記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2011年09月18日

TIGER & BUNNY タイガー&バニー 第25話( (最終回)「Eternal Immortality.(永久不滅)」感想

全25話 最後まで楽しませてもらいました。
放送前は まったく期待をしていなかった作品でした。
(と、いうより存在自体知らなかった・・・)
第1話の時点で、これは凄く面白い作品になると感じましたが
ここまで 面白くなるとは ちょっと嬉しい誤算です。
一貫して王道展開、それでも飽きることなく面白く感じたのは 
やはり魅力あるキャラクターの内面を見事に描き切ってくれたからかもしれませんね。
どのヒーローも弱い所があり悩みを抱えて生きています、完全無欠のヒーローでは無いのが
魅力的に映ります。各ヒーローのエピソードを中間キチンと
時間をとりながら 行ってくれたのが最後に効いてきました。
恐らく、視聴者の皆さんもこのヒーローが好き、という贔屓のキャラが
出来たのではないでしょうか? レジャンドが好きという人もいるかもしれません。
では、あなたは どのヒーローが好きかと問われたら、ですが
それぞれのヒーロー皆 素敵でしたけど、
私にとって とりわけ 魅力的に感じたのは虎徹です。
おじさんの私にとって 虎徹は共感出来る部分も多く
人間味がある温かい人物像に どんどん惹かれていくのを感じました。
自分の娘に カッコいいと言われるのが自分の夢だなんて 
なんてカッコいいおじさんなんでしょう。
自分も 子供がいるので その気持ちは分かりますね。
また、自分の能力が減退しているのを分かりながら それでも最後まで
ヒーローとしてあり続けたいという虎徹の想いに涙です。
勇気と元気を虎徹から貰いました、ありがとうと虎徹に伝えたい気持ちです。
虎徹と一晩中飲み明かしたい、そんな気持ちになったアニメの主人公は初めてかも?

パスワードの数字は 誕生日とバーナビーの出産時の体重という
両親の想いが込められた素敵なものでした。
その数字の意味に込められた想いにバーナビーが気付いたのは良かったですよ。
自分の記憶が確かな物だと確信出来たのは 本当に嬉しいことだと思います。
いままで マーベリックに記憶を他のヒーローと違い幼い頃から
操作され続けてきたバーナビーは 自分と両親の思い出が本当のものだと
確信出来ずにいたかもしれませんからね。

今回 最終話を迎えましたが、まだ残されたままの問題もありますね。
ウロボロスの正体とは一体何なのでしょう。
紙幣にまで ウロボロスの紋章が刷られていましたが
要はそれだけの影響力があるということなのですよね。
マーベリックでさえ、ウロボロスの組織の末端に過ぎなかったということは
街の枠を飛び越えて国家レベルでの組織ということになるのでしょうか?
そしてウロボロスの真意とは? うーん、気になりますね。

二期を意識した様な最後でしたが どうなのでしょう、二期をやってくれるのかな?
最後まで安定して面白く、捨て回がまったくなかったのは凄い事だと思います。
それでは最後に・・・制作にあたられたスタッフの皆様、感想を読んでくれた皆様に感謝です!
出会えて良かったと心から思える作品でありました。ありがとうございました!!

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(18) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

TIGER&BUNNY 第24話 感想

楓ちゃんナイス!! 怖かっただろうに、勇気を振り絞って
ネクスト能力を発揮し 活躍しておりました。
カメハメハー、と言わんばかりのポーズもカッコ良かったです。
タイガーの娘だ、と言うシーンには思わずホロリとさせられました。
父親の戦う姿に楓ちゃんは勇気を貰ったのでしょうね。
お父さんが必死で守りたいものとは何なのだろう、そこまでして
戦うのは何故なんだろうとモニター越しに見えるタイガーの姿を観て
思ったんじゃないでしょうか。

牛角さん、迷い過ぎだー。不覚にもちょっと笑ってしまいましたよ。
でも、なんだか憎めないのが牛角さんの魅力なのかもw
そして ブルーローズは好きな人のことを最後まで信じると宣言。
実際 ブルーローズのあの発言が無ければ危なかったよなー。
この娘さん 良い子だよー。

あの銃は非常に強力なものでしたね、あの銃は強力過ぎて生身の人間相手では
犯人を殺してしまいますよ。ビームサーベルみたいなものも強力過ぎるし。
もし、虎徹達があそこでやられてしまったら 恐怖政治が敷かれていたことでしょう。
犯罪者たちは見せしめにロボヒーローに虐殺され その様子がテレビで映される。
逆らったら殺されるということをTVを通じて市民に植え付けるというのが
最終的な目標だったのかもしれません。
そうすることで 実質的な 町の支配者にマーベリックはなったはずです。

虎徹は大丈夫なのだろうか、心配です。
楓ちゃんの為にも、そしてバナビーの為にも皆の為にも生きていて欲しい。
早く病院に運ぶと良いと思うのです。

ところで 炒飯の練習って一体何で? 虎徹は炒飯が好きなのでしょうか?
アナザーストーリーで この炒飯エピソードが明らかになれば良いですね。
睫毛長いな、も良く分からないけど、虎徹なりの褒め言葉だったのかなぁ。

いよいよ次回で最終回になりました。
一体 どの様な決着を付けてくれるのか楽しみにしています。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 10:04 | Comment(2) | TrackBack(14) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

TIGER&BUNNY 第23話 感想

えええっ!そんなにその呼ばれ方を気にしていたのか!
考えてみれば、おじさんから虎鉄さんに変わった時凄く感動したもんなー。
少女漫画などでは この名前の呼ばれ方に凄くこだわりを見せる描写が
しばしば見受けられますよね。
もしかしたら、女性から見たら 今回の名前(2人の間で使っている愛称)
を呼ばれて 我に返るという展開が すっーと腑に落ちるのかなぁ?
拳で思い出させてやる、という展開の方が私にとっては何となく
気持ちが分かり 納得出来るのですけどね。
ビンタと愛称という2パターンで敢えて思い出させようとしたのは
面白かったです。

さて、大方の人の予想通りに あの偽タイガーの正体はアンドロイドでありました。
能力を持たない人にとっては 自分の代わりになるアンドロイドを
統制下に置けば 自分が能力者に勝る存在になれると思ってしまうのも
理解出来る様な気もします。
アンドロイドも操る人間の意思次第で凶器にも人を救う道具にもなります。
要は 操る人間次第なんですよね。
しかし、キッドちゃんが言っていた様に ヒーロー達が捕まえるのは心を持った人間。
その生き様で悪人を改心させるのもヒーローの使命なのかもしれません。
心と心を繋ぎ合わせるのには アンドロイドを介してというのは
かなり難しいことかもしれませんね。
自分がロボットに説教されても 言っていることは正しいかもしれないけど・・・と
なると思います、しかし キッドちゃんに目を合わせられて いけないよ!と
必死で訴えられたら 行動を改めると思いますね。(えー

次回のヒキが良かったですね。爆弾解除スイッチについては「囚人のジレンマ」を
思い出しました。興味のある方は調べてみたら 面白いかも。
しかし、1回勝負の「死」が前提ですから 刑期を軽くする等ではないのでドキドキです。
今回も楽しかったです。次回の展開が気になりますね!

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(19) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

TIGER&BUNNY 第22話 感想

今週も熱い!うおー!と叫びたくなる衝動を抑えられません。
いやはや 最高潮の盛り上がりを見せる終盤の展開。
面白いですねー、最初から面白かったけど ここまで楽しませてくれるとは
思っていませんでしたよ。

以下 ネタバレの感想となりますので 気にされる方はこれ以上
読み進めない方が良いかもしれません。

楓ちゃん大活躍、前回 マーベリックに触られたのでこうなるだろうとは
思っていましたが 期待に応えてやってくれましたね。
元気玉みたいな青色の玉を出して 一遍にバーナビーを除くヒーロー達の
記憶を戻していました。偶然触られたのが 結果的に良い方向に進みました。
これは神様が 楓ちゃんの お父さんを救いたいという想いに応えてくれたのかも。
本当に 良い娘さんだよ、お父さんの事を 何だかんだ言って大好きじゃないか!

そして スカイハイさん、相変わらずの天然で思わず「わー、触っちゃらめぇー」と
心の中で叫んじゃいました。スカイハイも 悪気が無いので憎めないですね。
楓ちゃん 浮かんじゃいましたしねw
それから ブルーローズも楓ちゃんに さりげに触っていました。
ブルーローズは 楓ちゃんが心配そうにしているのが堪らなかったんでしょうね。

斉藤さん、記憶変えられていなかった!良かったですねー。
結局 虎徹の活躍と人間性は マーベリックの予想以上の数の人間に
残っていましたね。マーベリックの詰めが甘いのか、虎徹の長年の活躍の
お蔭なのか、おじさんヒーローの哀愁が序盤では描かれていましたが
ここに来て逆転劇を演じてくれています。
同じ おっさんとして 虎徹を応援したくなりますよ。

次回 バーナビーの記憶が戻るのか!?
そして スーツの中はどうなっているのか!?誰かが入っているのかな?
中身は 以前出てきた ストーカー能力者だったりして・・・それはないかー。
それとも レジェンド、モブ子ちゃんだったら超おどろくけど。
モブ子ちゃんが1話から出てきたのは ヒーローの弱点を探る一級のスパイだから
という設定だったら 面白いかもしれません。
次回の放送が待ち遠しいですね!

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(13) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

TIGER & BUNNY 第21話 「天は自ら助くる者を助く」 感想

良いですねー、盛り上がってきたぞ!
かつての仲間が自分を逮捕しにくるというのは 虎徹にとっては辛いですね。
何とか 思い出して欲しいのですが、難しいのかな?
虎徹が懸命にブルーローズとの出来事を伝えて思い出してもらおうとしていましたね。
結果 ブルーローズが 虎徹との想い出を大事にしているのが分かりました。

楓ちゃんが単身 お父さんの無実を確かめに街にやってきましたが
今後 楓ちゃんと虎徹の父娘の共闘シーンが見られたら嬉しいかな。
楓ちゃんは マーベリックの能力をコピーしていたのか?
バニーのファンと偶然を装って マーベリックに近づいたのだとしたら
楓ちゃんの行動力と頭の回転は凄すぎるのですけどね。どうなんでしょ。

そして 今回のもう2人の主役、ベンさんとルナテック。
2人ともカッコいいねー、ベンさんにも もしかしてマーベリックの手が
伸びていたかと一瞬ハラハラしましたが 以前と変わらないベンさんでした。
車に挟んでいた ワイルドタイガーのカードに ハッとしましたよ。
これも 虎徹の人徳でしょうね、こういう風に笑えあえる人間がいるって
凄く幸せだと思います。

ルナテックさんは 難しい言葉を喋っていましたが
要は 今の虎徹の状況は自分の正義に反するということを伝えたかったのかな?
廻りくどいですが 自分の信じる道にまっすぐなルナテックはカッコよく思えました。
スーツを来た時の外見は 結構気持ち悪いのですけどね。

次回は 全ヒーローを集めて虎徹がどの様に立ち回るのか?
そして 楓ちゃんは?バーナビーは?
続きが気になる展開で 次回も目が離せませんね!

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(8) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

TIGER&BUNNY 第15話「The sky's the limit…」 感想

切ない、切なすぎです。
あのアンドロイドは結果的にスカイハイの自信を身を挺して
取り戻してくれましたが 泣ける展開でしたね。
以下ネタバレありの感想です、今回は感想を読まれる前に視聴されることを
お勧め致します。

ジェイク事件以降、元気の無いスカイハイ。
飼い犬の散歩中、公園のベンチに座る一人の女性に出会う。
能力が目覚めたばかりの彼女に、親切に自分の経験談を語り始める。
黙って聞いてくれる彼女にスカイハイは恋心を抱いてしまう。
スカイハイを心配し、恋愛相談に乗るファイヤーエンブレム、ブルーローズ、ドラゴンキッド。
そのアドバイスを受け実践するものの、彼女は素気ない。一方、謎の男が彼女を探していた・・・。
                          (公式HP あらすじより)

何故、あのアンドロイドはスカイハイを見てヒーローだと
認識して襲い掛からなかったのでしょうか?
ヒーロースーツに反応するようにされていたからなのかな?
アンドロイドにも心が有る様に思えた内容でしたね。
ずっと、あのベンチに座っていた理由は何なのでしょうか。
スカイハイを元気付けようとしていたのなら凄く泣けます。
どうやらハートの部分はファイヤーエンブレムを元に作ったみたいだし
さり気なく元気付けてくれていたと思いたい自分がいます。

キッドちゃんが褒められたら嬉しいというシーンは
凄く可愛かったですね。
そしてブルーローズはボディタッチが嬉しいとは・・・
思い返せば、これって 虎鉄が2人に対してやったことじゃないのかな。
虎鉄さん、流石でありますなー。
バーナビーが何をされたらキュンとくるのか、ちょっと知りたいと思ってしまいました。

そのバーナビーは、パンツ一丁で何の撮影をしているんだ!?
下着メーカーの広告撮影なのかな。ちょっと笑ってしまいました。
対して 虎鉄さんの水着姿も浜辺のお父さんという感じでカッコ良かったですよ。
娘さんとこうやって遊べる日が来たら良いですね。

虎鉄さんの能力が減退しているとは・・・
前回 何だか嫌な予感はしていましたが、これはヒーローにとって
致命的な事態ですよ。何とかネクスト能力を維持することは出来ないのかな。
心配ですね。

次回はルナさんが再び登場ということで、虎鉄は無事に戦うことが出来るのか。
楽しみに見守らせて頂きたいと思います。
今回も凄く面白い内容でした、本当に毎回面白いですね。
今までにつまらない回が無いのが凄すぎる。

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 10:30 | Comment(2) | TrackBack(21) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

TIGER&BUNNY 第14話 「Love is blind」感想

ED映像で各キャラクターがアップになる場面がありますが
その背景に書かれている英語を見るとそのキャラクターについて
書いて有る様にも思えます、スカイハイさんの所を見ると
Thanks.And th(anks?)違ったらすみません…
そして高須クリニックが 新スポンサーになっていた。
確かに変身するように綺麗になりますよ、というPRには良いかもですね。

さて、虎鉄さんが今回はモテモテ、一体何があったんだ!
前回の終わりに、おじさんから呼び方が変わりましたが
虎鉄さんの気持ちがようやくバーナビーに届いた様ですね。
しかし、そのあと10ケ月で一体何があったのだろう?こんなに懐くとは!
バーナビーのこの心境の変化に驚きました、どうやら一度信頼を寄せた人物には
とことん信頼を置く性格だった様ですね。

ブルーローズさんも今回は恋する乙女、観ているこちらの方が恥ずかしくなるくらいに
純情ハートの持ち主だったようです。本当にヒーロー達は心根が綺麗ですね。
鏑木酒店とは、実家は酒屋さんだったんですねー、しかも粗品のタオルに
可愛い蛇を描いているとは、あれは干支の絵柄を毎年描いているのかな?
大切な人に貰った実家の粗品、他の人にとっては大した価値の無いものですが
ブルーローズにとってはとてもとても大切なもの、というのがキュンと来ます。
最後に虎鉄さんに伝えた、大切にするね、という場面での笑顔が可愛すぎますよ。
また、武富士ダンスを教えながら虎鉄さんとブルーローズのやり取りは面白かったです。
夜空いてるか?でキューンと頬を染めちゃうブルーローズが堪らんです。

そしてとうとうヒーローも2部制になった様ですね、見た目は1部の人の方が
かなりカッコいいですが2部の人達も一生懸命さが伝わってきて好印象です。
彼らのアナザーストーリーという展開も今後あるのかな、いやないかー。
モブ子ちゃんにスポットを当てた回も最後の方で見れたら嬉しいかもしれないです。
モブ子ちゃんはいつも一人なので、ドラゴンキッドと友達になるという
お話が観たい気もしますね。

今回虎鉄さんのスーツなのか能力なのかが暴走していましたが
これは良い方向に進むのか、それとも自分の力を過信してしまった虎鉄さんが
チョンボしてしまうのか、心配な伏線でありました。
ここまで、持ち上げられた虎鉄さんが再び落とされるのは余り見たくないかなー。

次回はスカイハイさんの恋物語の様ですが、一体彼の恋路はどうなるのか?
不器用だけど気の良いイケメンさんの良さを分かってくれる女の子だったら
良いのですけどね!次回も楽しみです♪

◆他の方の感想を読みたい方はこちらと 下のTrackBack記事からどうぞ!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(19) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

TIGER&BUNNY 第8話「There is always a next time(必ず機会が来る)」感想

今回も良い話だったなー、ウルウルと来ちゃいましたよ。
本当に素晴らしい、どうやったら1話の中にギュッとこれだけの
見せ場とオチを自然に詰める事が出来るのだろうか?
脚本の西田征史さん凄いです、彼はお笑いコンビ「ピテカンバブー」で
以前活躍されていた経験もある様です。
それでなのかは分かりませんが 毎回 笑いのセンスも良いですね。
アニメ アイアンマンもそうだったのですが、1話完結で感動出来る作品は
後味も良いですし 大好きです。そして、今後の伏線も微妙に張っていくのが好き。

NEXTの特殊能力は生まれつきの様ですね。
NEXT特殊能力は突然45年前に発生したらしいですが、それは一体何故なのか?
人によってその特殊能力が違うのは何故なのか?
そもそもNEXTとはどのような意味なのか?次世代の人間という意味合いなのでしょうか。
45年前に一体何が起きたのか?また、NEXTという文字から連想すると
PEPSI NEXが思い付きます。この作品の時代設定が西暦何年なのかは分かりませんが
仮に現実の年、2011と仮定してみます。
ペプシの歴史上で2011年ー45年=1966年は何が起きた年なのかというと
日本でペプシが発売されてから10周年の年ですが 相関性は比較的低いかな。
あとは ルナティク繋がりで、ソ連の無人月探査機ルナ9号、史上初の月面軟着陸に成功と
ありますが うーん行き詰まった。誰かおおーそれだ!という答えを出してくれないかな?
そもそも 私の時代設定のが前提から違っている気もしますが・・・ 
誰かが 故意に能力者達を発生させ、ヒーロービジネスを成立させようとしたのなら
凄い話ですが そうではないと願いたいです。

と、細かいことは置いておいて。
大事なのは、そのNEXT能力者の管理でありますね。
現実に突如大量の能力者が発生した場合、世の中はパニックになるはずです。
野放しに次々と特殊能力者が生まれるのを野放しにしておくと犯罪率が急上昇するはずです。
人間は誰しも強い力を得たら欲望を満たす為に、その力を使ってみたくなるのではないでしょうか?
その為にNEXT能力者達に ヒーローという名誉と称号を
生み出す必要があったのではと思います。
その能力を人の為に活かすヒーロー(実に分かり易く訴求性の高いネーミング)を褒め称え
TV放映までする、仮にTV放送をしなかったらどうなっていたか?
ヒーローの存在は闇に埋もれたままです、力を持つ人間はかくあるべしという姿を
広く知らしめるためにマスメディアの力を利用したという形なのでしょう。
いわば、ヒーローシステムによる国民教育なのではないかと思いました。
現実でも戦隊もの・ヒーローものを見て 力があるものがどの様に生きるべきかを
学んだ人間と学んでいない人間の犯罪率の差は出ているのでしょうか?気になります。
また、恐らく最初のヒーローは国などの行政がスポンサーだったのではないかと推測しました。
○○省とか○○市役所特殊能力課とか入ったヒーロースーツだったのかもしれませんね。
そこに 企業スポンサーが登場、ヒーローをビジネスとして活用していこうという流れが
出来たのでしょうね、こうして背景を考えると実に面白いです。
あくまで 私の中での妄想なんですけどね、 こんな見方もあるかなという参考程度に
していただければ幸いです。

あと、疑問に思ったのは ヒーローはどうやってなるのでしょうか?以前に描写があったかな?
ヒーローアカデミーを優秀な成績で卒業したのち企業からスカウトが来る道、
他にも自らヒーローを名乗り出た様なネイサンの様な道、どの様に才能を発掘するのか
スカウトマンがいるのかな、とも思いました。
ヒーローとは何なのか?その信条が今回 アカデミーでの特別授業での際に明らかに
なりました。
バーナビーは ポイント獲得、いわば個人としてどれだけ評価されたいか?を気にしています。
虎鉄は、市民を守る事、自分の為でなくヒーローとして弱い立場の人間を守ること、惚れます///
折紙は、スポンサー企業のPR、これも悪いことでは無いですが人気はなかなかでないでしょうね。
そして 今回は、ヒーローとして生きるとはどういうことなのかを虎鉄が身を持って
教えてくれました。バーナビーを身を挺して守る虎鉄、虎鉄の言葉を受けて
自分を殺そうとしている友人を身を挺して守る折紙。
誰かを守る、私の求めるヒーロー像がそこにあります。そして、多くの人が求めているのも
その様なヒーロー像なのではないでしょうか?
しかし、この作品の中では どうやら企業利権や色々なしがらみから
ヒーローの存在意義が揺らいでしまっている様な印象を持ちます。
その 存在意義は先述した通りと私は思っていますが 虎鉄は本来のヒーロー像に
自らの生き様で歪みを修正してくれることに期待したいです。

折紙の模写能力を どの様にしたら よりヒーロー活動に活かせるのか?
バーナビーが虎鉄のたすきを大事そうに持って帰った意味合い。
脱獄した折紙の同級生の能力についてなどにも触れて行きたかったのですが
長くなりすぎるのでこの辺で。

どうやら 次回はとうとうドラゴンキッド回の様ですね。
以前から気になっていたドラゴンキッドですが、可愛らしい面と勇ましい面の両面を
描いてくれたら良いなーと思っています。
今回も凄く面白かったです! いやー、凄いや このアニメ。

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 11:03 | Comment(2) | TrackBack(17) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

TIGER&BUNNY 第7話 感想

TIGER & BUNNYが面白い。これは日曜日の夕方5時から放送して欲しい作品。
何だか、視聴後 心地よい余韻を与えてくれる貴重な作品でありますね。
まず、ヒーローが職業として成り立っている設定が斬新です。
ヒーローの殆どがサラリーマンなのであります、今まで多くの作品での
ヒーローの扱いは超人的な能力を有して 弱きを助け 悪人を倒す、
組織に属している場合もあるが基本的に自分の自由に行動をしている事が多いです。
しかし、この作品のヒーローは色々なしがらみの中で生きている。
時にスポンサーの顔色を窺ったり、雑務処理をしたりと実に親近感が湧く
設定なのですよね、同じサラリーマンとして何となく分かる部分もあったりします。
第1話を見た際に 驚いたのはこの作品のスポンサー名がデカデカと
ヒーロー達が身にまとうスーツに描かれていたことです。
牛角かよ!と思わず目を見張ったのを覚えています。
こういう手法はPP(プロダクトプレイスメント)と呼ばれる広告手法ですが
ここまで大々的に行った作品は珍しいと思います。
DVDになった際の企業広告効果、または録画したものを視聴する際に
CMを飛ばす人の増加に伴い多くなってきた広告手法の様です。
過去の有名な作品での一例として コードギアスでは ビックローブや
ピザハットの描写が 作中に多く出てきていました。巨大ピザを学園祭でつくる話もありましたね。

そして、主役の虎徹とバーナビーのコンビが 会社の中でも良く見られる関係というのも
親近感が湧きます。 出世には興味は無いけど自分の信念を持つ人間味たっぷりの
先輩社員と野心に燃える優秀な新入社員という凸凹コンビが面白いです。
そして 何だかんだ言っても 最後には力を併せて事件を解決していく姿がアツイのです。
ライバル会社の社員である他のヒーロー達も人間味がある魅力的なヒーローです。
どこか弱みや抱えている悩みがそれぞれあるんですよね。
ブルーローズは 今の仕事と歌手になるという夢の狭間に悩み、今出来ることを
精一杯やるヒーローとしての仕事をちゃんとやろうと心に決めました。
ネイサンは名前の通りお姉キャラ、怒った時のギャップや真理をついた発言など
熱いハートと物事を俯瞰して見ている良いキャラであります。
そして 牛角さん、おっさんなのが良いですね。虎徹と年齢も近いので
虎徹と仲も良い様子。キングオブヒーロースカイハイもイケメンだけど天然で
おっとりした性格、ありがとうそしてありがとう!と感謝の気持ちをいつも忘れません。
折紙サイクロンとドラゴンキッドは 余り今の所描写がありませんが
スポンサー料が上がると 出番が増えるのだろうか?
ライバル同士だけれども、同じヒーローとして力を併せるときは併せて
悪に立ち向かうのが 見ていてとても温かい気持ちにしてくれます。

今回はバーナビーの過去、ウロボロスの謎に迫る中 ルナティックという敵が現れました。
今後は ルナティックを追うバニーとそれをサポートするヒーロー達や
サイクロン・ドラゴンキッドがメインの回があるのかな?
次回予告まで面白い作品ですね、バニー眼鏡5個もっているのかよ!とか
以前 虎徹が次回予告を担当していた際 タイトル言えてないw言えてないwwとか
細かい所までユーモアに溢れていますね。
これからも この作品は 目が離せませんね!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(15) | TIGER&BUNNY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。