記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2011年09月20日

ゆるゆり 第12話「みんなでポカポカ合宿へ」(最終回)感想

あかりが かわいそう過ぎます。悲しくなりました。

影が薄い、存在感がない、それは今の世の中では 余り評価されない様に思います。
いてもいなくても同じ、ならば不要とされてしまう世知辛い世の中なのかもしれません。
しかし、そういう影が薄い人って実は周りの事を 気遣いながら不快な思いをさせないように
努力している人が かなりの割合でいると思うのです。
一生懸命なのに報われない、そういう方は大人しい性格の人が多いのかもしれませんね。
大人しいから 反抗してこないから、と苛められる人も中にはいるでしょう。

こんな事を書くと 何をアニメの内容を真に受けているんだと思われるかもしれませんが
正直笑えないレベルのことを 今回あかりにしていた様に思います。
女の子なのに裸でドラムカンで崖から落とされたり、無理やりキスされたり
ダイナマイトを爆発させられたりと どんどんエスカレートするいじめの様にも
感じられました。もし 自分がこんなことされたら死にたくなるレベルですよ。
以前 いじめいけないんじゃーと あかりが葉っぱを目に当てていたのを思い出しました。
しかしその際 いじめはいけないと主張するあかりは ?という扱いを受けていました。
幼少期の頃のあかりと 今のあかりは随分と性格が変わってしまったように感じられたのは
一体何故なのでしょうか?
大人しく優しい 影が薄い人は 扱いがどんどん酷くなる、という厳しい現実を
視聴者に突きつけていたのかもしれません。
久しぶりにアニメを見て不快な気持ちになりました。
もしも 制作者の方達が あかりが酷い扱いを受ければ笑いが取れる、と思っていたら
悲しくて仕方がありません。

この作品自体は かなり好きであります。ただ、最終回は残念です・・・


サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 22:23 | Comment(4) | TrackBack(7) | ゆるゆり感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

ゆるゆり 第11話「わたしたちのごらく部」感想

いやー、面白かった!オチも見事だったし、前半後半の繋ぎも良かったですねー。
前半で 各キャラの幼少時の性格を映し出し、後半で性格改変をしていました。
キャラクターの 性格を変えるという良くある手法ですが 凄く面白かった。
一番ギャップが生まれるであろう、京子、そしてあかりを取り上げるのがまた見事。

幼い頃のあかりは少し積極的でした。髪の毛も後ろが今よりも だいぶ長いんですね。
葉っぱを目にあて、泣き虫の京子を元気付けようとするあかりは良い子ですねー。
昔から あかりは性格も良いし可愛らしい女の子だったようです。
京子が 昔は泣き虫だったというのは意外ですね。
一体いつから あのような天衣無縫な性格になったのか興味があります。
もしかして、その時も階段から落ちた!?
階段落ちって 実際に落ちると超怖いですから気を付けて下さいませ。
昔 私も階段から落ちた時 死ぬかと思いました。
そのときは、口の中を切って 血を吐きましたからねー。

よくキャラ付けという言葉を聞きますが、集団の中で 自分の役割をどの様に
位置付けするか? 集団にリーダーキャラが何人もいてはバラバラになりますし
自然と人は それぞれの集団の中で キャラ付けをしていくと思うのです。
社会人になると このキャラ付けを間違えると後々厄介なことになるので
要注意なのですよ。最初の印象ってなかなか拭えませんからね。
パーソナルブランディング戦略について 色々と研究されている様なので
このキャラ付けって重要なのかもしれません。
これを読んでくださっている皆さんも いつから自分はその性格で
集団の中で立ち振る舞うようになったのか?思い出してみると面白いかも。

いよいよ次回で最終回?終わってしまうのは寂しいですね。 

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(21) | ゆるゆり感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

ゆるゆり 第10話「修学旅行というが、私たちは一体何を学び修めたのだろう」 感想

ゆるゆりのOPのだいじけん!の所が好きな私であります。
何でこんなに好きなのだろう?ちょっと考えてみました。
自分なりの答えとしては 上下の動きがしっかり感じられるから
なのかもしれないと思い至りましたが、どうなのでしょう?
EDもヒロインがぽーんとトランポリンの様に画面に飛び出る。
そして グッ!と締めの動きがある、この締めの動きが効果的なんじゃないか?
そんな事を ここ数日間考えていました。
ちょっと、変ですよねー、自分。

さてさて、ステルス病は感染する様でありますねw
1年生組が揃って透明に!? 
子供の頃 透明人間になったらどうなるのだろうって考えた事ないですか?
私はアリマス(キリッ 身体が透明になったら心も透明になるのかな。
そしたら 世界はきっと眩しく見えるんだろうな、なんて思ったり
好きな女の子のスカートをめくってみたいとか
やっぱりいけない事だから こっそり自分の給食の一品を
あの子にあげようとか 妄想していました。
ちょっと、変ですよねー、自分。

京子はパワフルですねー、自分の生きたい様に生きる!という意思が
伝わって来ました。楽しまなくちゃ!といつも明るいのが良いです。
自分もかくありたいと思うのでありました。
今の自分は 好きなことを出来ているのかな?
何かを我慢してないかな、変に我慢していないかな、と
考えてしまいました。
まず、手始めに小さいことからでもやりたいことをやろうと実行してみたい。
修学旅行、何を学び修めたのか?我以外皆我師の精神を忘れないように
したいな、と思わせてくれるタイトルでありました。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(7) | ゆるゆり感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

ゆるゆり 第9話「今年の夏は怖くない」感想

健康診断で会長の言っていることを聞き取る聴覚検査があったら良いのに。
耳元で「大好き」と囁いて欲しい。「殺す」だったらホラーだなー。
今回の会長の登場で この作品は自由度の高い作品だということを再確認しました。
心理学でいうツァイガルニック効果を上手く使っている印象です。
人間は全て提示されるよりも 情報を隠されて提示された方が気になるものです。
こうして アニメを観ていてもあのシーンの意味は?とかあのセリフの意味は?とか
考えた経験がある方が殆どだと思います。
情報を全て開示されない方が記憶に残り 続きが気になりますよね。

この作品では あかりの存在を敢えて希薄にすることで その存在を強調している様に
感じます。そして今回登場した 会長も何を話しているか聞こえなくして
何を話しているか気になる、という効果を上手く作り上げている様に思います。
私は イヤホンでアニメを観る事が多いのですが 会長のセリフが微妙に聞こえました。
しかし、はっきりとは聞こえない、ゆえに気になってしまいますよ。
考えてみると 今回のお化けのお話との共通点がここで見えてきます。
お化けも 自分の中で見ている物に 自分で情報を付与し結果見えたものが
お化けという説があったと記憶しています。

以前、何かの本で読んだのですが 手を描く際には 手を描くのではなく
その周りの空気を描くのだ、と誰かが言っていたのを思い出しました。
なるほどなー、とその時感心したのですが この作品はそれを実践している気がしました。
なんだか、自分でも 何を言っているのか分からなくなってきたので
この辺で・・・。

今回はあかりの出番もあり、新キャラの登場もありで楽しかったですね!
次回も楽しみですよー。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(19) | ゆるゆり感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

ゆるゆり 第8話「エイプリルフール」感想

あかり好きの私としては もっとあかりの出番が欲しいところです。
でも、今回も面白かった! 新キャラの千鶴が登場しましたが
お姉さんとは 目の色が緑と青の違いがありますね。
あとは 鼻血とヨダレという違いも・・・ 妄想姉妹でありますなー。
百合な関係は 姉妹共に大好物の様です、だからバーナビー似の
絵を京子に見せられても 興味を示さなかったのかな?

ウソだと見破られないコツは本当の事の中に、こっそりとウソを混ぜることだと
言われますが 千歳のウソは 一体どれがウソか分からないw
ウソだろ!?と思う様な事ばかりでしたよねー。
個人的に一番衝撃的だったのは あかりが机の中で蟻を飼育というものでした。
一体何故 机の中で蟻を飼っているのか?
学校の机の引き出しって 高さとしては相当低いよなー、と想像してしまいましたよ。
飼育ケースは特注品に違いない、蟻の何が あかりをそこまで魅了するのか?w

そして、今回は女の子2人の ベッドインの場面が2回ありました。
百合好きの人にもサービスですね。

京子の筆頭など 笑える所が今回も散りばめられていて面白かった。
京子は 純粋な良い子だなーと再認識させられたお話でもありましたよ。
最近気がつくと OP曲が頭の中に流れています、そのうち日常生活に
支障をきたしそうで怖いです。だいじけんー♪
次回も楽しみですね!予告では生徒会室の机にどす黒いオーラをまとった
お化けらしき人間が座っていました。あれは 誰なのか!?新キャラ?

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 06:46 | Comment(2) | TrackBack(22) | ゆるゆり感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

ゆるゆり 第7話「くり済ませり」 感想

なんだかんだで 仲良くなれたみたいで良かったですねー。
今回のくじ引きで 普段では余りカップルになりそうにない2人組が
出来上がっていました。しかし、結果を見てみると 
中々お似合いのカップリングだったように思えてくるから不思議です。
特に 京子にとっては良い機会を神様がくれたんじゃないかな、と思えます。
ほんの些細なきっかけで、仲良くなれる。そんな心が温まるお話でした。

と、思っていたら あかりは相変わらず不憫だったー(涙
あかりがあかりであるためには あのお団子が必要なのに・・・
それを無残にも箸で突き刺すなんて、残酷なことをしてくれるなー。
また、今回は 子供の残酷な無邪気さというのも秘かに描かれていて
ちょっと面白かったです。
あかりのお団子ヘアーに 箸を突き立ててといううのも
親戚の子供達にとっては あかりお姉ちゃんをもっと可愛くしてあげたいという
気持ちなんでしょうね。
そして 子供も色々いますねー、うにー好きな妹さんは
雲丹になりたい、大好きなものと自分を重ねたい、同じになりたいという
考えようによっては ちょっとエロスを感じさせる発言をしていました。
何故 雲丹なのか?なんて私も眼鏡を外してぼーっと考えると色々な妄想が
頭の中に繰り広げられてしまいます。

今回も面白かったなー。あっかりーんが可愛くて仕方がありません。

◆ぽちっとしてくれると 次もヤル気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

サラリーマン オタク 日記 TOP いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 13:35 | Comment(2) | TrackBack(21) | ゆるゆり感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。