記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2010年12月18日

えむえむっ! 第12話(最終話)「クリスマスの願いごと」感想

柊ノアさんは可愛かったです。
私がこの作品を楽しめなかったのは
どのキャラクターにも感情移入が
出来なかったという点にあるかもしれません。
正直 私もまだまだ修行が足りないな、と痛感した作品でした。

これ以上書くと読まれる方に不快感を与えてしまうかも
しれませんので 感想は控えさせて頂きます。
正直言いまして 自分の本心を抑えた感想記事も少し書いてみましたが
苦痛で仕方がありませんでした。いい年なんだからもっと大人になれよ、と
自分でも思いましたが ここは自分のブログであり自分の想うことを
発信する場でもあるとも感じたんですよね。
本音を書けなくなったら 駄目じゃないか、と思ったんです。
しかし、批判的な記事を読むのは人によっては余り気持ちが良いものではないと
思うんです。ここがこうだから良い、というのはそうだな、私もそう感じたよと
共感を生むものであると思います。
その点 ここがこうだから駄目だ、というのは楽しめた方にとっては
折角自分が楽しめたのに興ざめだな、という方も多いと思うんです。
耳に心地よい言葉を聞きたい、読んでいて心地よい文章を見たいと思うのは誰しも
そうじゃないかな、と感じます。
諫言を呈しても 既に最終話を迎えている訳ですから どうにかなるわけでも無いですしね。
何だか 真面目過ぎるのかなー。今後はもっと肩の力を抜いて作品に対峙したいと思いました。
この様に色々と考えるキッカケを作ってくれたこの作品に感謝したいと思います。
ありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(22) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

えむえむっ! 第11話「失われたメモリー」感想

やはり柊さんが出てくると盛り上がるなー。緑ちゃん最高だ。
今回は記憶喪失ネタでしたね、王道とも言える
漫画・アニメ・ゲームでは良くみかける記憶喪失ですが
今回の様に物語の途中で記憶喪失になるパターンと
最初から記憶が無い主人公が徐々に記憶を取り戻すパターンと
大きく分けて2パターン有る様に思えます。
更に細かく分けると
@物理的なショックにより記憶を失ってしまう場合
A精神的なショックにより記憶を失ってしまう場合
B何か力を得る代わりに記憶を失ってしまう場合
C他者による記憶操作により記憶を失ってしまう場合
D覚醒することによって記憶を失ってしまう場合
E自ら記憶を消すことによって記憶を失ってしまう場合
F病気などによって記憶を失ってしまう場合
G作中では描かれない原因不明の記憶喪失の場合
 と細かく分類が出来るのではないでしょうか?

それぞれの記憶喪失のパターンにより 描かれる内容が
少しずつ異なってくると思いますが
今回の@物理的なショックにより記憶を失ってしまった場合は
勘違いネタ・いままでの関係を改めて認識させるのにはもってこいですね。
姉と母を身ごもらせるとは鬼畜にも程があるなー。
しかし、さっきまでペタンコのお腹が急に妊娠8ケ月目ですといった
膨らみ具合になっていて笑いました。太郎君、そこは気が付かないのかな?
一部記憶の混濁が見られるみたいですね。
あとは 記憶が失われるということは 人間関係がリセットされるということですね。
そう考えると 記憶や思い出はそのまま人間関係を積み上げていった山が崩されて
しまった状態のことなのでしょう。
美緒と嵐子が 自分の気持ちをはっきりさせる機会をつくるには記憶喪失は
良い展開だとも思えました。
美緒が 私の事を忘れるな、と太郎に言っていましたが
もう 自分の気持ちには気づいていることでしょう、それを口に出来ないだけで
いままで2人で積み上げてきた思い出や関係を崩したくない=私との大事な思い出を
忘れないで 傍にいて欲しいという意味合いですよね。
なんとも不器用な美緒ですが そこがまた彼女の魅力でもあります。
残り数話だと思うのですが 最後にもうひと盛り上がりしてもらえたらな、と思いますねー。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(23) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

えむえむっ! 第10話 「サディスティック嵐子嬢」 感想

あなた好みの女になりたくて・・・

嵐子は美緒をライバル視したのか、ドSになろうと頑張ってましたね。
前回 太郎に構って貰えなかったのは ドS成分が自分には
足りないと考えたのでしょうか?
必死の嵐子の姿を見て 応援したくなりました。
そして、太郎にとってはご褒美回だったのかなー。
とても嬉しそうな表情をしていましたからね。
考えると ドSもドMもその他大勢の中から特定の人物に対して
関心を持ち弄り・弄られるという点で 現在社会における
集団の中における孤独感からの脱却に喜びを見出しているのかも、とも
思えます。自分に対して注目してほしい・特定の相手を弄り
その反応が返ってくる、平面的な人間関係ではなく直線的な関係が
ドSとドMが生まれるという構図なのかもしれません。
そう考えると ドMもドSもお互いに孤独感というのが心の中にはあるのでしょうか?
今回のお話を観て ふとそんな事を考えました。

ドS修行に勤しむ嵐子でしたが、美緒の言動を真似したり
独自の言葉責めをしたりとちょっと成長が見られました。
特にドS大喜利が面白かったです、ぶたいぬをお題に繰り広げられる
罵詈雑言の数々。美緒に負けない!という嵐子の頑張りを感じました。
肉体的な攻めではなく 精神的な攻めというのは
ドMの太郎にとっては 最高のご褒美なのかもしれません。
最後は丸く収まったのかな!?
いつも通りでいいよ、という太郎ですが この言葉の真意は一体何?
ちょっと気になりますねー。

ところで 嵐子のさらしにマジックで文字を書いたのは誰だ?
あのマッサージ師が 恍惚の表情で書いたのかなー、と想像すると何だか面白いです。
また、店長のイケメンオタクという描写が今後あると嬉しいのですけど。
折角の良い感じのキャラが勿体ないですからねー。
そして そろそろこのアニメの終着点が気になり始めましたよ。
このまま押し通す気なのかな? それもそれで良いかもしれませんが
最後にもう盛り上がりの見せ場が欲しいかなー、とも思ったり。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(11) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

えむえむっ! 第9話 「MFCの華麗なる陰謀」 感想

ズリ眼鏡かわいいー。
相談して、という言葉に委員長が頬を染めていたのが
太郎に対してでは無くというが何とも面白い。
新キャラの委員長も変態なのかい? 変な人しかいないですね。
ちょっと残念なのは もうちょっとキャラの掘り下げをしてからという展開が
良かったかなー。今回は委員長が実は・・・というギャップが一つの面白さだと
思うのですが それがイマイチ描き切れていない様な印象を持ってしまいました。

あれ?OP変わった?フィギュアが変わってましたよね。
これは僕の思い違いかな?
店長が探していたルリルリってナデシコかー。
こんな抱き枕を持って校内を徘徊していたと思うと
不審者通報されそうなものですが この学校ではこれがデフォルトなのかい?
そう言えば 以前大阪日本橋オタロードで本当に2次元キャラの抱き枕を
抱えている人がいましたが 相当に怪しかったですよ。
確か枕にチューとしていたと思います、これを他の場所でしていたら
通報ものだと思いました。こうしてオタクに対する
偏見が生まれていくのかもと感じた出来事でした。

そして今回は何と言っても美緒が可愛かったですねー。
良くも悪くもそれくらいしか思い付きません。
一日デートというお話は確か以前もやっていましたよね。
酷評をした覚えがありますが、何だか今回も見ていて辛かったです。
30分が2時間位に感じたお話でありました。
主人公は煮え切らない態度でこのまま押し通すのかな?
ちょっと不誠実ですよね、まあ単に鈍いだけなのか。
今回は誰に感情移入して見たら良いのか戸惑ってしまいます。

まあ、僕の大好きな柊さんが美緒に言いがかりを付けられて
ムカッとなってしまっただけなんですけどねー。
残り数話しかありませんが 今後どうなるのかな?
次回は太郎がはっきりしないので 女同士の闘いが勃発なのか?

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(12) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

えむえむっ! 第8話 「BでLな恋愛模様」感想

太郎の男の娘っぷりに恋しそう。
一番の美少女?っぷりを発揮した太郎であります。
ポニーテールというのが またよろしいですな〜。
スーパーサイヤ人・タキシード仮面ならぬブリーフ仮面となったり
万能型変態主人公ですね。この芸の幅は流石に主人公だと思いました。

今回いろんな性癖を持つ変態に太郎は変身していました。
個人的には柊さんが可愛くてロリ太郎のままでいて欲しかったのですけどね。
禁断のいけない遊び、そんなところだめ・・・と黒ひげ危機一発で
樽を つつき合っていたのは笑えました。
こういう勘違いネタって大好きなんですよ。
スレンダーガールの柊さんを全力で応援したいと思います。

さて、どMが治ったと思ったら今度はBLとは・・・
辰吉に恋しちゃっている太郎が健気です、嵐子からの懸命のアプローチも
太郎の頭の中で全て辰吉に対しての事柄に変換されちゃうのが
なんとも面白く そして嵐子が不憫に思えました。
恋をすると 全てが恋する相手の事に連想しちゃうんですかねー。
これは男の子も女の子も同じ事なのだろうか?
間接キスでドキドキとか 初々しくてニヤニヤしちゃいました。

結局は元のドMの太郎に戻ってしまいましたが
意外だったのが 最初ドMが治ったと思った際に美緒がとても喜んでいた事です。
てっきり太郎を苛めて 自分も快感を得ていたのだと思い込んでいたのですが
本心で 太郎のドM治療に努めていたんでしょうか。

今回もギャグ満載で面白かったですよ。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(22) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

えむえむっ! 第7話「真夏のトライアングルラブ?」感想

この弾けぶりが良いですね。
やっぱり柊回は面白いなー。
NEKONEKOというエプロンは 勿論PIYOPIYOのパロでしょうね。
めぞん一刻の響子さんですね。
そして ドラゴンボールや北斗の拳など有名どころだけでも
結構な小ネタが入っていました。

柊さんの話し方が可愛いですよね。〜ですという話し方ですが
実際に使っているのは おはスタの女の子位しか見た事がありません。
太郎を悦ばすために 実はボランティア部 他のメンバーは
躍起になっているのかもしれませんね。
でも スイカ割りはマズイですよ、殺しかねないぞ。
こういう発想できちゃうのが怖いですよ、この子。
カニ攻めとか 柔軟な発想にも程があるよ。
美少女達が皆で カニ攻めというのは凄いマニアックでしたが
面白かったかな。太郎さんも悦んでいましたし。
痛いポイントを的確に指摘する由美もマッサージの達人だけあって
良く知っていますね。確か由美は元辰吉の恋人という設定でしたよね。
焼きソバのつくり方を教えてと辰吉に迫る姿にドキドキしました。

ノアと嵐子の恋のライバルぶりが凄かったです。
太郎はモテモテですね、くそう 羨ましいぜ。
お互いに一歩も譲らないというノアと嵐子のミュージカルが面白かった。
不倫相手とは ノアも考えましたね。やはり天才なのか。
でも 今一歩の所で 抜けているのが良いですよ。

DX変態ベルトの力は凄いですよね。
ロリロリロリという掛け声に笑った、ロリ VS どM。
どM強過ぎだろ!と突っ込んじゃいました。
変態度で言えば 太郎の圧勝だったみたいですね。

店長が今回綿あめの販売で登場していましたね。
あの店長は2次元をこよなく愛している人物なのかな。
アニメや漫画オタクというキャラなのでしょうか?
まだまだ、隠し玉を持っているようで今後彼の活躍に期待したいと思います。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(22) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

えむえむっ! 第06話 「騒乱だらけのマイホーム」

何故、そこまで太郎に執着するのか?
そういえば 砂戸家に父親の姿がありませんでした。
砂戸太郎は家族において男性の役割を一手に引き受けているのでしょう。
太郎依存症の様な感じですねー、この家族の中心は太郎で
太郎は父親であり子供でもあり恋人でもあるという印象を受けます。
母親と姉から期待される役割を演じなければならないのは大変ですね。

いつもの如く美緒から変な治療を受けている太郎ですが
あれは 効果がまったく見られませんよね。
太郎を悦ばせる為に美緒が行っているようにも思えてきました。
治療の結果として 症状が改善どころか悪化しているのですから
普通に考えれば 違う方法を試みたりするはずです。
美緒は太郎に治療と称して妙なスキンシップを行っているのだと
思われます。

太郎の行動をチェックする為に恋人の浮気チェックとばかりに
携帯電話を探ってみたり おかしな行動をする太郎の母と姉ですが
彼女達もある意味変な人達です。
おかしな人達しかこの街にはいないのでしょうか?
フェーズ(段階)分けして その対応を決めているのは感心しました。
これが駄目なら これでと深化していくのが面白かったです。

次回は再びスーパー○イヤ人がみられそうです。
楽しみですね! 前回のノリがまた戻ってきてくれたら嬉しいです。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(3) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

えむえむっ! 第5話「天才少女の暴走パニック!」感想

緑色の髪の少女きたー!
ラムちゃん、コロネちゃん、ピッコロ大魔王ちゃん他と
緑色の髪のキャラが大好きな私です。
正直 緑色の髪のキャラだけでアニメをつくって欲しい位であります。

今回の弾けぶりは凄く良いです!
ドラゴンボールネタが最初から登場してましたね。
変態スカウターとか笑える、ばっ馬鹿な!スカウターの故障か!?みたいな感じです。
太郎の変態力が20,000オーバー、他の生徒達の数値はどれ位なのだろう?
柊が計測した結果 太郎が最も数値が高いものとして
選ばれたということなのでしょうか?

そしてラブレター、ラブレター欲しい、嘘でもいいから欲しい。
そう思っていた学生時代、とうとう私の元にラブレターという
架空の存在はやってくることはありませんでした。
あれは 2次元の世界にしか存在しないものだよね。
そうと言ってくれ、そうだと・・・遠い目。
授業中にラブレターが気になって仕方ない太郎の表情が
変態顔になっていました、周りの人間から見ると太郎は近寄ってはいけないと
思わせる様な危ない表情をしていましたね。

発明部でのドキドキタイム、柊ちゃん男心をわかってるよ。
大体あっているというレベルでわかってますね。
靴下からというのが良いじゃないですか、そして背中のほくろ。
ほくろがイイ!なんとも色っぽいですねー。
まんまと 柊の実験の被験者にさせられてしまった太郎ですが
いつの間にか 変態パワーを吸い取ってきたとは驚きです。
一体どんな仕組みなんだよ、どこに変態パワー溜めているんだよ。
そこに美少年の助手がやってきましたが 時すでに遅し。
なんとかして 全人類変態化計画をくい止めるために立ちあがった2人ですが
何故か柊親衛隊に行く手を阻まれてしまったぞ。

おーい!顔つきと髪型おかしいだろ。スーパーサイヤ人か、と思った。
正直 驚いた、太郎 やだ、かっこいいと思った私も変態かもしれない。
変態パワーを溜める為に殴ってもらうとは、今回も身体を張りますね。
美少女に殴って貰わないと太郎は恍惚感を得られないのだろうか?
そして え!?元気玉?、オラに変態を分けてくれー!との太郎の呼びかけに
世界中の変態が立ちあがる。
うわー、どかーん、やったね!世界の変態は守られた。めでたしめでたし。
そして柊は太郎に惚れてしまった、そしてライラックを贈るとは
廻りくどい告白だ、花言葉を知っていなければ分からないですね。
わー、女性陣の柊を見る目が厳しい、みんな太郎に恋心を抱いているんだな。
うらやましいぜ、太郎君。

今回は凄く楽しいお話でした、そして柊の歪んだ願望と素直な想い。
柊を受け入れた太郎は今日も輝いて見えました。
どこへ向かうのか?えむえむっ。
こういうお話を 今後も途中に挟んで欲しいなと思いましたー。


いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 13:48 | Comment(2) | TrackBack(19) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

えむえむっ! 第4話「そんなこんなでカップルバカップル」感想

ポカーン??何だったんだろう?

えっ!?そこで マジギレ?
あれでは 生きるのが辛いですなー。
前回 素晴らしいストーリーを見せてくれたえむえむっ!ですが
ちょっと今回は理解しにくい所が散見されました。
行間を読む理解力が無い 私には少し辛かった感じでしたよ。
今回は 美緒が中心のお話ということなのかな?
太郎の治療はひと段落、そして今度は自らを神と名乗る美緒の治療ですね。
ドMの次はドSですか、一体どのように治すのでしょう?

いきなり美緒は 太郎とデートをすると言い出します。
どうやら 太郎の治療の為という名目ですがその真意は意外な所に
ありましたね。もう少し丁寧に心が惹かれていく所を描いてくれたら
良かったかなー。ちょっと突然でしたからね。
デート中に指示が出てそれに従うって以前TVでやってましたよね。
確か「未来日記」という番組でした。

そう言えば 私は観覧車とかの狭い空間に 自分の意思で逃げ出せない状態で
いることが とても苦手です。車の渋滞とか 本当に駄目なんですよね。
何かの病気じゃないか?と思う位でありますよ。
なので 普段も出来るだけ電車・飛行機を使って移動しています。
電車でしたら 乗っている間に本を読んだり
ちょっとした仕事を済ませてしまったりと時間を有効に活用できる気がしますよ。
どこでも車で移動しようとする人をみると なんてもったいない事をするんだろう?と
思ったりすることも しばしばです。
ドライブなら楽しいんですが 仕事で移動となると車は必要最低限しか使いません。

今回良かったのは 太郎が美緒を雨の中抱えて走るシーンと
美緒が太郎の好きな所を告白するシーンでした。
なんだかんだいっても優しい太郎ですね、ベッドの横に付き添う太郎の姿が良いですね。
そして 美緒がうわ言の様に本心を吐露するのも じーんと来ました。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(21) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

えむえむっ!第3話「君のためのドッグファイト」感想

どエム体質のお陰なのか?

間宮流マッサージというのを一度受けてみたいものだ。
この特殊技術を持っていれば稼ぎ口はいくらでも見つかりそうです。
間宮流ということは代々受け継がれる秘儀みたいなのが
ありそうですね、親戚一同マッサージ師ということなのでしょうか。
そういえば 先日 足踏みマッサージを受けに 日本橋に行ってきました。
これはドMなら毎日通ってしまうだろう、と感じましたよ。
キャーティアの様なメイド服を着た女の子に 身体を足で踏みつけられながら
マッサージを受けるという代物で こんな所を写真にとられたらヤバい光景となります。
砂戸太郎くんにも紹介したいお勧めスポットですね。

心を傷つけ 嵐子に「消えてしまいたい」と思わせた、あの先輩は
許せません、そして 先輩に立ち向かう佐渡太郎くんがカッコいいですよ。
この時のBGMが良かったなー。
心の傷は 何かのきっかけで傷口が開き 人を苦しめます。
目に見えないから やっかいですよね、だから加減が分からず
徐々にエスカレートしていってしまったりします。
小さな頃に受けた傷は大人になっても癒えないという事がありますね。
小学校の頃に苛められた相手を 大人になってから殺しに行くという
事件があった様な気がするのですが 根が深くなかなか取れない禍根と
なるからいけませんね。
身体的暴力よりも ある意味酷い暴力ですよ。
勿論、身体的暴力もいけませんけどね。
あの先輩はその両方の暴力を嵐子に振ってしまいました。
今回の 佐渡太郎の活躍で一時的には嵐子の心に平穏が訪れましたが
あそこまで酷い状態になってしまったら ハイ、気が済みましたでは
済まないですね。専門家に診て貰った方が良いと思います。

そして嵐子の為に立ちあがる佐渡太郎にちょっと泣けた、
ドMだから身体のつくりが違うと言ってましたがそんな事は無いですよね、
許せないという執念が彼を立ちあがらせたのだと思いますよ。
他のヒロイン達もナイスサポートでした。

噂によって傷つけられた心、それは主人公とて同じなのかもしれません。
嵐子に殴られた事によって一気に開花してしまったドMの才能。
その姿をクラスメイト達に見られてからは 殴られて悦ぶ変態としての
レッテルを貼られてしまいました。
このレッテルは 良いものならば喜ぶべきものなのかもしれません。
良くブランディング戦略とか自己啓発本にも出てくる内容です。
問題は このレッテルを どうとらえるか、レッテルの意味合いの
すり替えの条件付けをしていく内的な方法とレッテル自体を引きはがして
新しいレッテルを貼り直すという外的方法があると思います。
それと このアニメを見る際に 人間の行動は知的な計算をしてではなく
苦痛と快楽という本能によってきまるということを知っておくといいかも
しれません、そして苦痛>快楽という符号により行動しています。
そして苦痛と快楽を何に結びつけるかにより 行動も変える事が出来ます。
ここらへんのお話は過去、自己啓発記事で書いたかもしれませんね。

何だかとても考えさせられるお話で面白かったですよ。
ただ変態という個性を持ったキャラが暴れるという単純なお話では
なさそうですね。
今後のお話にも充分期待が持てるかな、と思いました。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(16) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

えむえむっ! 第2話「似たものどうしのディスタンス」感想

デリケートな問題を上手く表現出来ている気がします。
第1話・第2話と およそ普通の人間が出てこない。
(普通の定義とは?というのも曖昧ですけどね)
女装癖があったり男性恐怖症だったり、パラフィリアギリギリの
様々な心の問題を抱えている登場人物達が沢山出てきます。
第一話の感想記事で カウンセリングルームみたいだ、という事を
書かせて頂きましたが どうやらその色合いが濃くなってきたのを感じました。

嵐子の男性恐怖症は、男性の先輩に殴られた事が原因みたいですね。
男性恐怖症の原因は 父親や恋人からの暴力というケースも多いと
聞いた様な記憶があります。
嵐子のこのトラウマの原因を聞いた太郎くんが怒りに燃える姿が
良かったかな、なかなか正義感がある様です。
今後 嵐子の治療に太郎が一肌脱ぐという形になるのでしょうか?
男性恐怖症というと WORKING!のまひるが最近のアニメでは有名ですね。
まひるは 常に顔を赤めている状態です。
まひるの男性恐怖症は ちょっと違う所に原因がある様にも思えました。
まひるファンに怒られそうなので その原因について
私の妄想は書かないことにしておきます。
男性を思わず 殴っちゃうのは共通点かな?

女性専用車両は この電車には無いのかな、なんて無粋な事を
思ってしまいました。続けて何本も満員電車になる位に人口の多い土地に走る
電車ならありそうなものですが このアニメではそういう設定は無いんですね。
女性専用車両あったら 嵐子の男性恐怖症の表現が上手く出来ませんし。

太郎くんを犬として扱う嵐子、それに対して性的興奮を覚える太郎。
ヒューマン・アニマル・ロールプレイというBDSMプレイを楽しんで
いる様にも思えましたが これは勘ぐり過ぎかもしれませんね。
ちなみにBDSMとはボンテージ・ディシプリン・サディズム&マゾヒズムの
頭文字をとったものです。性的嗜好の中でも嗜虐的(しぎゃくてき)な性癖の
総称みたいなものです。

なかなかに面白い事をテーマに扱った作品なんでしょうね。
今までに この様なテーマを扱った作品には出会った事が無いので新鮮です。
今後の展開に期待感が膨らんだ第2話でした。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(12) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

えむえむっ! 第1話「直滑降ファーストライブっ!」感想

さて、そろそろ朝からアニメを見続けて
「僕 何やってるんだろう・・・」と思い始めましたw

続きましては えむえむっ!の感想でございます。
あずにゃんに罵られると聞いて
楽しみにしていたアニメでございます(嘘)
世の中には色々な性癖の持ち主がいらっしゃいますね。
ドMなんてのは まだ一般的な性癖だと思います。
主人公は 自分がドMな事に悩んでいるようですが
良いじゃないですかドMで。
或る意味ドSな人とカップルになったら毎日幸せじゃない?
でも 本人はとても悩んでいるんですね。

第2ボランティア部と言う事は 更に上をいく
第1ボランティア部があるんじゃないかと期待。
僕はこの部室を心理カウンセラールームみたいだなと思ってみてました。
他人の悩みを聞くのって実際凄い大変な事だと思うんです。
友達の悩みを聞くのさえ大変なのに、見ず知らずの方から
何とかしてくださいー、と言われても困っちゃいますよね。
そして世の中には色々な偏見があります。
ヘクトクライムという言葉はご存知でしょうか?
特定の性癖や思想などに対する偏見から言葉の暴力や
酷い時には暴行を起こしてしまった犯罪の事です。
なぜ 偏見が起こるのか?
それは一人一人と向き合う事をしないからだと思います。
ステレオタイプにこの属性の人はこういう人が多いから
この人もそうに違いない→だから気持ち悪いなど。
世の中では オタクな人もそう思われている節があるかもしれませんね。
なかなか難しいかもしれませんが まずは対話が必要なのかな。
色々考えさせられるお話でした。

2話以降の展開によっては 凄く楽しめる作品になると思います。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
posted by もっち- at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(19) | えむえむっ!感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。