記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2010年10月15日

ポケットモンスターベストウィッシュ 第5話 「サンヨウジム!VSバオップ、ヒヤップ、ヤナップ!!」感想

今度はデュラララ!!を思い出した、主に声的に。
声優さん豪華だなー。
君とそのポケモンの相性はルート3点。

ここからはネタばれを含みますので
内容を知りたくないという方はこれ以上
記事を読み進めない方が良いかもしれません。

ついにやってきたサンヨウシティ!
イッシュ地方初のジム戦を前に興奮を
抑えきれないサトシの前に、デントと名乗る一人の青年が。
デントは、アイリスとキバゴが
仲良さそうにしている姿を見て、二人の相性はバッチリだと告げる。
どうやら『ポケモンソムリエ』という資格を持っており、
トレーナーとポケモンの相性などを見ることができるらしい。
せっかくなので、話を聞きながらサンヨウジムまで案内してもらうことに。
そして、目の前に現れたのは待ちに待ったサンヨウジム!
戦闘モードで勢いよく飛びこむサトシ!
だが、建物の中には目を疑うような光景が広がっていた・・・。(公式HPあらすじより)
見ていない人も多いと思うので あらすじを今回 載せてみました。

それにしてもジム戦というのは一体何なのだろうか?
ジム戦に勝つと貰えるというバッジには
一体どんな価値があるというのでしょうか。
サトシは ジム戦を楽しみにしていたようですが
これはどの様な意味合いがあるのかなー。
バッジは階級章みたいなものなんでしょうか、
沢山集めると一人前のポケモントレーナーとして
認められるとかいう設定なのかな。

ナルトタイプ・ドラゴンボールタイプのポケモンが
ピカチュウとミジュマルの前に立ちはだかる。
分身の術は手ごわいなー。ピカチュウいきなり大ピンチ。
と思っていたら ええっ、まさかのピカチュウ敗退。
ピカチュウはミジュマルにも出番を与えようとして
空気を読んだに違いない。
そして 出てきたミジュマル、頑張れー。
ミジュマルピンチ、かめはめ波をよける事ができるのか。
そして ポカブの不敵な面構えがカッコいい、ドヤ!という顔が
いいじゃないですか。うん、頑張った!

呼び出されても今日は戦いたくないよー、というポケモンは
いないのだろうか?
目の前で 自分のパートナーと公言するポケモンが
傷つけられるのを見て心が痛まないのだろうか。

ロケット団は 今回はサトシ達と絡むことなく
次回への伏線を張っていきました。
夢の跡地、ってなんだ?夢を操るポケモンが出てきそうです。
そのポケモンは精神感応系の能力を持っているのかな?
ちょっと楽しみにしておきたいと思いますよ。

ポケモンソムリエ、そんな職業があるのか。
サトシの住む世界は 何だかポケモンが中心に廻っている気が
してきました。あれだけポケモンが人間にかかわっているのだから
当然なのかもしれませんけどね。

レストランが一転して バトル場になったのには驚きました。
何となくそんな気はしていましたけどね。
3人でサトシ達を取り囲んで注文を貰うまで帰さないぞ、
という悪徳商法のにおいを感じる怪しい店でした。
執事喫茶風でしたけどね。
お客さんは女性客のみ、チアガールになったりとなんだこの店。

今回は戦闘シーンが主でしたので 余り書くことがないなー。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ


いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
この記事へのコメント
初めまして!
息子がポケモンにハマったのを機に、自分もポケモンを見始めました。
今まで子供向けのアニメとバカにしていたのですが、なかなかポケモン面白いですね〜

さて、サトシの今回の旅の目的は、イッシュ地方で開かれるポケモンリーグ(イッシュリーグ)に出場して優勝することです。
ポケモンリーグとは各地方で開かれるポケモンバトルの頂上決戦。
そのためには、その地方の8箇所以上のポケモンジムで勝利を収め、ジムバッジを8個以上集めなくてはなりません。バッジ8個ゲットしてリーグへの出場資格が得られるのです。

サトシの究極の夢はポケモンマスターになること。
そのためには、ポケモンリーグで優勝→リーグ優勝者同士でのチャンピオンリーグを勝ち抜く→四天王に挑戦→チャンピオンを破る という過程を経なくてはなりません。
夢のポケモンマスターへの第一歩としてリーグ優勝を目指している訳です。

自分のポケモンが傷つけば、もちろんトレーナは心が痛みます。
しかし、ポケモンにはバトル本能というものがあり、バトルに勝ちたい、もっともっと強くなりたいという思いを持っています。
ポケモンたちのそんな思いを汲み取り、彼らの力を最大限に引き出してあげるのがトレーナの役割。
バトル中、ダメージが大きすぎたり、命の危険に晒された場合は、トレーナーは降参してバトルを中止させたりします。その判断をするのもトレーナーの重要な義務なのです。

中にはポケモンをバトルに勝つための道具のようにしか扱わないトレーナーもいて、サトシはそういうトレーナーには強い反発を抱いています。
前シリーズである「ダイアモンド&パール」編では、そういうトレーナーとサトシとの対立がドラマチックに描かれていて、なかなか見ごたえがあります。
機会があったら是非鑑賞してみてください。

では長文失礼します
Posted by よしみさ at 2010年10月15日 23:50
よしみささん>おおー、凄いコメントだー!
やったー、嬉しいですよー。

非常に丁寧な説明をありがとうございます。
なんだか 自分の中のモヤモヤがすっきり霧散したという感じです。

なるほどー、その様な背景があったんですね。納得致しましたよ。
ポケモンマスターの道程は非常に長いものなんですね。

そして ポケモンの特性について知ることが出来て 嬉しいです、バトル本能ですか向上心のかたまりの様な心根の持ち主なんですね。
僕もポケモンを見習いたいと思います。

ポケモンのアニメは今期から私も息子と一緒に見ております。
ダイヤモンドパール編も時間を見つけて一緒に見れたらいいなーと思っております。

ありがとうございましたー、感謝感謝です!
Posted by もっちー at 2010年10月16日 08:20
バオップとヒヤップの声聞かせて〜
見逃した〜
Posted by ??? at 2010年10月22日 16:02
???さん>バオップです(キリッ
ヒヤップです(キリッ どうでしょうか?自己紹介をしてもらいましたが聞こえましたでしょうか?

見逃してしまいましたかー、うーん残念ですね。

コメントありがとうございましたー!
Posted by もっちー at 2010年10月23日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。