記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2011年07月29日

輪るピングドラム 第4話「舞い落ちる姫君」感想

僕は勘違いをしていた様だ…日記じゃなかったのかぁ。
行動予定と言いますか、予定時刻と結果が書かれているのが
あの手帳だったんですね。
りんごちゃんが、何故 あんなにしてまで予定通りの行動を
しようとしているのか?気になりますね。
池に身投げした際に、回想で 両親に謝っていましたが
きっと そこにヒントがあるのでしょう。
運命を守ることを母親と約束している、もしくは
運命を守る事で母親に何か良い出来事が起きると予想されます。
更には父親と幼い頃に離れてしまった過去があることが分かりました。
DESTINYの判子は 子供の頃にノートに押してもらった
良く出来ましたの判子の様でもあります。

また、あのスカンクは一体何だったんだろう?何かを暗示している様にも
思えますが スカンクの分泌液の臭い、前回のカレーの匂いと
何故か 匂いに拘っている様にも感じました。
第1話の感想でも書いた95の数字と地下鉄サリン事件をどこか連想させます。

りんごちゃんが持っていたあの手帳の内容は、誰か背後に大きな闇の組織がいて
指示されている部分もあるのかもしれません。
その組織の一員として 大きな運命の歯車を廻す為の小さな歯車がりんごちゃんの
様にも思えてきました。

いやはや、ギャグ回と思いきや侮れない内容であった様に思います。
深読みしすぎかもしれませんが、こんな風に色々と想像出来る作品は好きですよ。
では、次回 あの赤い靴の女性はどうなったのか?ドキドキしながら放送を待ちたいと思います。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(32) | 輪るピングドラム感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

ロウきゅーぶ! 第4話「昴に願いを」感想

残り1秒での勝負、これはハラハラしますねー。
これは感動ですよ、凄いアニメだなーと改めて実感しました。
心理描写も結構しっかりしていますし、どのキャラクターも悪人がいなくて
皆 頑張っているのが良いですよね。
更に 見せるところはしっかり魅せてくれるのでメリハリが効いています。
正直 現時点では、今期開始アニメの中ではこの作品が一番のお気に入りです。
これから どんな名セリフが生まれるのか?という点でも楽しみにしております。

さて、今回は部活の命運をかけた男子バスケ部との試合から始まりました。
試合の中のキャラの動きは今回結構良かった気がします。
スピード感や試合に対する想いを表情で上手く表現していたんじゃないでしょうか。
男子バスケ部も頑張っているのが良いですよね。
そして 残り1秒での逆転劇!これぞ バスケの醍醐味の典型です。
実際のバスケの試合でも意外と残り1秒での逆転を何回も見たことがあります。
最後まで諦めない気持ちが勝利に繋がるというのが素敵過ぎますよ。
更に 今回は直接3ポイントを狙うのではなく、パスを介してのシュートで
逆転というのがグッときます。
普通ならあそこは智花の3ポイントで逆転と描くのもありかな、と思うのですが
パスだったというのが チームの絆を描くのに効いてきました。
いやはや、もう この勝利には思わず涙であります。

そして、連続50本のフリースローを決めるというのは相当の難易度ですよね。
極限まで高めた集中力と技術が無ければ難しいのではないでしょうか?
小学生で50本連続というのは 無茶苦茶凄いことだと思うのですけど。
どうなんでしょうね、どちらにしても智花は 逸材中の逸材だと思います。
雨上がりの日差しを受けて輝く智花のシュートはとても綺麗でしたね。

今回のタイトルは言うまでも無く「星に願いを」からでしょうね。
星に願いをの歌詞の内容も 今回の内容に被るところがあって面白いです。

次回はカレーライスを食べる様ですw
一体どんなお話となるのか?楽しみですね。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 08:42 | Comment(8) | TrackBack(19) | ロウきゅーぶ! 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

アニ☆ブロの本が夏コミに出ます!

本日 無事に 夏コミ用 アニ☆ブロぶろぐの同人誌の原稿が完成しました!
カニメガネ編集長の多大な努力と アニ☆ブロメンバーの珠玉の原稿のおかげです。
私も完成稿を見させて貰ったのですが、当初期待していた物を大幅に上回る出来に
ちょっと驚いています。

みなさん、是非 夏コミに行かれた際にはサークルにお立ち寄り下さいませ。
場所は 8月14日 3日目のO31-aとなります。頒布料金は1冊 500円の予定です。
何とテーブルの島の 角にあたる部分になりますよ。
当日は アニ☆ブロのメンバーが売り子をして皆様をお待ちしております。
きーこーひーさんの売り子姿には要注目なのです、元男の娘の可憐な姿を見てあげてくださいw
また、わたくし もっちーも 当日もしかしたら売り子をさせていただくかもしれません。
気軽にお声掛け下さると とっても嬉しいです!

以下、原稿の内容の一覧となります(敬称略です)
『アニ☆ブロのほん いっさつめ!』
タイトル作者
アニメと自己啓発の親和性についてもっちー
【妄想文】ギャルゲーブームがゼロ年代アニメにもたらした影響とは?きーこーひー
「アニメの世界観に溶け込むことで更に増すアニメの面白さ」
〜『電波女』と『あの花』の違いから見えること〜
Shirooo
どのような境地に至ってBL好きとなったのか・・・自称腐男子の戯言
(目覚めよ不揃いの林檎達!!)
ピッコロ
そんなことより、二次元幼女の話をしようとりぐらふ
「アニメと原作」しろくろ
絶対に負けられない侵略がそこにある 〜たった一人の戦い by『イカ娘』〜西京BOY
『IS〈インフィニット・ストラトス〉』の売上とアニメの出来に関する考察
『鋼の錬金術師』より〜エンヴィーとラースへの応援。ひそか
腐女子のハートを完全ホールド!『TIGER & BUNNY』の魅力とはLIV
『探偵オペラ ミルキィホームズ』における幻惑のトイズとはのんたん
牌という名の孤独を捨てる寂寥な雀士たちの見聞録〜少女たちよ、『咲-Saki-』誇れ〜ヨーク
『輪るピングドラム』は何が凄いのか吉良
キラシナと『けいおん!』の出会いと歴史について語る。キラシナ
『放浪息子』における二鳥のゆくえ――感情のメタファーから心情を探るのんたん
『よんでますよ、アザゼルさん』はどうやら女性層のツボを押さえてるらしい。藤井イサナ
原作既読アニメの観方とキャラクターの重要性 with 冨樫氏エピソード『レベルE』本隆侍照久
まっしろな朝を越える未来〜読解『東京マグニチュード8.0』〜西京BOY
非リアル内に存在するリアルの魅力『GIANT KILLING』本隆侍照久
4コマアニメ概論カニメガネ
アニメ感想ブロガーの思索迷路むかいあまのり
イラスト・漫画
wendy (イラスト2枚)
カニメガネ (イラスト1枚)
きーこーひー (漫画3ページ、4コマ漫画1本)
吉良 (イラスト1枚)
キラシナ (イラスト1枚)
けろぽ (イラスト1枚)
Shirooo (イラスト1枚)
空子 (4コマ漫画3本)
ヨーク (イラスト2枚)


表紙は ミナモノカガミのえみえみさんが描いてくれました。
驚く程の美麗な表紙となっていますよ。

売切れの場合は、再販しない方針で今の所いますので
この機会を逃すと手に入れるチャンスは無くなる可能性がございます。
予めご了承下さいませ。

最後に こうして、アニ☆ブロのメンバーが一丸となって
一つの形あるものをつくれたことを本当に嬉しく感じます。
皆さま 「アニ☆ブロのほん いっさつめ」を宜しくお願い致します♪

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 22:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花咲くいろは 第16話「あの空、この空」感想

何だか嫌な予感しかしないのですけども…これ大丈夫なのか?
映画の中ならなりたい自分になれるのに それでもやはり
板前をやりたいと答えるみんちがカッコ良すぎる。

映画といえば、以前とある映画の製作に仕事で ちょこっとだけ2本絡ませて頂いたことが
あります。あの時のこのシーンが映像になるとこうなるのかー、と感動した覚えがありますよ。
今回の 映画の舞台にして一発逆転というのは面白い考えですね。
しかし、動きが早すぎる気もしますよね。こんなに早くスタッフが集まってというのは
オカシイ気もしました。女将がうんと言わなかったらどうなっていたのだろう?
女将がうんと言わなかった場合、これだけのスタッフのスケジュールの
埋め合わせはどうしたんでしょうねー。
それに 脚本に次郎丸さんの原稿が使われるとか、普通に考えたらかなり怪しいですね。
監督やメインライターさんとの打ち合わせをはぐらかしたりと大丈夫なのかな?

緒花達がほうきを持って空を飛ぼうと頑張っている所は見ていて面白かったです。
映画に対して起死回生を狙う若旦那の意気込みと、現実味が余り無い憧れの世界と
見ている緒花達の対比が面白いですね。
一体どれ位の出資金額を負担するのか分かりませんが、映画を1本つくろうと思ったら
割合によっては 相当な金額になると思いますよ。

主演女優さんは、女将の所作にいたく見入っていました。
あれは一体どういう意味が込められていたのでしょうか?
私は 主演女優と一緒に居た眼鏡の女性が結構好みですねー。

そう言えば、この作品の一つのテーマとして親子関係について、というのがあると思います。
緒花にとっての母親、緒花の母親にとっての女将、更には若旦那にとっての姉と
同じ血が繋がっているからこそ それぞれにコンプレックスの様なものを感じるのでしょう。
今回 スポットが当てられていた若旦那の姉に対する劣等感は 何かキッカケが無いと
拭うことが出来ないと思います。あの歳になっても なお姉の呪縛から逃れられないのですね。
子供の頃に見た水面を跳ねる人魚の様な姉の姿、自分には手の届かない存在として
子供の頃の原風景として繰り返し描かれていました。
人間は 過去の積み重ねで生きています、過去を変えることは出来ないけれど
未来を変えて行くことは出来ると思うのです。
大学時代の思い出を大切に語る若旦那とそんな出来事は忘れたと言う経営コンサルタントの
対比も面白いですね、2人は違う価値観を持って生きていることが分かります。
しかし、若旦那と経営コンサルタントの仲がこれほどまでに長く続いていることが
実に興味深いと感じるのです。若旦那があの経営コンサルタントに頼る理由として
自分も未来を見て生きて行きたい、変わりたいという想いがあるからなのだと
感じます。経営コンサルタントというよりは、生き方の指針、自分の人生のコンサルタントとして
彼女を見ている気がしてくるのは私だけでしょうか。
過去に囚われた若旦那が、この映画をキッカケとして前向きになれたら良いなーと思いますよ。

何故、女将がこんなに映画の撮影に協力的なのか?
ちょっと引っかかりますよね、女将もこの映画の撮影を通して若旦那に自信を持たせて
あげたいと思っているからなのかな、とも思います。
自ら2つ返事で映画に出演するなど、何とか成功させたいという意気込みが
余り表情には出しませんが 伝わってきますよ。

次回のタイトルが、何とも不吉な物でした。
他人の手を借りて映画を撮影するよりは、自分の力で自主制作の映画をつくることの方が
結果的には自分の自信を取り戻すことにもなりそうです。
まあ、これは次回の放送を見ないと何とも言えませんけど…
経営者に将来なるはずの若旦那は、いわば喜翆荘の監督にならなければなりません。
他人の指示や指揮のもとに動いているだけでは駄目だと思うのですよね。
映画の監督の経験が旅館の監督にも活かされることを私としては願います。
自分の采配で人を動かす、そしてなりたい自分になれる場所として喜翆荘を
従業員に提供してくれたらなーなんて思います。

最後の電話は何なのでしょうか?不吉な電話の呼び出し音でした。
無事に映画が撮影されたらいいですね、次回予告で緒花が打たれるシーンがありましたが
一体何の映画なんだか…任侠もの? 次回も楽しみですねー。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(49) | 花咲くいろは 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

青の祓魔師 第14話「愉しいキャンプ」感想

ずいぶんと燐が変わってきたのが分かりますねー。
第1話、2話時点では この主人公が嫌いで仕方が無かったのですが、
今回 皆にカレーを振る舞ったりしえみを助けに駆けつけたり
更には 皆で協力して行動することに喜びを感じている様に思えました。
どんどん 魅力的な主人公に成長しているのが分かって嬉しいですよ。

一学期の授業が終了し、正十字学園は夏休みに突入。
しかし燐たち祓魔師候補生(エクスワイア)には、林間合宿という名目での
三日間の実戦訓練が課せられることに。シュラの引率で学園森林区域へ向かった燐たちは、
半ばキャンプ気分で大盛り上がり!特にこれまで学校行事に溶け込めなかった燐にとって、
それは初めて体験する楽しい時間だった。
やがて陽は落ち、いよいよ実戦訓練が始まる!そのルールとは…塾生同士による争奪戦!?
                        (公式HPあらすじより)

さて、今回は愉しいキャンプなのか?ある意味ではそうなのかなぁー。
皆の力になること、力を併せて結果を出す事に喜びを皆が見いだせたら良いですね。
以前のお話にもありましたが、祓魔師は一人では戦えないことを
こうやって実戦で教えているのですね。

子猫丸くんと勝呂くんが頭の回転が良くて凄いです!
流石に お坊さんの息子ですね、あんなに長いお経?を暗記出来るだけあって賢いなー。
こうして考えると中々に良いパーティーですね。
今後も 仲良く頑張って欲しい所ですよ。
朴さんは やはりもう祓魔師の修行はしないのかな、ちょっと残念ですが
彼女の決めた事ですから仕方がありませんね。
今まで通りに出雲と仲が良いみたいで一安心しました。

リタイアの花火をあげたのは人形使いさんなのか?それとも?
ここも気になる所ですね、意外とアマイモン達が襲いかかった結果の
リタイアという事態になっているかもしれません。

次回 巨大な蛾の悪魔やアマイモン達にどの様に抵抗していくのか?
そして その後 絆が結ばれて行くのか?楽しみにしたいと思います。
今回は 続きが凄く気になる所で終わりましたね!

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(21) | 青の祓魔師 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常 第16話 感想

凄く良いお話だったー。特に最後の東雲研究所訪問のエピソードは
感動で泣けて来ましたよ。
ありのままで良い、ロボでも人間でもそんなことは関係ない。
なのちゃんは、なのちゃんだからというゆっこの言葉に思わずブワッと来てしまいました。
私も、こういう人間になりたいです。本気でゆっことお友達になりたい。
そして、玄関先に置かれた皿ネジは麻衣が置いて行ったのでしょうね。
ゆっこが来ていることが分かって、麻衣はそのまま何も言わずに帰ったのかもしれません。
麻衣も なのがロボットだと分かっていて仲良くなりたいのでしょうねー。
更には 阪本さんも ゆっこの事を歓迎している様でした、じゃあな、と
喋ってはいけないはずなのに またあの2人と遊んで欲しいと思っていたのかもしれませんね。
3段オチで とても良いお話でした。心がホコホコしてきました♪

最初の喫茶店でのエピソードは、あー分かる分かると妙に納得してしまいましたよ。
Tって何だよ、私も初めてスターバックスに入った時に同じ事をやらかしました。
ああいうお客さんに通じない言葉や表記はどうなのかな?と思う事もありますね。
私は昔 お客さんに通じない業界用語や横文字を使うと こっぴどく先輩に怒られた覚えが
あります。通じない言葉は使うな!と頑張って作った書類をゴミ箱に捨てられたりしました。
今となれば良い思い出ですが、通じない言葉はお客さんを混乱させ不快にしてしまいますからね。
逆に分かっている者同士だったら、お互いに通じる言葉は また違ってきます。
知らないと恥ずかしい用語もあると思いますよ。
要は 相手にあった言葉で話したり書いたりする必要があるんじゃないかな、と思ったのでした。

BL原稿の入稿直前であの惨事には同情せざるを得ませんねー。
思わず笑ってしまいましたが、折角 描いた原稿をヤギに食べられたというショックは
部屋に引きこもるレベルだったのですね。
同人誌をつくっているのかな?ということは後日即売会でのエピソードも見られるかも
しれませんね。彼女の趣味を理解してくれる友達が出来たら良いのですけどね。
ゆっこは 余り気にしないで付き合ってくれるかもしれません。

大福のおじさんの息子が あのモヒカンの子だったとは驚きました。
更に、同じモヒカンだったとはー、(というか 2ブロック?)
思わず 草団子に例えてしまう職人気質が良いですねー。
職人さんとお話するときは、その業界用語を知らないと
この素人が、という顔をされる場合もあるので要注意です。
そう言えば昔 鳶さんに バラしを考えて このタテジ、イモにしていいかい?と
言われて頭の中が???になった覚えがありますよ。

今回はとても面白かったですねー、どのエピソードもとても面白かったです。
この調子で最後まで 行って欲しいですねー。
次回は どんなエピソードが見れるのか 楽しみです!

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(23) | 日常 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

ロウきゅーぶ! 第3話「明日に架けるパス」感想

小学生は最高だぜ! 名言来ましたわー。
今回は、いよいよ男子バスケ部との試合となりましたね。
ギャグの要素が溢れた回を奇数回、シリアス展開のお話を偶数回にと
交互に描く展開に今後なるのかな、とも思いました。

中々に頭を使ったコーチの作戦が効果的に試合の内容に出ていました。
同じ場所から常にジュートすることで、ゴールまでの距離感覚を
身体に覚えさせたり、選手のコンプレックスを逆手に活かしたりと見事なコーチぶりです。
小豆と大豆、漢字にすると確かに同じ豆でも 小と大ですね。

恐らく一生に一度の男女の体格差が逆転する時期が小学生の高学年だと思います。
彼女たちが何歳なのか知りませんが、後半 体力的に辛くなった所を見ると
3年生くらいなのかな。うーん分かりません。

第1話の感想でも書きましたが、本当にゴールのネットの動きにこだわりを感じますね。
凄くリアルです、あのネットが跳ねる感じが凄く良いですよ。

是非とも 男子バスケ部に勝って居場所を持ち続けて欲しいですね。
男子バスケ部の居場所はきちんとあるのかな、と少し心配ですけど。
今回のタイトルは名曲「明日に架ける橋」のもじりでしょうね。
その原曲の歌詞も、今回のお話の内容にかぶる部分があってちょっと感動です。
Sail on by
Your time has come to shine
All your dreams are on their way
See how they shine あたりなんてそうかなーと思います。

では、次回の試合結果がどうなるのか、楽しみにしています!頑張ってー!

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(25) | ロウきゅーぶ! 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

輪るピングドラム 第2話「危険な生存戦略」感想

ピングドラムって何だろう?荻野目 苹果が持っている携帯電話のストラップのこと?
ペンギンがリンゴを抱えているストラップを持ってるとは偶然とは思えません。
それとも あの竜宮の使いが描いてある手帳のことなのかな?
もしくは、その様な形があるものではなくて 概念の様なものを指しているのでしょうか。
ストーカー行為に出るまで男性を好きな気持ちを指しているのかな?
うーん、まだ良く分かりませんね。

荻野目 苹果が持っていた手帳に描かれている竜宮使いの絵は実に意味深だな、と思いました。
謎の深海魚らしいのですが、どんな進化と生存戦略をとったらあんな姿になるのか、不思議です。
写真を貼れたら分かり易いかもしれませんが、面白い姿と大きさをしています。
そして 竜宮伝説と未来の出来事が描かれている日記との共通項も面白いですね。

苹果と林檎は読み方は同じでも別物らしいですね、西洋リンゴと和リンゴの違いみたいです。
苹果の中国語の発音を聞くとチ○コゥと聞こえなくもないです。
中国ではりんごの事を苹果と書くのかな。

前回の感想で、殺虫剤が効かなくなる進化をしているゴキブリのお話をさせていただきましたが
早速 第2話目にして殺虫剤が効かなくなり始めていました。
ここも興味深い描写だなー、と思って見させて頂きました。

生存戦略!という言葉と共に開かれる不思議ワールドが今回も登場しました。
前回と同じような描かれ方だったので、それほど驚きませんでしたが
それでも やっぱりインパクトがありますね。
あのポーズとスカートがぶわっとなるところが堪らなくカッコいい!!

生存戦略、とは生き物の進化だけではなく企業の生存戦略にもかけているのかな、と
ふと思いつきました。地下鉄丸ノ内線は山手線のダイヤに合わせて運行している部分も
ある様ですので、お客さんの利便性を出して生存戦略を図っているのかなとも思いました。

というわけで、最近 夜遅くまで仕事をしていてフラフラなのでもう寝ます。
久しぶりのアニメ鑑賞でしたが、今回のピングドラムを最初の視聴作品として
良かったと思います、他の作品だったら感想を書く気力が今の自分には湧いてきそうにありません。
では、おやすみなさい。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(40) | 輪るピングドラム感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」感想

心が洗われるような作品ですね。
湯音が可愛い、そして一生懸命。その頑張りを応援したくなります。
異文化交流と相互理解を実に丁寧に優しい描写で描いていますね。
観ていてほわほわしてくるお話でした。

前回は着物、今回は食事と 衣食住は 人間の生活の根幹であり
どの民族や国でも人間はそれを大切に生きています。
気候や風習、その土地で取れる作物により ちょっと違いがあるんですね。
それをお互いに理解しようと、頑張っているのが微笑ましいです。
チーズや梅干し、同じ保存食でも これほどの違いがありますね。
美味しいとキラキラ光る湯音とおじさんが可愛いかったですよ。

優しい2人のところに住まわせてもらい湯音は幸せものです。
理解できないものは排除、認めないという人もやはり少なからずいるはずです。
しかし、2人は焦らなくても良い、違いを認めて理解しようとしています。
言葉や文化は違っていても、同じ人間同士仲良くなれたら良いですね。

ちょっと頑張り過ぎちゃう湯音が、気疲れで倒れないか心配です。
こんな小さいのに異国に一人で生活することになって想像するだけでも
大変だと思います。湯音は頑張り屋さんですけど、たまにはゆっくりとして欲しいな。
そんな頑張り屋さんなところが湯音の魅力かもしれませんけどねー。

次回は、フランスの女性との交流や日本の文化や文字を2人に伝えようとする湯音の
姿が見れそうですね。あー、ほっこりとする作品です。
観ていて気分がゆったりとしてきますね。次回も楽しみです!

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青の祓魔師 第13話 「証明」感想

獅郎は相変わらずカッコいいなー。最高の祓魔師であると共に最高の父親ですね。
彼は悪魔、人間問わずに愛情で包み込む凄さがあります。

燐とアマイモンの戦いを制止した上一級祓魔師・霧隠シュラ。
彼女はヴァチカン本部より派遣された監査役で、塾生に紛れ込み騎士團を内偵していたのだ。
地下基地へと連行された燐は、シュラが獅郎の弟子だったことを知り、
さらには「師匠の不始末をつける」と排除対象と認識されてしまった。
圧倒的なシュラの魔剣技を前に、燐の命は絶体絶命! 
そんな中、自分と獅郎を否定する彼女に反発し、燐の胸にはある決意が生まれる!! 
                                   (公式HPあらすじより)

燐はパラディンになれるのか?私はなれると思いますね。
なぜなら、燐はパラディンになる、なれると心から思っている様に感じるからです。
それに身近にパラディンがいて、育てられたのですからね。
良く家系とか、名門とか言われますが、それは生まれ持っての遺伝もあるでしょうけど
何よりも大きい要素となるのが 身近に自分の夢を叶えた人物がいるというのが
大きいと思います。音楽家?そんなのなれるわけない、本当の一握りの人物しか
そんな職業にはつけないと多くの方は思うかもしれませんが、同じ家にその音楽家が
生まれた時からいたらどうでしょうか、自分がなれないと思う理由が無いですよね。
ちょっと屁理屈かもしれませんが、案外 そんなものだったりするかもしれません。
と、燐はもうちょっと頑張って勉強した方が良いかもしれませんが
ヤル気になっている様ですし頑張って欲しいです。
シュラやアマイモンとの戦いで今までの様な力押しの戦い方では勝てないことを
証明されてしまった燐が今後どの様に成長していくか楽しみでもあります。

獅郎は以前のクロ回の回想でもそうでしたが、自分が死んだ後の事を
考えて弟子達に色々と手を打っていた様です。きっと自分の死期が近いことを
分かっていたのでしょう。今回のシュラへ燐をお願いしたのもそうに違いないと思います。
弟子に対して頭を下げて、燐をお願いするというのは 彼は立派な父親ですねー。
私も同じ父親として見習いたいと思いましたよ。
そして、幼稚園での獅郎の行動は感動でした、感情のままに力をぶつける燐に対して
獅郎は強がりながらも大きな愛情で包み込んでいます。
きっと悪魔といえども、その男気と優しさにほだされてしまうんでしょうね。
いやはや 凄い人物ですよ。ホロリとくるシーンでもありました。

OPとEDが変わりましたね、中々良い感じです。特にEDは良いですね。
いよいよ、燐が本気で祓魔師への道を歩み出したという印象を持った今回のお話ですが
次回からはどの様な展開になるのか、今から楽しみです!

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(17) | 青の祓魔師 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

セイクリッドセブン 第2話「ルリ色の絆」感想

熱い展開になってきました、バトルシーンが良かったかな。
そして明かされるセイクリッドセブンとは何なのかという設定が
面白いですね。800年前に地球外から未知の鉱石7種が
地球にやってきてその鉱石が不思議な力を宿していたということみたいですね。
その人の持っている精神性に感応して増幅させることが出来る力を持つ鉱石
の様ですね。悪人に当たっていたらとんでもない事になりそうです。
主人公が 不良集団に捕まって川原に投げ込まれた石がその7つの石の
ひとつだったのでしょうか。
橋まで破壊してしまったとなれば、あの不良達は大怪我どころでは
すまなかったのかもしれません。
主人公は 元は大人しい正義感に溢れた人物だった様に思えました。
子供の頃、落ちてきた鉄骨からヒロインを守った様なシーンが
ありましたしね。

鉱石部のメンバーが実は…能力者だった、とかいう展開になったら
面白いかもしれませんね。もう少し登場人物を増やしてくれたら
ドラマチックになる様な気がしないでもありませんが
まだ2話なのでこれからなのでしょうね。
次回予告にも 能力者みたいなのが登場していましたしね。

主人公が空中サーフボードで戦うのはカッコよかったです。
お姫様だっこでヒロインを抱えて空中を縦横無尽に駆け巡る描写は
凄かったですね。宝石がビカーンと光るシーンには思わず息を呑みました。
そして鬼瓦さんは、頑張ったのに 忘れ去られているというオチ。
顔文字が実体化するのかなー、鬼瓦さんはリボンやネックレスをしていましたが
実は女の子設定だったりするのでしょうか?
そうだったら驚きですねw

次回はどんな悪石が登場するのでしょうか?今回の悪石はとんでもなく巨大で
気持ち悪かったですが あっさりと一撃でやられてしまいました。
弱点を突けば意外と脆いという設定なのかな。
米軍基地を走る人物は一体誰だったのかも気になりますねー。
次回も楽しみです!

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TIGER&BUNNY 第15話「The sky's the limit…」 感想

切ない、切なすぎです。
あのアンドロイドは結果的にスカイハイの自信を身を挺して
取り戻してくれましたが 泣ける展開でしたね。
以下ネタバレありの感想です、今回は感想を読まれる前に視聴されることを
お勧め致します。

ジェイク事件以降、元気の無いスカイハイ。
飼い犬の散歩中、公園のベンチに座る一人の女性に出会う。
能力が目覚めたばかりの彼女に、親切に自分の経験談を語り始める。
黙って聞いてくれる彼女にスカイハイは恋心を抱いてしまう。
スカイハイを心配し、恋愛相談に乗るファイヤーエンブレム、ブルーローズ、ドラゴンキッド。
そのアドバイスを受け実践するものの、彼女は素気ない。一方、謎の男が彼女を探していた・・・。
                          (公式HP あらすじより)

何故、あのアンドロイドはスカイハイを見てヒーローだと
認識して襲い掛からなかったのでしょうか?
ヒーロースーツに反応するようにされていたからなのかな?
アンドロイドにも心が有る様に思えた内容でしたね。
ずっと、あのベンチに座っていた理由は何なのでしょうか。
スカイハイを元気付けようとしていたのなら凄く泣けます。
どうやらハートの部分はファイヤーエンブレムを元に作ったみたいだし
さり気なく元気付けてくれていたと思いたい自分がいます。

キッドちゃんが褒められたら嬉しいというシーンは
凄く可愛かったですね。
そしてブルーローズはボディタッチが嬉しいとは・・・
思い返せば、これって 虎鉄が2人に対してやったことじゃないのかな。
虎鉄さん、流石でありますなー。
バーナビーが何をされたらキュンとくるのか、ちょっと知りたいと思ってしまいました。

そのバーナビーは、パンツ一丁で何の撮影をしているんだ!?
下着メーカーの広告撮影なのかな。ちょっと笑ってしまいました。
対して 虎鉄さんの水着姿も浜辺のお父さんという感じでカッコ良かったですよ。
娘さんとこうやって遊べる日が来たら良いですね。

虎鉄さんの能力が減退しているとは・・・
前回 何だか嫌な予感はしていましたが、これはヒーローにとって
致命的な事態ですよ。何とかネクスト能力を維持することは出来ないのかな。
心配ですね。

次回はルナさんが再び登場ということで、虎鉄は無事に戦うことが出来るのか。
楽しみに見守らせて頂きたいと思います。
今回も凄く面白い内容でした、本当に毎回面白いですね。
今までにつまらない回が無いのが凄すぎる。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 10:30 | Comment(2) | TrackBack(21) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常 第15話 感想

うさぎぴょんが可愛い!以前のじゃんけんぽんが好きだったので
代わりにこれが来て嬉しいです。

今回は殆どのパートを、なのを描くことに費やしていました。
前回、なのが学校に入学しましたので 
今回は学校の面々との絡みというのは自然な流れですね。
恐らく、なの好きにとっては堪らないお話だったのではないかと思います。

ロボであることに悩むなのですが、ハカセもある意味残酷なことをしたものです。
ここまで人間に近い感情をなのに持たせておいて、
ロボ機能を弄って遊ぶというのは可哀そうにも思えてきました。
ハカセにとっては、おもちゃや母親の代わりに なのをつくったということなのでしょうか?
ところで、なのが気が付かない内にハカセはどうやってなのを改造しているのだろう?
きっと、ハカセだけが知っている停止ボタンみたいなのがありそうですね。
そのボタンを押すとなのが機能停止して記憶もその間無いという感じでしょうか。
憶測でしかありませんが 何だか、危ないボタンですね。

今回は昭和の匂いがしてまったりと楽しむことが出来ました。
あと、EDの曲が変わりましたね。
では、次回はどうなるのか 楽しみにしたいと思います。
結局 螺子は外れないのか、外れるのか うーん気になる!

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 09:07 | Comment(2) | TrackBack(27) | 日常 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

NO.6 第1話「びしょぬれネズミ」感想

これは良い友情アニメの予感がするぞ。
まったくタイプの違う2人だけど、何故か初対面なのに笑いあえる、気が合うというのは
見ていて何だか和みます。
打算も何もない紫苑に心を開くネズミ(これ本当に本名なのか?)との
熱い友情物語が見れそうな感じですね。

しかし 折角 誕生日にもらった手編みのセーターを初対面の男の子に着せるというのは
あの女の子に対してかなり失礼な事していますね。
ちょっと、どういう神経しているんだろう?人間性を疑いますよ。

近未来物みたいですが、今後どうなるんでしょうね?
NO.6という街に隠された秘密を暴こうとして2人の少年が活躍するお話に
なるのかなー。とりあえず、第2話は見たいなと思います。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」感想

何故 ペンギンは 空を飛ぶことを選ばなかったのか・・・
これは 久々に考察していきたいと思わせる作品が来ました。
素晴らしい映像美と音楽、期待が高まります。

生存戦略、なぜこの作品のモチーフに ペンギンが選ばれたのか?少し考えてみたいと思います。
ペンギンて不思議ですよね、鳥なのに空を飛べない。
何故飛ばないのでしょうか、それは飛ぶ必要が無いからだと言われています。
空を飛んで外敵から身を守る必要もなければ、空を飛んで獲物を探す必要も無い場所に
生息しているからなのでしょう。空を飛ぶより水中を飛び 魚などを
捕獲した方が生存していくには好都合だったのですね。
これはペンギンなりの生存戦略と言えるでしょう。

妹が何故ペンギンに延命されているのか?
それは あの家から飛び立つ必要が無い同じ種としてペンギンに認められたからかもしれません。
今回は くどいくらいに食事のシーンが挟まれていましたよね。
これにも意味があるはずです、それはこの家から飛び立たなくても餌(食事)が
得られるという暗喩だった様に思えてなりません。

アバンの生まれてくる場所や境遇が違うのは不公平だといったセリフがありましたが
あれは 生まれ落ちた場所に適応するように種は進化してくのだ、というメッセージが
込められていたのではないでしょうか?
運命という言葉が嫌いと独白する兄に対してED終了後に流れる妹の独白は
運命という言葉が好き、と見事に最初と最後が対になっています。

そしてゴキブリの描写。 今回、ゴキブリは殺虫剤をかけられてひっくりかえっていましたが
今後は殺虫剤が効かないゴキブリが増えてくるかもしれません。
そんな世界は考えたくありませんが、生き残るために今後増えてくるかもしれませんね。
何億年前から生き残っている種であるゴキブリは生存戦略の王様と呼べる生物なのかも。

そしてOPでのリンゴ、アダムとイブをどうしても連想させます。
そして心臓を連想させます。
小学生の会話に出てきた宮沢賢治もリンゴを世界の象徴として捉えていたという解釈もあるようですし
生存戦略ぅーと妹が宣言して描かれた球状のものはりんごだった様にも思えます、木の様なものも
薄らと見えていましたしね。あの時計も進化年月の象徴だったのかな?と、妄想ばかりですみません!
どうやら 性と生を意識した作品になりそうな予感がしますね。
また、兄が2名出てくるところも意味深です、生存戦略の上で どちらの兄と
妹は結ばれたほうが良いのか?妹を巡っての競争もあるかもしれませんね。
近親婚も生存戦略の面から禁忌とされていますが、その戦略を無視して
兄弟に生まれてしまった運命を嫌う兄と妹に対しての欲望がどの様に
描かれていくのか楽しみですね。

異世界シーンでペンギン妹が降りてくる階段は背骨を模したものだと思いますし
2体の巨大なぬいぐるみを模したロボット?が下半身で繋がれているのはドキドキです。
ぬいぐるみのお腹が膨れていたのは、子供を宿しているからかもしれません。
映像の中にも色々な伏線が張られている気がしてなりませんよ。
いやはや、物凄い作品が登場しましたね!
次回の展開はどうなるのか、楽しみにしたいと思います。

ピングドラムって何のことだろう?
penguin+drumでペンギンの家(夜会)? 
drumの他のスラング的意味はちょっと酷いので言えません。
それに何で輪るでまわるなんだろ? 輪廻とかそういう深淵な話になるのかな?
あと 気になったのは駅の表示プレートの描写 95という数字には
どの様な意味が隠されているのか?OPに出ていた駅名は 丸の内線の駅名。
95と丸の内線から想像されるのは95年に起きた地下鉄サリン事件ですが、これは関係ないかなー。
そして最後にこれは言っておかなければならないことがあります、
それはペンギン妹の変身シーン?の決めポーズがいちいちカッコよくて堪りません。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 15:07 | Comment(2) | TrackBack(37) | 輪るピングドラム感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第1話「これからが彼女たちのはじまり」感想

今回はキャラクター紹介といった感じでしたね。
最後のオチにはちょっと驚かされましたけど。
まずは、キャラクターの名前と顔が一致するようにしないと
いけないかな。どのアイドルも個性的で中々いい感じです。

みなさん きっとお気に入りのキャラが出来そうですね。
私としては プロデューサーの秋月律子さんと真さんが
お気に入りになりそうな予感ですよ。

今後もこの様に765プロのアイドル生活を全員紹介していくのか
それとも 各キャラにスポットを当てて紹介していくのかどちらなのでしょうねー。
個人的には各キャラに個別にスポットをあてて行った方が良さげな気もしますが・・・

最後に カメラマンが実は新しいプロデューサーでしたというのは
実に上手い演出でした。こうすることにより、あの眼鏡のプロデューサーと
視聴者との同一化を図ることが出来ました。
自分が新人アイドルを育てるのが楽しい原作ゲームと聞いていますので
導入としては 上手い第1話でありました。
今後は このプロデューサーが自分の分身となるわけでありますね。
もし このプロデューサーが 色黒で金髪、アクセサリーじゃらじゃらだったらと
想像すると何だか面白いですよ。(そんなの嫌ですけどね)

では、次回も視聴してみようと思います。
一体どんなお話になるのか 想像がまったくつかないので楽しみです!

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP  いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫神やおよろず 第1話「貧乏神インスペクト+」感想

なかなか良い雰囲気、まったりと気楽に見れそうな作品ですね。
キャラも可愛いし、何だかちょっと良いお話で今後も視聴したいと思いました。

みんな神様なのに、人間ぽいです。今回視察に訪れたしゃも以外は
みんな 天界から人間界につかわされた神様なのかな。
いたる所に神様が色々なものを守ってくれいてると思うと
ちょっと嬉しくなり心強い気持ちになりますね。
こんな可愛い神様が私達の周りにも実はいるかもしれない。
街を守ろうと頑張っている稲荷神社の神様がいましたが
お稲荷さんは商売の神様でもあったと思うので合っているなーと感じたり
大黒天の親戚はお嬢さんであったりと面白いです。
有名な神様はやはり位が高いのでしょうかね、何だかこれも人間界と
同じ様で微笑ましいです。
恐らくですが、今後 人間と同じく色々な性格の神様が登場してくれそうです。

レトロゲームっぽいゲームに勤しむ神様は子供の様です。
効果音でも ファミコン音源の様な音が登場していましたし
懐かしさも感じる良い雰囲気つくりに貢献していました。

inspectは、調査するとか査察するとかといった意味ですね。
+はこれからもいるといった意味合いなのか、プログラム言語のモジリなのか?

これから どんな神様が登場するのか楽しみですね。
次回も見てみようと思います。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロウきゅーぶ! 第2話「小さな少女の願い」感想

凄い! この作品は名作の薫りがしますね。
第1話もとても面白かったですが、第2話はそれ以上でした。
ちょっと興奮が収まらないのですが、感想を書いていきたいと思います。
スーハー(深呼吸)

はい、今回 中盤から何故か涙が止まりませんでした。
バスケがしたい、バスケが好きという純粋な気持ちを
バスケ部のメンバーとコーチが持っていることが伝わって来ましたよ。
小学生という設定が良く活かされていると思います。
その純粋な気持ちを表すのに低年齢という設定が響いてきますね。
これが高校生だったら、ちょっと違う印象を持ってしまうかもしれません。

ピンク髪の湊智花の掘り下げもあって、第1話を観た時点で感じた
今後このような展開だったらいいのにな、と思っていたことを
そのまま完璧に描いてくれていて嬉しくなっちゃいました。
飛びぬけてバスケが上手い智花、勝ちにこだわる余り孤立して
転校を余儀なくされてしまったというのが泣けますね。
バスケは一人では出来ません、団体スポーツをする方は
最初は 友達とワイワイ仲良くやりたいという人も少なからず
いると思います。中には強くなんてならなくても楽しく出来れば良いという
人もいると思います、しかし もっと強くなりたいという人も出てくる。
そうなると ギクシャクしてしまいます。なかなか折り合いを付けるのは難しい。
勝ちたいという気持ちが理解されずに孤立してしまうのは悲しいですね。
なに一人で頑張っちゃってるの、と足の引っ張りあいという場所に身を置くより
智花は転校をして良かったのかもしれません。

転校先はお金持ち学校の様ですし、向学心や向上心の強い生徒が多くいるのかも
しれません。あの校舎からすると、恐らく私立の有名校なのでしょうね。
最初は、一人でお弁当を食べていた智花が 大好きなバスケを通じて
友達が出来て バスケ部まで設立できた、これは智花にとってこれ以上無い喜び
だったと思います。智花が自分の居場所を見つけられて良かったですね。
しかし、バスケ部は自分の居場所、大切な仲間と共に強くなって行きたい、という
智花の願いは男子バスケ部に勝たなければ 駄目になってしまう可能性があります。
ここは、コーチとの特別練習によって何としても勝って欲しいな。
最後のシーンで コーチを最上級のおもてなしと思い込んでいるメイド服姿で
お迎えするのが 感動です。絶対にコーチは来てくれると信じて待ち構えていたのでしょう。

夕食3人分な!とか今回はグッとくるセリフが多かったですね。
そして、コーチと智花がバスケ対決した際の 智花のキリリとした表情。
見せ方も上手で、お話の内容も凄く良いですね。
本当に面白かったー、次回は男子バスケ部との対決になるのかな?
うーん、楽しみだ!試合に勝てるように祈っておりますよ。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 08:49 | Comment(2) | TrackBack(35) | ロウきゅーぶ! 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

森田さんは無口。 第1話「森田さんは無口」感想

短カッ!3分とは… では、感想も短く行きますよ。
森田さんは 無口です、しかし 頭の中では色々喋っているんですよね。
こんな人は意外と身近にもいるんじゃないでしょうか?
ふとした瞬間の表情が可愛いですね、森田さん。
こういう女性は個人的には好きですよ。
優しくて奥ゆかしい 魅力的な女性ですねー。気に入りました。

OP曲が懐かしのカバー曲でしたね。
次回も見てみたいと思います。ではでは。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様ドォルズ 第1話「神はきたりて」感想

これは一体どういうことなんだろ?どうなんだろ?
このような作風は個人的に好きですね、今後徐々に謎や設定が明らかになっていくのかな?
どうやら、漫画が原作の様ですが 未読であります。
最初、神様ドォルズというタイトルからほのぼのとした内容かと勝手に想像していましたが
蓋を開けてみれば驚くほどシリアス調の作品でありました。
今後もしかしたら、ほのぼの路線になるのかもしれませんけど。
そして あの巨乳は今後の伏線に違いないと踏んでいます。

OP曲も耳に残る感じで良いです、洗脳されそうですよ。なんだろ♪そうなんだろ♪
歌詞が頭の中をループしています。

案山子が動くときに、歌が流れるのですがあれは何なのでしょう?
村に伝わる民謡とかなのでしょうか、案山子ごとに流れる歌が違う様です。
それと案山子(漢字はこれで良いのだろうか?)というネーミングから考えると
外敵から村を守る兵器としての役割を持っているのかもしれませんね。
妹が操っていた案山子はククリという名前でしたが神話でもククリという神様が
いるのかも。調べてみても良いかもしれません。
また、今回のタイトル「神はきたりて」は「悪魔が来たりて笛をふく」をもじったのでしょうか。
だとしたら連続殺人がこれから始まるのもしれませんね、あの案山子起動時の曲も
案山子の能力を知っている人が聞いたら 恐怖の対象になるのでしょう。
村の因習に囚われて逃げる事が出来ない主人公、一体その村では何が行われてきたのか?
そして あの巨乳は今後の伏線に違いないと踏んでいます。人間とは思えない大きさなので
神様なのかもしれません。血縁関係でも色々とややこしいことになるかもしれない。
悪魔が来たりて〜の内容から関連付けると面白くなってきました。全然違うかもしれませんけどね。
この作品は 色々と想像出来る余地がありそうですね。妄想が拡がります。

今後の展開次第で凄く面白くなる予感がします。第1話の時点では 期待出来そうな印象。
内容に関しては ???と良い意味で謎を置いていってくれました。
次回以降の内容に期待ですね。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。