記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2010年12月17日

伝説の勇者の伝説 第24話(最終話) 「遠い日の約束」感想

アニメブロガーって2つのタイプの方がいると思います。
作品は観ているが感想は書いていない方と感想を書いている作品以外は観ない方。
私は完全に後者のタイプであります。しかし、この作品だけは唯一の例外でした。
もしも このアニメが水曜日放送なら最後まで感想を書き続けていたと思います。

放送当初これは期待が出来るアニメだと心を躍らせておりました。
魅力的なキャラクターと謎の設定、次々と新しいキャラクターが登場して
絡み合っていく関係。絶対に凄い作品になると思っていたのですが
全然 投げた謎の設定が完全には明らかになって行かないのですね。
20話くらいまではそれでも最後にアルファスティグマや各キャラクターの
秘密が明らかになるものだと思っていましたが 21話〜は完全に謎の世界。
突然切り替わる場面、繋がらない、分からない。
原作を読んだことはないのですが 或る日書店で伝説の勇者の伝説の巻数と
その冊子の厚さを見たときに これは2クールでは難しいのではないだろうか?と
感じました。もしかしたら 原作でも 投げられた設定の秘密が明らかになっては
いないのかもしれませんね。アルファスティグマとは?αとは?など
結局最後まで良くわかりませんでした。
あー、そういう事だったのか!というカタルシスを得ることなく
モヤモヤとした気持ちだけが 心に重なって行きました。

恐らくですが これからが本番、ここからが面白いんだよ。
と言った感じなのでしょうけど 2クールという枠が
最初から決まっているのですから一応の結末は見せてほしかったな。
あれが そうだと言われればそうなのかもしれませんが
私は モヤモヤが更に募りました。
ハッ、これはもう原作買うしかないな!と思わせるための
壮大な宣伝番組だったのでしょうか?
既に 私は原作を買おうと思っていますし、原作未読でこの作品を
24話まで視聴された方も もしかしたら同じような意見をお持ちな方も
いらっしゃるかもしれませんね。

色々と苦言を呈してしまいましたが 
これは非常にもったいないな、という期待感の裏返しでもあります。
舞台設定や音楽・キャラクターの魅力は抜群なのですからね。
冒頭にも書かせて頂きましたが 私はこのアニメは切ると言ったら
スッパリと完全に見る事を止めてしまう人間です。
しかし、最後まで見続けることが出来たのは 
丁寧につくっているなというのが画面から伝わってきたからでもあり 
続きが気になるという脚本の妙もあったからであります。

是非、2期を期待したいなと思いますねー。
ともあれ、作品に関わられたスタッフの方達にお疲れ様でしたと
感謝の意を表したいと思います。1年間ありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 15:57 | Comment(6) | TrackBack(30) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

伝説の勇者の伝説 第13話「北の勇者王」 感想

また 新しい登場人物が出てきたー、もう名前覚えきれません。
複雑に絡み合う人間関係、一度整理する必要がそろそろ
出てきた感じですね。

OP/ED曲が変わりましたが 今回もカッコいい曲ですね。
OP・ED曲がカッコよくて 視聴後ガッカリしたというアニメは
少ない気がしますので これは今後の展開も期待出来ます!
OP曲を歌うのは 前回ED曲を歌っていた方ですよね。
今回のOP映像を見て気になったのが黒い服を着て
魔法を発動させながら 単身びょーんと飛び廻っていた人物。
なんか カッコいいです。
今後も 魅力的な登場人物が出てきてほしいですねー。期待、期待。

さて、ノールズ姉妹達はスパイとしてローランドに潜り込んでいた所を
見つかってしまいました、ローランド兵が魔法を唱えていましたが
あれ?魔法の威力ってこんなに凄かったっけ。
残念ながら キファの姉はローランド兵に敗れてしまいましたね。
目の前に姉の生首を突き付けられた時の
キファ達の気持ちは一体どれだけ辛かったのかな、3人で力を合わせて
ここまで頑張ってきたに違いない。
キファの 殺してやるー、という言葉を聞いてなんともやりきれなくなりました。
復讐したい でもそれが能力的に叶わないのは本当に悔しいです。
力が欲しい、力を持たぬものは搾取されていく世界が何とも悲しい。
ある意味 私達の住んでいる世界もそんな側面があるかもしれません。
しかし、我々は生まれた時は皆ほとんどの場合平等です。
キファ達の世界は生まれながらにして 
運命を決められてしまっている場合が多いのではないでえようか。
その運命を切り拓く事が出来るのは一部の人達だけなのかもしれない。
でも そんな運命に立ち向かう姿に 心動かされます。
キファ達には スパイとして生きていかなければいかない理由が
あったのでしょうね。それは何なんだろう。

今回 ガスタークの勇者王が登場しましたね。
どうやら 自ら最前線に出て戦う王様みたいです。
聖剣グロウヴェルという巨大な剣を振い 自らの身体の一部を代償に
凄い爆発を敵陣に 起こしました。
剣を利用して巨大な力を引き出す時には
何か代償を差し出す必要があるみたいですが
あの天からの声は誰?神様?
勇者王は なかなか魅力的な人物ですねー。
ライナと少し被る部分がありそうです。
ガスタークはアルファスティグマを欲しがっていました。
アルファスティグマを暴走をさせて まだ生きている事に
ガスタークのピンク髪兄妹は驚いていました。
暴走したらアルファスティグマの保持者は 
死んでしまう場合が多いという設定なのでしょうか?
キファはガスターク側に付くのでしょうかねー。
ライナの理想を以前出陣前にキファは聞いていたと思うので
(覚え違いかもしれませんが)勇者王にライナの影を見たのかも。
2人の姉妹を助けようと 身体を張ったキファですが
その姉妹に自分の姿を重ねたのかもしれません。

シオンとガスタークの勇者王、求めるものは似ているのに
それを手に入れる手段や考えが違うのは興味深かったです。
生まれる時代が違えばみんな仲良く笑って暮らせたのでしょうにね。
そんな世界を手に入れる為には戦争をしなければというのは
なんだか悲しいです。
他に方法はないものでしょうか?

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(3) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

伝説の勇者の伝説 第12話 「大掃除の宴」 感想

命の重さとパワーバランスが気になり始めました。

早くも平民の徴用を進めたシオン、
かなりの人数が今回重要なポストに就いたみたいですね。
では 今までそのポストに居た人間はどうなったのかな?
新しいポストをそれだけ沢山つくったという事なのでしょうか。
もし、貴族達を追いやってというのなら反発は必至です。
そして 数日で沢山の提案が国王の元に集まったのは
平民達が自国を良くしようという機運が高まったのが感じられ
この国はきっと素晴らしい国になる事を確信しました。
また、今まで そんな自国を想いながらも
それを提案する場が無かった事が浮き彫りになりましたね。
国を造るのは一部の英雄では無くて つまる所は
その国に住む大勢の平民達ですよね。
貴族達は上から大きな圧力を平民達にかけていましたが
今回の国内人事を期にシオンはそれを取り除いた感じを受けました。
抑え付けられていた分バネの様に優秀な人材はびよーんと世に
多く輩出されそうな感じです。

ガスタークはアルファスティグマの保持者であるアルアを
探しているようですね。
以前の感想でも何故アルファスティグマ保持者を
集めて最強魔術軍団をつくらないのだろう、という疑問を
書かせて頂きましたがガスタークは火力強化の為に
それを現実化しようとしているのかなー。
それとも既にガスタークにはアルファスティグマ集団がいるのかも
しれませんね、しかし人間兵器となるということは全ての
アルファスティグマ保持者にとっては受け入れられないかもしれません。
しかし、他国にいて迫害を受けて殺されるよりはマシなのかなー、うーん。
ピンク髪集団のガスタークですが 戦闘員全員が遺物を
保持しているのでしょうか?そうでしたらかなりの強敵です。
正に一騎当千ですね、そんな彼らを率いる
ガスタークの王はどんな人物なのかが気になります。
次回のタイトルから考えると次のお話で明らかになりそうですね。
ガスタークに住む平民はどんな生活を送っているのかなー。

ルシルの強さがチート過ぎる様な気もします。
ミランと互角に闘い、窮地に追いやったピンク髪リル・オルラの攻撃を
一瞬で消し去ってしまいましたね。オルラということはピンク兄弟のお兄さんか。
あれ?雷獣が3匹いませんか?ミランとの闘いでは2匹だったはず。
ミランとの闘いでは全力を出し切っていなかったという事ですね。
パワーバランスが一体どんな設定になっているのかが
いよいよ気になってきました。
ガスタークの超戦士達と どの様に戦っていくのか、が今後楽しみです。
勇者の遺物はピンキリでしょうけどどの程度の威力を持っているのか、
この物語の世界でのパワーバランスが気になりました。
それ次第で ガスタークに対抗する手段や戦略が大いに変わりますからねー。

入国審査は どの様なものなのか気になりますが
なんだか嫌な予感がしないでもないなー。
キファ・ノールズは再び シオン・ライナ達と邂逅で出来るのでしょうか。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(8) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

伝説の勇者の伝説 第11話「悪魔の子」感想

人を者だと信じる者、人を物だと信じるもの。
その相反する考えが衝突する様子に考えさせられるお話でした。

シオンは とうとう貴族排除への動きを見せましたね。
平民の登用をすると宣言したのは上手いですね。
国民感情は一気にシオンへ傾いたのではないでしょうか?
貴族の孤立化と国力強化への大きな前進な気がします。
そして 反対派を身内に入れるというのは
危険な考えかもしれません。表面的にはシオンになびく貴族が
出てくると思いますが 獅子身中の虫となりそうですね。
そうなれば 多くの血が流れることは必至です。

魔法騎士というのは かなりの精鋭みたいですね。
2人で訓練された兵士達をなぎ倒すフェリスとライナですが
魔法騎士には少し苦戦をしていました。
しかし 体術で避けられる程度の杖術しか持ち合せていない様子を
みると 各人の能力はライナ達に比べるとかなり見劣りがします。

アルファスティグマ保持者は 恐らく子供の内に
あの様に殺されてしまうのでしょうね。
悪魔を処罰するという名目の元に家族共々殺し
脅威の存在を根こそぎ絶やしてしまおうとするのだと思います。
ライナの様に成人になるまで成長できるアルファスティグマ保持者は
意外と少ないのかもしれません。(あれ?ライナの年齢は何歳だっけ?)
今回 アルファスティグマの保持者であるアルアを救ったライナですが
今後 アルアの処遇がどの様なものになるのか?心配です。
このまま 遺物探しの旅に連れていくのは危ないですしね。
もし、ローランドに保護を依頼した場合はルーナから
抗議がきて軋轢が生まれそうですし うーん どうなるのだろう?
知らぬ存ぜぬを通すのかな。

アルファスティグマは自在に発動出来ないのでしょうか?
暴走に関しては 感情の爆発がトリガーになる様ですが
魔法の複写、発動に関してはコントロール出来ないのかな?
ライナが特殊なんでしょうかね。
ライナは戦闘中に複写をせずにフェリスに助けられていました。
複写を使用するという事は 非常に大きな禁忌を冒す様な
心持ちになるのかもしれませんね。
神への冒涜行為と思われているのかもしれません。
信仰心が元となり魔法戦士達は魔法を使用出来ると
信じ込んでいた様ですが あっさりと複写されて
かなりのショックを受けていました。

力を持つものはその力を統べる能力が必要なのでしょうか。
生まれる時代や世相が違えば アルファスティグマ保持者は
大きな権力を持つ事が出来たかもしれませんね。
力を恐れるものは 力を押しつぶそうとするか、崇めるかの2者です。
この様な眼を持っているだけで迫害を受ける立場から
崇められる立場になったかもしれないのになー。
悪魔と呼ぶか 神と呼ぶか。
アルアのパパさんのお前のせいじゃないという言葉が胸に突き刺さりました。
パパさんとアルア、ママさんの心中を察するだけで涙が出てきます。

そんな運命に翻弄される世界を変えたいとライナは思っているのでしょうね。
次回は いよいよ貴族達と正面衝突になりそうな感じがしますね。
一体どうなってしまうか? 貴族達も精鋭を護衛として連れてくるのかも
しれません、対してシオン達はどう対処するかが楽しみです。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(8) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

伝説の勇者の伝説 第10話 「夕暮れ」 感想

巡る優しさ、巡る悪意、あなたはどちらにつきますか?

フェリスの株が自分の中で急上昇。
ライナの暴走を止めようと身体を張って説得する姿は良かったですね。
化け物なんかじゃない、茶飲み友達だ、というセリフは感動しました。
ライナとしてもフェリスに自分の暴走した姿を見せたく無かったんじゃ
ないかと思います。
そんな姿を見せても それでも友達だ、と言ってくれるフェリスの存在で
ライナの心も楽になったのではないでしょうか?
今まで 忌み嫌われてきた自分の存在を受け入れてくれたフェリス、
まるで子供の様に ライナは涙を流していました、思わず貰い泣き。

シオンの読んでいた手紙の送り主は誰だったのか?ゾルバンアドフリム?
達筆過ぎて読めないー。思いっきり勘違いかもしれないけど。
2回もアップで送り主のサインを強調していたので何か今後の
展開に重要な人物に違いないと思います。

ガスタークという国がどうやら伝説の勇者の遺物を集めている様ですね。
あのガスタークの武将が持っていた剣は いかにも遺物っぽかったです。
強力な武器を持っていればそれだけ戦局を有利に出来ますものね。
今まで何故 勇者の遺物の収集がされていなかったのか不思議でなりません。
書物で調べれば位置まで分かる様なですし 何でだろう?
威力が強すぎて 手にしたら自分がその力を御せないと思ったのでしょうか。

アルファスティグマの保持者は意外と多いのかな?
意外と広く知れ渡っているようですし 発現率は意外と高いのかも。
アルファスティグマでも色々なレベルがあるのでしょうか。
それともライナのアルファスティグマは全く別種のものなのか。
そして私が国王なら アルファスティグマ部隊を編隊するかも。
最強の魔術師部隊をつくればいいんじゃない。
アルファスティグマ保持者を手厚く保護し、育成していけば
立場も変わるんじゃないのかな?
暴走したアルファスティグマ保持者の生存率って余り高くないのかも?
制御の出来ない危険な人物として殺されてしまうのかな。

今回裸にされてしまったノア・エン嬢、何故裸にする必要があるのか?
エスタブールの民の怒りに火を付ける為に辱めを与えておくという
ことなのでしょうか、本当に下衆な行為ですねー。
ローランドの貴族が仕向けたんでしょうね、たまたま今回は
近くにクラウ・クロムが居て助かったから良かったですけど
もしノア・エン嬢が殺されてしまった場合はエスタブールの民達が
黙ってはいないと思います。
なぜ、シオンはそんな貴族の行為に黙っているのかな?
何か理由があると思います、各貴族はそれぞれに兵士達を持っているの
でしょうね、まとめて内乱を起こされたら対処できないのでしょう。
ミランは甘い汁を吸わせて油断をさせて一掃、という案を提案してきました。
しかし、甘い汁を吸わせて慢心させる時間も金銭的余裕も余りないんじゃないの?
と思ってしまいましたよ。

次回はアルファスティグマ保持者の先輩であるライナが
アルアという子供のアルファスティグマ保持者を救ってあげることが
出来るのか?
フェリスにしてもらった様にライナはアルアを包み込んで
くれることに期待、そんな連鎖が続いたら良いのにな。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(5) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

伝説の勇者の伝説 第9話 「忘却欠片(ルール・フラグメ)」 感想

何で フラグメント(fregment)じゃなくて、フラグメ なのだろうか?
少し気になりました。
ルールブレイカーみたいな意味で使っていたのかな?と
思っていたのですが 考えると色々な意味合いを
今回のタイトルから 受け取れますねー。

ライナ覚醒で燃えに燃えたお話。
今回 過去のお話が所々挿入されていましたが
ちょっと気になった点がここでも発生。
ライナは 孤児院で戦禍に巻き込まれながら育ったと思っていたのですが
今回のライナは 武器や防具を漁っていました。
同一の時系列なのかもしれませんが もしかしたら違う?
記憶の欠片(fragment)はまだ未完でfragme(フラグメ)になっているという
意味合いなのかな? 思い違いなのかもしれませんけどね!
ライナの過去のフラグメントがパズルのピースの様に組み合わされて
いくとどんな模様が見えるのかが楽しみです。

ライナは今まで自分の周りの誰かを守りたいという感情がトリガーと
なりアルファスティグマを覚醒していました。
その感情を抑える(rule)出来ないものなのですねー。
ある意味 この世界の人間達は自らの欲望を支配出来ないのかもしれません。
狂った世界、狂った人間達 それをシオン達が
統治(rule)して平和な世界にして欲しいなー。

今回のライナは 魔法石の様なもので強制的に覚醒させられていました。
今までの覚醒シーンの中でも一番の能力を解放していましたね。
そして ライナは覚醒時 気になったセリフを吐いていました。
「我を殺す?その程度の力でエレミーオごときの力で我を殺すというのか」
伝説の勇者であるエレミーオを知っているという事ですよね。
ライナの中の記憶には伝説の勇者であるエレミーオを遥かに凌ぐ
魔法力を持った自分がいる訳なのです。
と言う事は ライナは伝説の勇者を超える存在、超勇者ハルヒなのです。えー!

あのピンク髪兄妹は 一体何のために登場してきたのかな、と
思っていたのですが やはり かなりの強敵でした。
この2人の正体を見破ったフェリスはどこでそんな知識を得たのでしょう?
意外とフェリスもまだ明かしていない能力や知識がありそうな予感。
いや、まるっとお見通しだぜ!という ハッタリだったのか?
3つの伝説の勇者の遺物を持ちそれを使いこなしていたピンク兄妹。
何の為に 伝説の勇者の遺物を探していたのでしょうかねー。
遺物を集めて国力強化を目指している国が 他にもあるのかもしれません。

という事で やはりライナの魔法戦、フェリスの剣戟が入ると
盛り上がります。どんどん 面白さが増してきている。
色々なフラグが盛り沢山で今後のお話が気になりますね!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(6) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

伝説の勇者の伝説 第8話「エスタブール反乱」感想

光と影を抱きしめたまま(魔法騎士登場!?)

胸の奥で震えてる 光と影を抱きしめたまま♪
捨てきれない夢を追いかけて 誇り高く愛はよみがえる
夕焼けの色が切なく綺麗で
閉ざしていた心の海に こぼれた涙

あの団子は誰が作っているのか?
凄い量ですねー、団子屋のおばさんも大変です。
団子があれば満足なフェリスと 多くの物を望みすぎる貴族達。
自分の欲望にかられ、シオンの失脚を
虎視眈々と狙っている様子が見えて 何だか嫌ですね。
この責任はどうする、と人の功績は面白くなく
失敗すると鬼の首をとった様にはしゃぐ貴族達。
卑しい人格の持ち主には出来るだけ近づきたくないものです。
しかし そうも言っていられないのが国王シオン。
理想という光と 欲望という闇。
闇が無ければ光を求めようとしなくなる。
光が無ければ闇が生まれない。
蛍の光も闇が無ければ見えません。
陰陽思想の様なこの相反性は シオンの中での葛藤となり
これを今後どの様に飲み込み 成長していくか?が楽しみです。

お腹が一杯になれば 世の中平和なのだろうか?
烈士は千乗を譲り、貪夫は一文を争う。
人品は星淵なり。而も名を好むは利を好むに殊ならず。
天子は家国を営み、乞人は饔飧を号ぶ。位分は霄壌なり。
而も思いを焦がすは、なんぞ声を焦がすに異ならん。(菜根譚)
でも悩んでいるのは人民もそうなのですねー。
大きなことで悩むか小さなことで悩むかの差はありますが
悩んでいるという事実は変わりがありません。

人民を想う心優しい姫、しかし光を求めるだけでは闇に飲み込まれてしまう。
そして闇は より漆黒の闇に飲み込まれてしまう。
闇に飲み込まれそうになったのを救ったのは シオン。
ミランの姦計を知っていながら姫を助けようとしたのでしょうか。
そしてクラウを今回の戦闘の頭にしたのは感心。

魔法騎士クラウは意外と強くて驚きましたが
魔法の能力としては接近戦に特化している感じでした。
しかも単体にしか効果が無いのかな。
国王シオンの勅命を受けて敵陣に乗り込んだクラウでしたが
この様な戦闘方法だと 仮に敵に強力な能力を持つ人物が居た場合
殺されてしまいますね。敵方の情報もよく掴んでいないようでしたし
見ていてハラハラしてしまいましたよ。
遠距離から味方の兵の援護をするというスタイルなら
万一の場合もまだ逃走出来る可能性がある様に思えました。
エスタブールの兵のリーダー格を討ちとることで士気を下げ
無用な争いを避けている様に思いましたが
逆のパターンになった時どうするのだろう?
クラウは 功を急ぎ過ぎたかの様にも感じられました。
ミランに対するライバル心もあったのかな。

泣くの?泣くのがみたい、というイリスに対して
素直に泣くかもしれないと告白する シオン。
光と影を抱きしめ、揺れる心。シオンは とても人間らしくて素敵だなー。
泣く事を知る人間だからこそ、笑った時に輝いて見える。
私はそう思っています。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(12) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

伝説の勇者の伝説 第7話「その手を離さない」感想

4人の忠臣の言葉に涙。

孤児院では一体何人の子供たちが亡くなったのでしょうか?
戦争が始まれば大人達が死に 孤児が沢山生まれてしまうのですね。
この悲しい連鎖がライナやシオン達の活躍によって早く断ち切れることを願います。
ミルクとライナ、共に生き残った2人。
残された者達が 強く立ちあがる姿を描いたこの作品はいつも観ていて
胸が熱くなりますねー。生きるとは?

今回 ミルク達にライナ討伐を命じたシオンですが
恐らく シオンなりの罪滅ぼしの意味合いもあったのかもしれませんね。
前回シオンはライナ達を戦闘に巻き込んだことを少し後悔していた様ですし。
ミルクとライナの関係を シオンは知っている様でした。
ミルク達ならライナを悪い様にはしないだろうと思ってサポート役として
送り込んだ気がしますね。
自分で 勇者の遺物を探しに行け、と言っておいて 
自分でライナ討伐というのも変ですからねー。
他国と自国の反シオン派への牽制フェイクでしょう。
ライナとミルク達の実力差を読んで、最後には名目上はライナに捕まって
しまったのでミルクとライナが一緒に居るのは
仕方が無いということにしたかったのかな?

今回 勇者の遺物の力で ドラゴンを地中から呼び出していましたが
あれは 制御できないのでしょうか?
勇者だったら あのドラゴンの背に乗って
共闘の展開になるのかもしれませんね。
考えるとそんな勇者が各地に複数人いたのかもしれないと思うと
この世界は 力の格差が凄いんですねー。
力を持つものと持たざるものの差がとても大きな世界なんでしょう。
(私は勇者は1名では無く、複数人いると思っています)
また、地中を掘り返したら剣が出てきたとか、これだけピンポイントで
遺物の場所が分かるのか不思議に思いました。
ライナの魔力で感知したのかな、とも思いましたが
それは無さそうな感じでしたしね。

自分の個人的な感情に惑わされて トイレー、と叫び注意を自分達に
向けたことをミルクは反省していました。
自分は失格だ、と4人に頭を下げるミルク、しかし 返ってきた言葉は
それでも、そんなミルクだから我々は貴方についていくというものでした。
ここは泣けましたね。こんな風に想われている ミルクは幸せですね。
家族を亡くし、自分の力だけが頼りという孤独な世界で
伸ばされた手、手を伸ばしたのはライナだけじゃないのです。
家族ですよ、間違ったらそれを正します、とミルクと共に歩むと決意を
決めた4人も 優しくミルクに手を伸ばしているのですねー。
孤独と絶望を抱えて生きることを諦めかけたミルク。
伸ばされたその手を離さないで 力強く生きて欲しいと思います。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(7) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

伝説の勇者の伝説 第6話「暗がりに潜む者」感想

バトルシーンに手に汗握りましたー。
本当に迫力溢れる描写でしたね。ミランがライナが詠唱する魔法の分類を
素早く判断していたのが気になりました。
知識として知っていたのか、体験として知っていたのか。
ミランはライナが様々な魔法を使えるのに驚いていましたね。
戦いの中で覚えたのかもしれませんが ミランが百戦錬磨の人物で
あることが良く分かるシーンでした。

だんご剣士さんが 今回もかっこいい、セクシー。
寝起きはあんな姿なのか、お腹周りがイイ感じでした。
あの剣は何か魔術が編まれているのかなー。
ミランが放った魔獣をくい止めていましたし、攻撃もキチンと
効いていました。あの剣の由来が気になります。
これ程の達人が選んだ一振りの剣ですから何か誕生の物語がある様な
気がしてきました。

アルファスティグマにも解析出来ないものがあるというのは
以前のお話でも描写されていた気がします。
今回のミランが身につけていた指輪から放たれた力も解析不能でした。
考えてみると 伝説の勇者は1人じゃないのかもしれませんね。
フェイトで言えば宝具みたいに英霊の数以上に存在しているのかも
しれません。
今後どんな強力な遺物が登場するのか、楽しみにしたいと思います。

この作品は王道であるが故に 色々な他の作品との類似点が目に付きます。
色々と 探してみると面白いかもしれませんね。
王道というのは下手をすると凡百の作品になってしまう危険を孕みますが
この作品はとても面白いお話になっていると思います。

乱世の時代と泰平の時代では人材の登用の基準が違ってくるのでしょう。
能力本位か人物本位か、ミランは能力はとても高い事にシオンも気付いています。
しかし、人物的にまだ疑問が残っている様ですね。
泰平の時代ならそれほど能力は無くても人物的に優れていれば
大きな害にはならないでしょう。
乱世の時代にあっては 能力が優れている人物を登用しなければ
乗り越えられない局面も出てくるでしょう。
しかし、能力が高いが悪人を登用してしまった場合は
能力が高いほどその毒は強いものになりますよね。
さて、ミランはどうなのでしょうか?

トアレの暗殺はシオンの指示であったのか、それともミランの独断だったのか。
私はミランの独断な気もします。
能力があり、人物的にも優れているとなればトアレが国王になった場合に
国力が増す事が予想されますよね。
それを事前にくい止める為に暗殺するのも分かるお話ですが
同盟という手もあるのでは?むしろ スターネルを亡きものにして
トアレを国王にした方が将来的にはシオンの利になるのでは、
と思ってしまいました。
隠れてトアレに相談に来ているという描写もありましたし、
ネルファ皇国の気質として安定を望む家臣や平民が大多数な気もしてきましたよ。
それとも 武力で抑えつけて完全に国を手中に収めなければ気が済まないと
いうのならトアレ暗殺も納得出来ます。
全ての国に戦争を仕掛けるつもりなのかな?
それだと ジリ貧な気もしますが・・・

だんご剣士が最後にライナを見つめたシーンは何だかキュンとして
しまいましたよ、歩く後ろ姿の長髪も心なしかピョンピョン跳ねて
嬉しそうだったな。

次回のお話で1話に繋がる感じになりそうですね。
こんな構成の仕方もとても上手いです、1話と同じシーンを提示されても
また違った見方が出来そうですね、楽しみです!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 09:59 | Comment(4) | TrackBack(9) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

伝説の勇者の伝説 第5話 「目覚め始めた世界」 感想

こういうの凄く好きですねー。回を追うごとに話に深みが出てくるのを感じます。

フィオルー!こんな妹想いの好人物が政治の闇に飲み込まれてしまったのが
残念でなりません、ちょっと泣いた。
王が政治を執る部屋での暗殺。これに込められた意味は?
お前の好き勝手にはさせないぞ、そして平民の出自のフィオルを
暗殺したことで自らの血統を誇示し、生まれの卑しい国王になど 
服従するつもりは無いことを伝えたかったのでしょうね。
なんという卑劣な!人の命を何だと思っているのでしょう。
国王の権限で貴族制廃止とか出来たらいいのでしょうが、
まだそこまでの権力をシオンは持っていないのでしょう。
ブレア首相みたいにバッサリと大鉈を振ってくれたらいいのだけれども。
今後は平民が力を持つことが貴族に対抗する手段になるのかもしれませんね。
なかなか 難しい事でしょうけど、その為に教育制度を長い目で見れば
しっかりと国内に敷くことが必要なのかもしれませんね。

さて、今回はライナが魔法を使用しませんでしたね。
てっきり、トアレ達をチンピラから救うシーンでは魔法を使用すると
思っていました。
しかし、ライナは体術で見事に制圧。柔術みたいな技も使用していましたね。
恐らく 魔法を使用してややこしい事になりたくないと
いうのもあるのでしょうが やはり 体術も訓練しているのでしょう。
ライナには強くなって欲しいですねー、
アルファスティグマは強力な威力を発揮しますが
自身の基礎的な体術を鍛えていくのも大事なのかもしれませんね。
アルファスティグマが 勇者の遺物としたら 
基礎体術は 平民の力みたいなものなのでしょうか。
国も地味で時間がかかるかもしれませんが土台作りが大事なのかもですねー。国つくりは人つくり?
そんな悠長な事を言っている時間は 無いか。 

そして 伝説の勇者とは一体誰のことなのでしょうか?
遺物だけでも強力な力を有するみたいですが、まず乗り物系の遺物を探して
それに乗って移動したら良いのかもしれませんね。そんな遺物は無いのかな?
まあ、そもそも乗りこなせるという保証は無いのですが・・・
また、どこにどんな遺物があるのかも分からないのかもしれませんね。
ここら辺は今ライナが各国の図書館で調べているのかなー。

今回は BGMもとても良かったですねー。
音楽が感情に与える影響って大きいと思うんです。
もし、闇を担うと言ってきたミランとシオンの会話のシーンで
例えば笑点のテーマが 流れてきたら雰囲気が台無しですよね。
OP/EDともに凄く良い曲で今期で一番好きなOPとEDかもしれません。
特にOPのLamentが凄く良い、
そして Lamentations とするとエレミア哀歌の事ですね。

預言者エレミアの哀歌より

ギメル
貧苦と重い苦役の末に
ユダは捕囚となって行き
異国の民の中に座り、
憩いは得られず
苦難のはざまに
追いつめられてしまった。

ダレットゥ
シオンに上る道は嘆く
祭りに集う人がもはやいないのを。
シオンの城門はすべて荒廃し、
祭司らは呻く。
シオンの苦しみを
おとめらは悲しむ。

ヘトゥ
シオンの嘆きは甚だしかった。
主は懲らしめようと、
敵がはびこることを許し
苦しめる者らを頭とされた。
彼女の子らはとりことなり
苦しめる者らの前を、引かれて行った。

シオンの名前が出てくるのが興味深いですね。
登場人物が皆とても魅力的で
お話も深みをどんどん増しているこの作品今後も期待したいと思います。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(7) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

伝説の勇者の伝説 第4話「ライナ・レポート」感想

平和と調和。今回は色々と思い出すことがありましたよー。

以前 とあるお寺の代が変わる時に 師匠から弟子に
問いを出し その答えを聞いて新しくお寺を任せるに足りるかを
確認するという行事があった様な記憶があります。
団子剣士のお兄さんルシルは師匠では無いですが 
今回 シオンとのやり取りを見て そんな事を思い出しました。
しかし、エリス家とは一体何なのでしょうか?
凄い権力を持っていますよね。
この世界での家系勢力図みたいなのがあると分かりやすい気もします。
前回のお話で ルシルの試練を乗り越えたシオン。
ルシルとシオンの問答の内容が気になりますね。
シオンの理想が 恐らくその答えにあったはずです。
そして2年間で何が起きていたのかも気になります。

そして 独房生活で、ということでO・ヘンリーを思い出しました。
彼は3年間の独房生活の中で想像力を発揮して
自分の才能に気がついたらしいですね。
独房の中では自分と向き合うことを余儀なくされるのでしょうが
ライナも自分の理想にとことん向き合う時間を
この独房の中で過ごしたのでしょうか?
ライナとクモを見てですが
私もライナと同じ様に クモってどうしてこんな所に巣を張るのか、と
思う事があります。こんな建物のスミの隙間に巣をつくっても
やって行けるのかな、エサはどうするのかな、と感じることは無いですか?
自分の住みたいところに住む、生きたいように生きるんだい!という
意志を感じちゃいます。
クモ繋がりで 行雲流水みたいな感じなのかな。
空を行く雲や流れる水のように、執着せず、自然にまかせて行動する。
こんな変な事を思うのは私だけなのかなー。

シオンのマスターマインドが今回出来上がりました。
アンドリュー・カーネギーの成功の秘密はこのマスターマインドに
あると言われています。
マスターマインドとは何か?細かく言うとややこしくなるので
単純に言えば 計画の実践に必要な人材を集めたグループのこと。
シオンの理想の国家をつくる計画のために 今回ライナが釈放されました。
(そう考えて良いですよね?)
シオンは何故ライナを遺品探しの旅に赴かせたのでしょうか?
私が思うにシオンの望む世界とライナの望む世界が同じだったからかも
しれませんね。平和な国家・安心して国民が生活できる国にしたい。
そこに マスターマインドが大きな力が発揮してきます。
2つ以上の頭脳が調和のとれた協力をするとき、1つの頭脳よりも
遥かに大きなエネルギーを生み出すことが出来る。
乾電池を繋げたときのことを思い出すと理解がしやすいかもしれません。
この様な調和は平和を生み出す大きなエネルギーになるのかも。
国民の心を繋げていき シオンとライナの望む平和な世界への
大きなエネルギーを生み出していって欲しいなー。

そして今回登場した家族はマスターマインドの象徴だった気もします。
心の平和というのは案外シンプルなものなのかもしれませんね。
共に成長しその成長を喜びあう 調和のとれた関係が生み出す心の平安。

昼寝王国、調和が平和を生み、平和が調和を生み出す。
シオンとライナ、その力を調和して平和を生み出して行って欲しいです。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(10) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

伝説の勇者の伝説 第3話「複写眼(アルファ・スティグマ)」感想

アルファスティグマ、凄いー!
ちょっと禁書の覚醒シーンを思い出しちゃった私。
普段はのらりくらりとしている人物が突然凄い能力を使うって
とても カッコいいですよね。中村主水とか。
これだけ凄い能力を持っていると運命が変わってしまうのかも。
その能力を利用してやろうという輩が出てきてもおかしくは
ありません。時に自らが望まない形でその能力を使わなければ
ならないとしたら とても悔しいでしょうね。
ライナがアルファスティグマを隠そうとするのも分かる様な気もします。

今回はライナの思想が色濃く見えてきましたね。
自分がどの様な人生を送りたいのか?
ライナは自問し続けていたのかな、葛藤の末に見つけた生き方。
のんびりとおだやかに暮らしたい。
しかし、その能力を求める人達がいる、揺れ動くライナの心情。
そしてライナの下す決断はいかに?
今回のエピソードを観てライナが凄く魅力的な人物に感じられました。

夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし
計画なき者は実行なし 実行なき者は成果なし 成果なき者は幸福なし
ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。
一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きること。
シオンの夢とライナの天命それが融合する時、ライナは天命を
受け入れて楽しんで生きていくことが出来るのかな?

アルファスティグマ、解放のシーンは胸が熱くなりましたよ。
それにしても本当に一瞬でコピー出来るんですねー、驚いちゃいました。
しかし、凱旋したシオンは英雄扱い、窮地を救った張本人のライナは
投獄とはなんともやりきれない気持ちになります。
シオンはだんご剣士のお兄さんの試練を乗り越えていけるのでしょうか?
あのお兄さんは何者?凄く強いんですねー。
こいつが黒幕かなー、なんという獅子谷底理論。

何故 投獄と引き換えに1つだけ望みを叶えてあげようなんて条件を
提示したのかが良く分かりませんでした。
更に大きな黒幕が時代の流れを操っている感じを受けましたね。
人と人との争いから生まれるもの、その争いを引き起こすもの。
その根源をライナとシオンが断ち切ってくれることを願います。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(10) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

伝説の勇者の伝説 第2話「英雄と寝とぼけ男」感想

物語に深みが増してくるのを感じました。
あぶないあぶない、危うく記事タイトルを
寝とぼけじゃなく、寝ぼすけ男にする所でした。
こちらでも良かった気もしますけどね。

第1話より過去のお話みたいですが この様な構成の仕方が
上手いなーと感心しきり。
前回は、魅力的な登場人物を登場させました。
どのキャラクターも個性的でしたが 何故そんな言動をしているのか?
気になりましたよねー。

そこで今回は その気になる過去についてのお話でした。
まるで視聴者の心理を読み取ったかの様なお話の展開です。
こういう過去話に言及が及ぶと一気に深みが増しますよね。
キャラの生い立ちを描くことにより、そのキャラクターが
どの様な信念に立って行動をしているのかが良く分かります。
キャラクターへの思い入れも大きくなりますしね。

さて 今回のお話ですが冒頭からかなり重い雰囲気。
あんなことを思いつき実行してしまうのが 本当に
許せません。陰湿にも程がある、ムキー!
ここでシオンポイント入りました+1
それにしても美少年だなー、ポッ///+1

ライナのアルファスティグマの能力を調べたシオン。+1
何故、そんな情報が簡単に一学生の手に入るのは少し
不思議に思ってしまったりしましたが、
意外にライナの能力は広く知られているのかもしれませんね。
勿論、国の上層部が知らないはずは無いと思われます。
危険な人物に監視役を付けるのは凄く真っ当な理由に感じました。
こういう設定の細かさに今回とても感心させられたのであります。
スパイはキファなのかな?何だか思い詰めた表情をしていましたね。
アルファスティグマの保持者のお目付け役として
送り込まれていたのかな?どの様な経緯でスパイになったのか?
そして 監視を続ける内に芽生えた恋心、その辺りが明らかに
ならないかな、と少し期待。彼女にも重い過去がありそうです。
(スパイ確定じゃありませんけどね)

おだんごだんだんおだんごだーん、と口に団子がスポッと入り
みんな幸せ〜(参照:ぜんまいざむらい)という訳には勿論行かずに
鮮やかな剣戟と串さばき?で敵を蹴散らすフェリス・エリス。
格好良かったです、私はあの団子店の女将さんは情報屋に違いないと
踏んでおりますwもしくはフェリスの剣の師匠。
ああ見えてスゲー強いんだぜ!という設定希望。
そして妹さんは拷問のスペシャリスト、なんという姉妹なんだ・・・
その手のお店に勤務すれば凄い人気が出そうですね(エッ
釘は止めろ、釘は!釘はくぎゅーだけで宜しい。
そういえば今期は釘宮様が声をあてているキャラっていたっけ?
うあー、すみません、話が横道に逸れてしまいました。

ライナは目立たずに平穏な日常を過ごしたいのかもしれませんね。
自身のアルファスティグマの事をひた隠しにしている様子です。
シオンは人をのせるのが上手いですねー、国王にふさわしいなー。+1
素直にシオンを応援したくなりました。
そしてそんな彼に上手くのせられたライナ、根は良い人みたいです。
次回、みにくいあひるの子みたいな展開が見れるのかと思うと
今からワクワクしてきました。
戦地に向かう夜、センチになる訳でもなく酷く落ち着いているライナ。
自分の命などという自棄に陥っているのか、余程自身の腕に自信があるのか?
魔法には魔法で対抗、相手の魔法が強力であればあるほど
ライナのアルファスティグマの能力は大きな意味を持つものになりそうです。
しかし、50人の魔術団の変な帽子に笑ってしまいました。
どう?これカッコ良くない?と自慢げに帽子をかぶる魔法使い。
あれ?それカッコいいじゃん、俺もその帽子欲しいなんて会話があったとかなかったとか。

魔法戦と激しい剣戟、そして根底に流れる悲しいまでの人々の感情の渦。
これは ますます 面白くなってきました。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(4) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

伝説の勇者の伝説  第1話 「昼寝王国の野望」 感想

勇者の遺物ってどんだけ凄いんだよ!と思わず感じた第1話。
しかし、遺物だけであの威力は桁違いです。
きっと伝説の勇者は 途轍もなく強大な力を持っていたんでしょうね。
そして その遺物は一体何個あるのかが気になりました。

人物紹介も非常に上手く展開していましたね。
すっ、とこの世界の中に入り込めた感じです。
そして その登場人物が魅力的でした。
何といいますか 皆が人間味が溢れている印象を受けましたね。
自分の理想と己の持つ権力や力との乖離に葛藤する英雄王。
そして なんという美男子、この人は人気が出そうです。
しかも良い事言ったー!、この人には名言メーカーとしても
活躍してくれることを期待したいです。

主人公のライナの「アルファスティグマ」は 魔方陣ぐるぐるで
いかにも魔法遣いという感じで 素敵でした。
しかし、何だか世の中を斜に見ている感じですね。
彼の過去に興味が持てましたよ、一体何があったんだー。
気になりますね。

そしてヒロイン?は 3色だんご好きの美人剣士。
必笑だんご剣炸裂というわけでもなく 普通に凄腕の剣士。
こういう美人剣士が 敵と戦うシーンはドキドキするな。

単純な剣と魔法のファンタジー物という訳でもなさそうですね。
政治的なドラマも見せてくれそうです。
設定が細かい所まで行き届いている印象も受けました。

腐敗する貴族の残党、人攫いをしておいて
それを野の花とか許せない、こいつにはお仕置きが必要だな。
美男子英雄王には是非とも頑張ってもらいたい所です。

非常に期待が持てると感じた第1話でした。
OPとED曲が良いので これは化けるに違いない。
特にED曲は名曲ですねー。

次回は早速 登場人物の過去を掘り下げる回になりそう。
続きが早く観たいと思わせてくれる作品です。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ  いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(9) | 伝説の勇者の伝説 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。