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。