記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2010年10月17日

バクマン。第3話「親と子」感想

3回ほど涙が溢れそうになりましたよ。
良いハナシではないですか。

親や親戚と同じ職業に就いている人は世の中案外多いのではないでしょうか?
普通でしたら 一握りの人間しか就くことが出来ない様な
職業でも なれるはずが無い、という考えが無くなるかも
しれませんね。だって目の前に実際にその世界で活躍している人がいるのですからね。
私達は その様に自らストップをかけてしまっている事が
実は多いのかもしれませんね。

父親が最高に送った言葉が良かったです。
父親はおじさんの努力や頑張る姿をキチンと見ていました。
彼にとっても 漫画家のおじさんはヒーローマンだったのかもしれませんね。
そして 最高の好きなマンガもちゃんと把握していて
自分もそれを読んでしたのでしょう、漫画のヒーロー達の
言葉を借りて 自分の想いを息子に伝えていました。
父親はちゃんと息子の事を見ていて 理解をしようとして
更に 息子に一番伝わるであろう言葉を選び 伝えています。 
これぞ、ノブレスオブリージュ、感動しました。
これが 昨日の記事から書かせてもらっているメタファーの力です。
キリストも 漁師の所に行って「あなたを人間をとる漁師にしてあげよう」と
上手に メタファーの力を使用しています。
以前も 自己啓発の記事に書かせてもらいましたが
人を動かす事が上手な人は この例えが実に巧みだと感じる事がありますね。
こういう自己啓発的な内容の記事はウケが悪い様なので 今後出来るだけ控えようかな?
しかし、 これがやりたくてこのブログを開設したというのがありますので
今後 ちょこちょこと出てきたらすみません。大目にみてやって下さいませ。

そして おじさんの仕事場は凄いフィギュアと漫画の数でしたね。
流石に プロです、1つのアウトプットをするためにはその何倍ものインプットが
必要だと思います。ブログを書いている方なら実感した事があると思いますが
1つの記事を書く際に 頭の中で自分の持っている知識と経験との
類似点・相違点と照らし合わせて 結論として自分はこう思うという記事を書いていると思います。
別の見方は無いのか?違った立場でその事実を見るとどう思うか?
よく その立場・視点を帽子に例えて 帽子を変えて考える、という内容が
自己啓発本に書かれていたりします。
SIX THINKING HATS、6つの帽子と言われるものです。
水平思考の提案者 エドワード・デ・ボノ博士が提唱した発想方法で
白・赤・黒・黄・緑・青の6つの帽子をかぶり、その役になりきって
物事を見つめてみるという方法です。
事実・直観・批判・楽観・創造・俯瞰という6つの視点から考えようというもので
これは 自然と記事を書く上で 素早く行っている人も多いと思います。
 しまった、また書いちゃった。
しかし、何故か バクマンを見ているとこういう記事をつい書きたくなってしまいます、
何故なんだろう?

そんなわけで あの亜豆のお母さんについて触れてみようかなとも
思いましたが長くなり過ぎるのでこの辺で。

いよいよ、ネームを書くのかな?

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ


いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(12) | バクマン 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バクマン 3話「親と子」(アニメ感想)
Excerpt: 原作の面白さを忠実に引出し巧みに見せる手腕に評価!! サイコーとシュ−ジンの姿勢に好感が持てるのが この作品の最大の魅力の一つですね
Weblog: 失われた何か
Tracked: 2010-10-17 12:45

『バクマン。』第3話 感想
Excerpt: 今日初めてFC2に殺意を覚えました。 さて、『バクマン。』第3話。 叔父さんの仕事場。 漫画を作るための聖域。 そこには無数のコ
Weblog: シュミとニチジョウ
Tracked: 2010-10-17 13:18

バクマン。 03話『親と子』
Excerpt: サイコーはシュージンと合流し、おじさんの部屋へと入る。 昔はどれだけここに通ったか。サイコーは久しぶりに入ったおじさんの部屋を懐かしむ。
Weblog: 本隆侍照久の館
Tracked: 2010-10-17 15:24

バクマン  第3話
Excerpt: 今回は仕事場の確保とおじさんについてのフォローの回ですね。相変わらず原作どおりな流れですが多少台詞がけづられてる感じかなあとはジャンプはやっぱりダメなんですね。他の漫画...
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2010-10-17 15:30

バクマン。 第3話 親と子
Excerpt: 叔父さんの仕事場を貰いテンションが上がる最高と秋人。 フィギュアや連載当時の雑誌、コミックスなどが大量に。 ネームやら原稿が大量に。 原稿になってもいない大量のネームに、叔父の事を改めて理解する最高。..
Weblog: ゲーム漬け
Tracked: 2010-10-17 17:33

バクマン。 第3話「親と子」
Excerpt: バクマン。の第3話を見ました。第3話 親と子祖父にもマンガ家になると伝えたサイコーは、祖父から叔父が使っていた部屋の鍵を譲り受け、早速叔父の仕事部屋へと向かいながらシュー...
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2010-10-17 17:52

バクマン。 第3話「親と子」
Excerpt: それはそれは見事な、立派なロール髪でした(^^; 亜豆ママン17歳の衝撃(笑) あの髪型が今回一番インパクトありましたねw DNA的
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2010-10-17 18:37

バクマン。 第3話 『親と子』 感想
Excerpt: 馬鹿なロマンチストたち。 バクマン。 第3話 『親と子』 の感想です。
Weblog: メルクマール
Tracked: 2010-10-17 20:54

バクマン。 第3話「親と子」
Excerpt: 『秋人と2人、叔父・信弘の仕事場に入った最高。その部屋は、生前そのままに残されていた。叔父が描いた「ネーム」を秋人に見せた最高は、そ
Weblog: Spare Time
Tracked: 2010-10-17 21:56

バクマン。 第3話「親と子」
Excerpt: 前回に引き続き、最高のおじさんの仕事場に向かう二人。
Weblog: 隠者のエピタフ
Tracked: 2010-10-17 23:28

バクマン。/アニメ感想/第03話「親と子」
Excerpt: 「俺いま、『DEATH NOTE』のジェバンニな気分」(高木秋人) 『バクマン。』第三話「親と子」のネタバレ感想です。ジャンプではなくジャックかー。ややこしいので、感想では「ジャンプ」に統一しますね..
Weblog: サブカル・カムカム
Tracked: 2010-10-18 23:06

バクマン。 3話感想
Excerpt: 漫画家なりたいと思ってた自分が恥ずかしくなるアニメ
Weblog: まさっちの紹介ブログ
Tracked: 2010-10-19 14:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。