記事が面白いと思った方は アニメ感想バナーをポチッとしてもらうとヤル気が出ます。                 他の方の素晴らしいアニメ感想をお読みになりたい方もこちらからお入り下さいませ。              Twitter始めてます、アカウントはenkaigakariです! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2011年05月05日

ポケットモンスターベストウイッシュ 「リグレーと未確認飛行物体!」感想

今回も良い話過ぎる・・・ううっ ホロリ。 そしてリグレーちゃん かわええ///
ネタバレを含む感想となりますので、気にされる方はこれ以上読み進めない方が
良いかもしれません。

ライモンシティへの長旅に備え、ゆっくり眠っているサトシたちの元に、
突如謎の飛行物体がものすごい光を発しながら飛んできた。
その動きはまるでUFOのよう・・・。
夜が明けてすぐ、その謎の飛行物体の情報を聞いて回ることにしたサトシたちは、
イモリという名の博士が町外れの研究所に住んでいると聞かされる。
話を聞くため、研究所に向かおうとしたサトシたち。
だが、目の前まで来たところで3人を不思議な現象が襲う!
突然頭の中に、見たこともないイメージが浮かんだのだ!
急なことに不安がる3人。そして、その様子を物陰から見つめる影が。
指先のライトを不規則に点滅させる"ブレインポケモン"リグレーだ・・・!
                    (公式HPあらすじより)

いやー、今回も良かったですね。
イモリ博士とリグレーとの心温まる交流に思わず涙を誘われました。
考えると、イモリ博士とリグレーは似ている所がありますね。
まず、イモリ博士は周囲の人間との係りを避けていました。
自分の事は理解されないのだと、自ら心を閉ざしてしまった様に感じました。
しかし、心の中ではUFOに対する夢、情熱に燃えています。

そこに、神様が引き合わせたとしか思えない様なポケモン「リグレー」との出逢い。
リグレーは、言葉が喋れません。イメージを頭に送ったり、手の光の点滅で
自分の感情を表現しようとしてました。しかし、そのリグレーの点滅パターンからは
感情を読み取ることは過去の研究においても、イモリ博士の努力を持っても
難しいものでした。
どうでしょうか?イモリ博士とリグレーの共通点が見えてきたのではないかと思います。
イモリ博士もリグレーも 他の人の胸に夢やイメージを刻んでいます、
しかし、その胸中は中々理解されるものではありませんでしたね。

また、イモリ博士とリグレーの相違点も見られました。
それは、イモリ博士は空を向いて リグレーと共に宇宙へ飛び立とうとしています。
それに対して、リグレーはこの土地を向き、博士と共に過ごす時間を嬉しく
そして これからも そうしたいと願っていたのでした。上と下と向いている方向が違いました。
しかし、今回の事件で同じ方向を向くことが出来る様になりましたね。
リグレーの想いに思わず、ホロリとさせられましたお話でした。
最後に現れた本物のUFOは、もしかしたらリグレーを宇宙に迎えに来たのかもしれませんが
そんなリグレーの想いを理解し 宇宙へ戻って行ったのかな?

ロケット団達によりリグレーを攫われて、取り戻すことに必死なイモリ博士と
協力するサトシ達の連携プレーという見せ場も良かったです。
これからもイモリ博士とリグレーが幸せに暮らせますように!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

ポケットモンスターベストウイッシュ「恋するモンメンは風に乗って!」感想

久しぶりのポケモンベストウィッシュ感想です。
いやー、やっぱり面白いですね。はずれ回が無いのがこの作品の凄いところです。
以下、ネタバレを含む感想となりますので、気にされる方はこれ以上読み進めない方が
良いかもしれません。

サトシたちがいつものようにバトルの特訓をしていると、
1体の"わたたまポケモン"モンメンが現れた。
デントが言うには、この時期になるとモンメンは集団で行動し、
カップルになって飛び立っていくらしい。
このモンメンはその群れからはぐれてしまったようだ。
しかしそれには理由があった。ズルッグが草の茂みの先でもう1体モンメンを見つけたのだ!
どうやら最初に出会ったモンメンは、このモンメンのことが好きで追ってきたようだ。
カップル成立のためには自分の強さを見せつけなければいけないのが、モンメンたちのルール。
だが、最初に出会ったモンメンはバトルにあっさり負けてしまう。
悔しそうに追いすがる姿を見たサトシたちは、バトルの特訓をすることに・・・。(公式HPあらすじより)

あえて言おう!モンメンがイケメンになったと!
と、寒いギャグから久しぶりに始めさせて頂くポケモンベストウイッシュ感想でございます。
今回は、厳しい自然の掟をテーマに描かれたお話でありました。
意中のメスポケモンとカップルになるには、己の強さを見せつけなければならないという
厳しい世界がそこにはありましたね。
サトシ達が出逢った1体のモンメンは、気は優しいのですがちょっと強引さに欠ける
草食系のモンメンでした。しかし、彼はサトシ達との特訓によりメキメキと力を付け
見事 意中のメスポケモンとカップルになりましたね。

最初、このモンメンは意中のメスモンメンを傷つけたくなくてワザと攻撃を
外したのかなとも思いましたが、どうやらコツが分からなかっただけの様でした。
こういう戦闘のコツをポケモン達は、誰かから教わるものなのでしょうかねー。
モンメンのオスは 他のモンメン達に自分より強くなられては困る訳ですから
そういう 訓練とかはしないのかもしれません。
他のオスに強くなられては 自分の意中のメスポケモンとカップルになれないですから。
今回 カップルになったモンメンばかりが くるくると風にのって嬉しそうに
していましたけど、その陰にはもしかしたら 寂しいオスモンメン達がいるのかな?
そう 考えると自然の厳しさを思い知らされます。

また、今回 アイリスがずっと食べていたリンゴ、これも気になるアイテムでした。
何故、アイリスはしきりに食べていたのかな?
これも 考えると面白いかもしれません。人間もポケモンも欲深い生き物ということなのでしょうか。

と、今回は 風に乗ってふわふわしているモンメンが可愛かったです!
サトシ達は モンメンとの特訓の成果を感じ祝福していたましたね、両者とも とても嬉しそうでした。
ではでは、次回の放送も楽しみですね。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年03月26日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第24話「かわいい顔に要注意!エモンガでシビレビレ!!」感想

あれ!?なんでベルがいるの?
どうやら私は前回の放送を見逃してしまったみたいです。
今週は放送は無いみたいという情報を鵜呑みにしてしまった自分が恥ずかしい。
前回分は また機会があれば感想を書きたいと思います。
どうやら公式HPを見るとアーティーさんとのジム戦だった様ですね。
キィー、悔しい!見たかったぁー。
いつもの様にネタバレ感想となりますので 気にされる方はこれ以上
読み進めない方が良いかもしれません。

ライモンシティへ向け、ベルと共に旅立ったサトシたちの前に
1体の"モモンガポケモン"エモンガが現れた!
キバゴが落としたきのみを拾ってくれた
エモンガの愛らしい仕草に、ポケモンたちもすっかり虜。
そんな可愛らしいエモンガを見て大興奮のベルは、
さっそくゲットしようとバトルすることに!
しかし、メロメロで相手を翻弄するエモンガのバトルに歯が立たず逃げられてしまう。
慌てて追いかけるベル!そしてなぜかキバゴも一緒に追いかけていってしまった。
どうやら優しくしてくれたエモンガにお返しがしたいらしい。
しかしこのエモンガには思いもかけない秘密があった・・・。
                         (公式HPあらすじより)

では 最初に私の近況報告からさせて頂きたいと思います。
(感想とは余り 関係なくてすみません!)
私は今週の月曜日に大阪から東京に引っ越してきました。
毎日余震があって ビクビクしながら過ごしていますよ。
しかし、東京は買い物や仕事をするには便利な場所の様な気がします。
交通網が発達しているのでどこに行くにも便利だな、と感じていますよ。
電車もバスも本数が多いので楽ですねー。
また、噂には聞いていましたが本当にコンビニに何も無い状態のお店が
多いです、特に水やカップラーメンの棚が空のところが多い気がします。
これが噂に聞く買占めなのかーと思いました。
あ、あとは 調子に乗って秋葉原には既に3回ほど行ってしまいました。
(いや、用事があって行ったのですけどね!)
と、前置きが長くなってしまいましたが アニメの感想に入りたいと思います。

折角なので 近況報告と少しリンクさせながら感想を書いていきますね。
今回は エモンガがとても可愛らしけれど 
少し腹黒なところがある小悪魔系ポケモンであるということが分かりました。
どうやら エモンガが赤い木の実が大好物の様です。
皆の持っている赤い木の実を メロメロを使ったりワザと恩を売ってお返しに
木の実をアイリスから貰おうとしていました。
食料を 他人から奪ってというよりも 自分の持っている技などで
自分にあげようという気にさせていましたね。
こうして 買占めでは無いですが自分がお腹が一杯になれば
それで満足というエモンガ、ポケモンも人間も生きて行くには食糧が必要です。
しかし、そんなに沢山いるのか?
他の人の分まで手に入れておこうとしていないかを
今回のお話を観て感じました。
対照的に描かれていたのは キバゴでしたね。
キバゴは 自分の分は1個として 食べたかったはずのエモンガに木の実を食べさせて
あげようともう一つの木の実を必死でエモンガに届けていました。
それからは キバゴの表裏のない、ベルのいう所のデザートはこうあるべきという
飾られたものではなく 純粋な素材そのままの様な木の実そのものの様な
気持ちで エモンガと接するうちに エモンガの心を開かせていきました。
今回はキバゴの純粋な気持ち、相手を想う気持ちが伝わってきて嬉しくなりましたね。
それに応えるエモンガも良かったです、ぽぽぽぽーんという感じでした。
そしてベルは 自分の都合だけで動いていました。
相手の気持ちなどお構いなしに 自分の都合だけで最後には失敗。
今回のベルの役どころが 何を風刺していたのかは敢えて言いません。

今回は 登場人物たちの表情もコミカルに描かれる場面が多く楽しめました。
エモンガの表情も動きも可愛らしく ポケモンとしての能力も優れているようなので
これからの旅に エモンガが加わったことが嬉しいです。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年03月13日

ポケットモンスター ベストウイッシュ 第22話 「ヒウンシティ! フシデパニック!!」感想

私もタブンネになりたい、癒しの波動を発したいな。

ようやく辿り着いたヒウンシティ。
イッシュ地方の中心と呼ばれる街なだけに、巨大なビルが立ち並んでいる。
サトシの目当てはもちろんアーティとのジム戦・・・だったのだが、
たまたま街の中で出会ったアーティは、どうしても気になることがあり
ジム戦どころではないという。
その内容とは、街にいるむしタイプのポケモンたちの様子がおかしいということ。
原因を探るべく共に行動を開始したサトシたちは、地下水道にたどりつく。
するとそこには1体の"ムカデポケモン"フシデの姿が。
しかも、アーティの言うとおり落ち着かない様子で敵意をむき出しにしている!
そして、この異変には恐るべき事実が隠されていた!!
                (公式HPよりあらすじ)

フシデは自然と共に暮らすムカデ型のポケモンなのですね。
どうしても 風の谷のナウシカの王蟲を想像してしまいます。何となく形も似ていますし。
今まで暮らしている地域に不自然な力があるとなれば 別の安全な場所へと
群れを移動して安全を確保するというのは ポケモン達にとっては自然な事ですよね。
しかし、フシデ達はその原因を人間達にあると思っていたのかもしれません。
人間達が不自然な力で 自分の住む場所を脅かしたと考えているのでしょう。
それであんなに怒っていたのでしょうね、更に シューティー達が理由も分からずに
攻撃を仕掛けてきたとなれば怒って当然ですね。
実際には ロケット団達が起こしたことだったはずなので それも当たっています。
しかし、シューティーや町長にしてみたら 
フシデは人間に害をなす害虫としか思えないのも分かる気がします。
フシデも人間達も同じ生き物ですから、自分を脅かす敵は
排除したいと思うのは当たり前のことでしょうね。
問題は お互いに話合いを持つことです。
トレーナーは本来ポケモンの気持ちを理解して 
人間とポケモンの架け橋を果たす役割を持っていると私は思っています。
そう考えるとポケモンバトルの腕は シューティーの方が上かもしれませんが
ポケモントレーナーとしての資質はサトシの方がずっと上だと思いますよ。

今回もサトシは体当たりでポケモンの信頼を得ることが出来ました。
しかし、サトシは本当にタフですねー。今回は毒にやられてかなりまいっていましたが
毒消しで治って良かったです。そういえば、アイリスは薬をつくる事が出来た様な覚えが
あるのですが あの毒消しもアイリスがつくったのかな?

今回は純情ハート好きなアーティと再会できて嬉しかったです。
私は アーティさんが結構好きなんですよ。純情な優しい心を持った人物だと思っています。
今回も サトシの純情ハートがアーティさんの気持ちに火を付けたようですね。
サトシは それぞれの立場に立って相手を思いやって行動できる凄い人です。
そんな サトシに触れ合う人は思わず応援したくなってしまうんでしょう。
最初は 無駄な事をしていると馬鹿にしていたシューティーも
サトシ達の行動を見て フシデを群れに還すことに協力していました。

次回は最近裏で動いていた ロケット団とサトシ達が対決するのでしょうか?
どうやらロケット団のボス?らしきサカキという人物も飛行機でやってきた様ですし
意外と苦戦するのかもしれませんね。
サトシ達には頑張って ポケモン達の平和を取り返して欲しいです。
そして フシデ達が安心して 砂漠に還って平和に暮らせる日を取り戻して欲しいな。
次回も楽しみですね!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年03月04日

ポケットモンスター ベストウイッシュ 第21話「スカイアローブリッジとゴチルゼル!」感想

良い話だなぁー、いやー 今回のお話は泣けてきましたよ。
ネタバレを含む感想となりますので まだ視聴されていない方は
これ以上読み進めない方が良いかもしれません。

ヒウンシティへと続く巨大な橋『スカイアローブリッジ』にたどりついたサトシたち。
だが、橋には霧がかかっていて見通しが悪くなっていた。
どうしても先を急ぎたいサトシたちは、お構いなしで橋を渡り始める。
すると、霧の中から"てんたいポケモン"ゴチルゼルが現れ、
サトシたちに攻撃をしかけてきた!
仕方なくツタージャで応戦するも、突然あたりが光に包まれ
、気付いた時には再び橋のふもとへと戻されていた。
しかし、よく周りを見てみるとなにやら様子がおかしい・・・。
不安がるサトシたち、そこにサリイという名の一人の少女が声をかけてきた!
そしてそのサリイの横には、サトシたちを襲った
ゴチルゼルが笑顔で立っているではないか!
               (公式HPよりあらすじ)

何でもない様な日々が幸せだったと思う、いつも通りの日常を過ごせるということは
あとになって振り返ると とても幸せなことだと感じるものですね。
しかし、いつまでもそこに立ち止まっていてはいけない、変わることを受け入れるのも
大事なことです。サリーが立派に医師になり スカイアローブリッジに帰ってきて
ゴチルゼルは嬉しかったのでしょうね、大好きなサリーが変化を受け入れ
成長して自分の元に再びやってきてくれた。それはゴチルゼルにとって自分も
変わること、成長することが大事だと気づかせてくれたのでしょう。
私はゴチルゼルは 一人ごちる、独り言をいうポケモンだと名前から想像していました。
その想像は当たらずとも遠からずと言った感じで、一人で自己完結の世界=閉じられた世界を
ゴチルゼルは作り出していましたね。
楽しい日々を忘れない様に、思い出に縛られていたゴチルゼルですが
サリーと過ごした時間が余程大事だったのでしょう。
それを守るために ゴチルゼルは一人で頑張ってきたのですよね。
あの橋さえなければずっとサリーと楽しい日々を送ることが出来た筈と思っていたのですね。
しかし、楽しい思い出は 過去にもありますが 未来にもあるはずです。
これから作って行けば良いじゃありませんか、もっと楽しいことが未来には待ち受けているはずです。

サリーとゴチルゼルが 違う場所で楽しい時間をそれぞれつくってくれることに期待したいです。
スカイアローブリッジは 2人を繋ぐ架け橋でもあり それぞれの旅立ちの場所でもあるんですね。
いやー、今回は本当に感動的なお話でありました。

次回はいよいよヒウンシティに サトシ達は突入ですね!
そこには一体どんなポケモンとの出会いが待ち受けているのでしょうか?
これから サトシ達も良い出会いと思い出をつくって行ってほしいものですね♪

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年02月24日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第20話「ピカチュウVSメグロコVSコアルヒー!!」感想

星になったアイツ元気でいるかなー。
ネタバレを含む感想となりますので、まだ視聴されていない方は
これ以上読み進めない方が良いかもしれません。

タマゴからかえったばかりのズルッグと特訓中のサトシとピカチュウ。
一息ついてランチにしようとしたその時、トンネル状の落とし穴に落ちてしまった!
行きついた先に待っていたのはいつかのサングラスをかけたメグロコ!
どうやらピカチュウにバトルを挑むため、穴に落としておびき出したようだ。
やる気満々のメグロコを前にバトルを受けることにしたサトシとピカチュウ。
だが、そこに1体の"みずどりポケモン"コアルヒーが現れ、
メグロコのサングラスを奪っていってしまった!
実はこのコアルヒー、とんでもないいたずら好きで
次から次へとサトシたちを困らせるいたずらを仕掛けてくるのだが・・・。
         (公式HPあらすじより)

他の人にしてみれば、何であんなものを大事にしているのか分からないという物が
あるかもしれません。でも、その人にとってみれば大事な世界で唯一つのものという場合も
ありますよね。物には想いが詰まっています。
そんな大事な物を人から奪っていいはずがありませんね。
コアルヒーは、そこを分かっていません、ただ面白そうだからピカピカ光って綺麗だからと
いう理由でサトシやメグロコから大事にしているものを奪っていきました。
更に、素直に返してくれる素振りを見せて 攻撃を仕掛けてくるとは
かなり性格が悪いポケモンですね。姿は可愛いですけどだまされないぞぅ。
生きていく上で大事なことは、実は幼い頃に覚えたことが多いのではないでしょうか?
挨拶はしっかり、ごめんなさい、ありがとうをキチンと言おう、などなど。
小学校に上がる前に覚える人生で大事なことです、しかし人は年を重ねていくうちに
そんな当たり前のことを忘れて行ってしまうこともあるのでしょうね。
キチンとすることがカッコ悪い、なんて小学生高学年にもなると思ったりする場合も
あるように思えます。
また、ミジュマルは、シェルブレードをこんなもの!と地面に投げつけますが
すぐに拾ってお腹に付けて満面の笑みを咲かせていました。
捨ててから・失くしてから分かる大事なもの、それを取り戻すと笑顔になれるという
今回のお話のテーマだと思えるものを暗喩してくれていた気がしますね。

ズルッグはいつの間にか他のポケモン達と仲良くなったようです。
サトシというポケモンにとっては親の様な存在の影響が大きいのでしょう。
親の影響は、子供にとって大きな意味を持ちますね。
子供と親、2人で一緒に見るのに適したストーリーだったと思いました。
毎回、何かの教訓を私たちに伝えてくれるポケモンベストウイッシュは見ていて楽しいです。
メグロコのサングラスをとったらつぶらな瞳で気弱な性格になるという設定は面白かったですね。
かえしてかえして、と訴えるメグロコにきゅぅーんと来ました。
次回は レインボーブリッジを閉鎖じゃなくて、スカイアローブリッジを閉鎖ということですが
その橋で何が起こったのか気になる所であります。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年02月17日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第19話「ソムリエ対決!イシズマイVSフタチマル!!」感想

待ってました、2週間ぶりのポケモンベストウイッシュですね!

以下、ネタバレを含む感想となりますので、まだ視聴されていない方は
これ以上読み進めない方が良いかもしれません。

ヒウンシティへ向かう道中、サトシたちの目の前に飛びこんできたのは、
新たにオープンしたフレンドリィショップ!
ワクワクしながら中を見ていると、フロアの奥に行列が出来ていた。
どうやらそこでは、公認ポケモンソムリエがトレーナーとポケモンを
テイスティングしてくれるらしい!
興味津々のサトシがさっそく中へと入っていくと、一人の女の子が待ちかまえていた。
彼女の名はカベルネ。ちゃんと公認のソムリエ資格を持っているという。
そんなカベルネに自慢のポケモンたちを差し出すサトシ。
だが次の瞬間!目を細め、ポケモンずかんを向けたカベルネの口から
耳を疑うような言葉が飛び出した・・・!
                  (公式HPあらすじより)

今回はポケモンソムリエについて説明がありましたね。
今まで私はデントが自分で勝手に自分はポケモンソムリエだ、と言っているものだと
思っていました。しかし、どうやらポケモンソムリエは公式な資格として
存在しているんですね。ABCクラス、更にはSクラスという階級まである
ちゃんとした資格だったとは驚きました。
これは ワインのソムリエとも少し似ていますね、
ワインのソムリエにも階級があったと記憶していますよ。

カベルネも 自分のポケモンの事が大好きだったのに、デントに自分のポケモンに
対して悪く言われたのが頭に来たのですね。
誰でも自分が大切にしているものを悪く言われるのは気持ちが良いはずありません。
自分の好きな気持ちは誰かにとやかく言われたくないものです。
ましてや、旅を共にするポケモン達はトレーナーにとっては
かけがえのない友人やパートナーといったものなのでしょうから
カベルネが頭にきたのは無理がありませんね。
何かを批評する、評価するというのはこうした一面を持っているのだと
私も肝に銘じておきたいです。
色々な作品の感想をこうして書いていますが、出来るだけ良い面に目を向けて
行こうと今回感じました。

また、カベルネが凄いのは デントの言葉に奮起し見返してやろうと
ソムリエの勉強をしてきちんと資格に合格したところですね。
これは カベルネの凄い所ですね、批評をされてそこで落ち込むだけでなく
次のアクションに繋げていました。向上心があって、努力もガッツもあります。
彼女ならいつかはSクラスのソムリエになれるかもしれないですね。
本当のポケモンソムリエとは デントの様にポケモン鑑定を通して
ポケモンとトレーナー自身の成長を促す存在なのかもしれません。
ただ、悪い・良いではなくて ここをこうしたらもっと良いのではないのか?と
アドバイスをするためには キチンとポケモンとトレーナーに対して
向き合わなければならないでしょう。
本当のポケモンソムリエとは アドバイザーの様な存在なのかもしれませんね。

今回は作品を見て感想を書いている自分にとって大変感じ入るものがありました。
キチンと作品を向き合えているのか?理解しようとしているのか?
再度自問しながら 今後も様々な作品に出逢っていけたら嬉しいです。

次回は どうやら新しいポケモンが登場するみたいですね。
いたずらが好きなポケモンの様ですが、どんな個性を持っているのか?
楽しみにしたいと思います。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年01月27日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第18話「ヤグルマの森!クルミルとアーティ!!」

ハハコモリが 優しいお母さんの様で良かったです。
以下 ネタバレありの感想となりますので 気にされる方は
視聴されてから読み進めることをお勧め致します。

次なるジムのあるヒウンシティへ向けて旅を続けるサトシたちは、
ヤグルマの森で、1体の"さいほうポケモン"クルミルに出会う。
負けん気が強いクルミルのゲットに燃えるサトシは、森の奥へと一直線!
その結果、迷路のような森に迷い込んでしまった!
どうにかして元の道に戻ろうと奮闘する3人は、高い木の上から道を探すことに。
だが、サトシが見つけたのは元の道ではなく、
木の枝にぶら下がる巨大な葉っぱのかたまり!そして次の瞬間!
葉っぱがほどけて中からヒウンジムのジムリーダー・アーティーが颯爽と現れた!!
話を聞きながら共に森を進んでいくと、そこにはさっきのクルミルが・・・。
                  (公式HP あらすじより)

自然と共に生きる、森の中のポケモン達の行動は忘れかけていた何かを
思い出させてくれました。
寝て食べて そしてまた寝て食べる、生き物とは本来このような姿をしている
のかもしれません。人間は寝ないで働く、食べないで動くということを時に
行いますが これは自然の摂理に反するのでストレスが溜まるんですよね。
芸術家のアーティーは創作活動に行き詰ったと言っていましたが
ストレスを解消するために森のポケモンと同じように行動するという行為を
しているのかもしれないな、と思いました。
アーティーはヒウンジムのジムリーダーということですが ヒウンとは
飛雲のことなのかもしれませんね。風に吹かれて飛んでいく雲、自然の流れに
身を任せて飛ぶ雲の様に生きて行けたら素晴らしいと感じましたよ。

さて、今回 サトシはポケモン クルミルからモテモテでありました。
ポケモンたらしのサトシであります、自分の身の危険も顧みずに
谷底に落ちていくサトシを見た時には思わず合掌をしてしまったのですが
相当に頑丈な身体の持ち主らしいサトシは無事にクルミルを救出。
胸を撫で下ろしました、クルミルを守るために自ら攻撃を浴びたり
ピカチュウの電撃をくらったりと今回は相当にハードな場面が多かったですね。
ポケモン達の攻撃は実は人間にとってみればそれほど大きなダメージを
与えないのでしょうか?それとも やはりサトシが例外的な防御力を持ちあわせて
いるということなのでしょうか?

また、ポケモンは6体を超えるとポケモンセンターでポケモンを預けないと
新たにポケモンをゲット出来ないという事が分かりました。
これはゲームの設定と同じなのかな?
確かに 際限なくポケモンをゲット出来たら 人間にポケモン達は絶滅させられる
心配もありますからねー。納得の設定でした。

さて、次回はポケモンスペシャルということで1時間の放送となる様です。
ダイヤモンドパールの特別編という内容みたいですが 楽しみですね!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年01月20日

ポケットモンスター ベストウイッシュ 第17話「タマゴからかえったあばれん坊!」感想

良い話だなー。ちょっと泣けた。
ここからはまだ視聴されていない方は読み進めない方が
良いかもしれません。

幼稚園の先生、ユリを助けた時にもらったタマゴに異変が!
カタカタと揺れながら光るその様子にみんな興味津々。
特にキバゴは新しい仲間が増えてうれしいのか、ひときわ熱心にその様子を見守っている。
点滅が早くなり、いよいよタマゴがかえるかというその時!
嬉しさのあまりはしゃいでいたキバゴがタマゴにぶつかってしまった!
斜面をものすごいスピードで転がるタマゴ!急いで追いかけるサトシたち。
しかしますます加速するタマゴは、岩肌で跳ねて空中に飛び出してしまった!
このまま落下したらタマゴが割れてしまう!
突如訪れた大ピンチ!一体どうなってしまうのか!?
                  (公式HPあらすじより)

いつ卵からポケモンが生まれてくるのだろう?と思っていましたが
今回やっと生まれてきましたねー。
そういえばあの卵は幼稚園の先生がサトシにくれたのでしたよね。
この卵の跳ね具合は凄いですねー、スーパーボールみたいでした。
そういえば トカゲの卵もかなり跳ねた様な曖昧な記憶があるのですが
どうだったかな?ピカチュウのナイスキャッチで岩にぶつからずに済んで良かったです。
そして生まれてきたのはズルッグという一癖あるポケモンでした。
いきなり睨みつけて頭突きをしてくるとは困りものですね。
しかし、根性は人一倍あるようで期待出来ます、夜中にひとりで頭突きの練習をしたり
負けたのが悔しくて再戦を挑もうとしたりしていました。
思うにこのズルッグというポケモンは希少なポケモンではないだろうか?と思いました。
相手と自分の実力を測らずにどんなポケモンにも果敢にというか無謀にアタックして
いきますね、当然生まれたての弱い時期にかなりの確率で他のポケモンに殺されて
しまうのではないかと思います。
そういえば、今までの放送でポケモンが死んでしまった場面がないのですが
ポケモンて死なないのかな?サトシの様なトレーナーが付いていない野生のポケモンは
ポケモンセンターに運ばれることなく息絶えていくというケースが当然あるのだと
思うのですが… どうなんでしょう。
また、ポケモンは卵から生まれてくるんですねー。
これは全てのポケモンに当てはまるのでしょうか?卵以外から生まれるポケモンは
いるのかなぁ。色々な疑問が頭に今回浮かびましたよ。

そして、サトシとアイリスのポケモン達は良い奴ですねー。
最悪の初対面を果たしたにも関わらず、ズルッグを助けに駆けつけてくれました。
そしてみんなの息の合った攻撃、そして満足そうな笑顔が最高でした。
ズルックは学校の友達で言えば、弱いけどケンカ腰なやんちゃ坊主といった感じです。
その態度のせいで増々孤独になってしまうのが普通ですが、サトシ達は違いましたね。
そんなズルッグを温かく受け入れてくれました。
こんなタイプのポケモンを育てるのもサトシにとっては良い経験になると思います。
卵の中身を知っていて幼稚園の先生は、サトシに卵を渡したのかもしれませんね。

一緒に強くなろうな、サトシは凄い人間だなー。
ポケモン達を心から信じているんですね、こういう人間になりたいと思いました。
こんな態度を取られたら、ひねくれたポケモンもサトシを信じてみようと思いますよね。
今回も素晴らしいお話でした。次回は なんとジムリーダーが登場!?
楽しみにしたいと思います。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年01月13日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第16話「再戦シッポウジム!新技炸裂!!」感想

負けた悔しさをバネに頑張る姿はとても感動的でした。
ここからはネタバレとなりますので まだ視聴されていない方は
読み進めない方が良いかもしれません。

2個目のバッジをかけたアロエとのジム戦。
しかしサトシは、『ほえる』と『くろいまなざし』の
コンビネーションの前に敗れてしまった。
リベンジに燃えるサトシは、バトルクラブでドンジョージの特訓を受けることに。
もちろん、ポカブとミジュマルも一緒だ!
まずはポカブと、アロエのヨーテリーが使う
強烈な『シャドーボール』に見立てたボールをかわす特訓をし、
続けざまにミジュマルと水流に逆らってプールを泳ぐ特訓を行ったサトシ。
新たなわざを身につけた2体と共に、再びシッポウジムへと向かう!
だが、相手は百戦錬磨のジムリーダー。バトルは思わぬ展開に・・・。
  (公式サイト あらすじより)

いや〜、ポカブ・ミジュマル頑張った!
大変感動的な 熱いバトルでありました。
思えば サトシは いつも前向きですねー。
負けたからといって諦めずに どうしたら勝てるかを考えます。
そして 素直にアドバイスを聞き入れてどんどん成長していきますね。
よく出来ない理由を考えるのはとても上手だけれども
どうしたら出来るようになるのかを 考える事を放棄してしまう人がいますが
サトシの姿を見てほしいな、と思います。
サトシと一緒のポケモン達も そんなサトシの姿勢に感化されてなのか
厳しい訓練を共に頑張っていました。
ポケモンバトルなので 本来はトレーナーも一緒にトレーニングする必要性は
あまり感じられない気もしますが サトシは自ら進んでポカブ・ミジュマルと
トレーニングを積んでいましたね。
ポケモン達と共に頑張るサトシの姿はトレーナーとしても人間としても
素晴らしい資質を持っているのだと思います。
上司にしたいアニメキャラというランキングがあったら個人的にサトシに
投票したいくらいでありますよ。

また今回はバトルが素晴らしかったです。新しい技を覚えたポカブとミジュマルが
大活躍でしたね。ポカブが今回覚えた技、ニトロチャージは以前ポカブの進化系の
チャオブーが使っていたと思います。
どうやらポカブにしてもミジュマルにしても進化をするようですね。
今後の冒険で 進化した姿になるのか、楽しみにしたいと思います。
見た目は今のままの方が可愛くて良いとは思うんですけどね。
アロエさんも サトシとポカブ・ミジュマルの健闘に嬉しそうでした。
きっと アロエさんもサトシの進化系がみたいと思っているのでしょうね。
サトシの進化系はあるのだろうか?どうやら歳をとらないキャラらしいですが・・・

と、今回もとても面白かったです!
次回はいよいよ卵が孵って キバゴと喧嘩しちゃうのかな?
心配ですねー。みんな仲良くね!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2011年01月06日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第15話「シッポウジム戦!VSジムリーダー・アロエ!!」感想

新年あけましておめでポケモン!
君のベストウイッシュが叶う年になりますように!
(まだ今回のお話を観ていない人はこれ以上読み進めない方が
 良いかもしれません)

博物館の奇妙なナゾを解決したサトシたち。
ジムリーダー・アロエとも出会い、いよいよ待ちに待ったジム戦!
だが、フィールドに辿り着くには、アロエが出すミッションに答えなければいけないらしい。
思わぬ展開に戸惑いながらも、なんとかクリア!ようやくバトルフィールドへ。
ノーマルタイプのポケモンの使い手であるアロエは、
ミルホッグとヨーテリーを使うと高らかに宣言。
自分の手持ちを相手に見せて、その反応を伺うのがシッポウジムのスタイルらしい。
サトシも心に決めた2体のボールを握り、いざ、バトル開始!
アロエが最初に出したのは"こいぬポケモン"ヨーテリー!
一方サトシはポカブを送り出す。
しかしこのバトル。まさかの展開が待ち受けていた・・・!
           (公式HP あらすじより)

いやはや ポケモンバトルは頭脳戦でもあるのですねー。
今回のジムリーダーのアロエさんは なかなかの策士でありました。
アロエさんは この本とか良いんじゃない?と挑戦者にジム戦へのヒントを
与えていたのには驚きました。
しかし、他の挑戦者は あれではいつになったらあの本のからくりに気が付く事が
出来るのでしょうね。あれだけ本があったら なかなかあの本に触ることは無いと思います。
素直なサトシは お勧め本を薦められるがままに手に取りました。
素直な心を持つことは 成長出来る人の特長かもしれませんね。
これからのサトシの成長に期待が出来るというものです。
そんなサトシの姿に アロエさんも心なしか嬉しそうでしたね。

そしてバトルは アロエさんの戦略勝ちでありました。
強制的にポケモン入れ替え・ポケモンボールに戻れなくするという流れは
見ていて こういう戦略もポケモンバトルではとることが出来るのだと
驚きました。相手トレーナーの最初に考えたバトル展開が この方法を
とられると大きく変わってしまいますからね。
臨機応変にバトルに臨むことが出来ないと手も足も出ない。
それと ミルホッグとヨーテリーはスピードもある様なので
アッという間に これでは負けてしまいます。
あるがままに受け入れてその状況を素直に受け入れ分析し
次のバトル展開を 考えなくてはいけないのでしょう。

また サトシは落ち込むポカブやミジュマルに対して
自分が悪かった、良く頑張ってくれた、と言っていたのには感動しました。
トレーナーの中には 負けたのはお前が弱いせいだとポケモン達に
あたる人もいるでしょう、サトシと一緒に旅をするポケモン達は幸せですね。
以前 ポケモン達にやたらと好かれるサトシの姿が描かれていましたが
今回の サトシの姿を見て納得しました。
ポケモン達も どのトレーナーが自分を大事にしてくれるかを
見極める野生の勘というのがあるのかもしれません。

ノーマルポケモンということは クセがないということですよね。
あるがままを受け入れる、素直になるということ。
これをアロエは バトルを通じてサトシ達挑戦者に伝えたいのでしょう。
大きな愛で包み込む母の姿をアロエがしているのは
それを体現している様で見ていて面白く感じました。

さて 次はジムで特訓です、ひと廻り成長したサトシ達が見れそうで
今からわくわくしてきましたよ。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年12月23日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第14話「シッポウシティ!博物館で大冒険!!」感想

2011年の予告が熱かった!
無茶苦茶 気になる内容がこれからも目白押しということだな。
ポケモンから目が離せない年になりそうです。
以下ネタバレありです、気にされる方はこれ以上読み進めない方が良いかも。

ついにシッポウシティに到着したサトシたち。
当然目指すは、シッポウジムで勝利して2個目のバッジをゲットすること!
気合満点のサトシと共に、いざシッポウジムへ!
ところが、博物館を兼ねたシッポウジムの扉は固く閉ざされていて、しかも何だか様子がおかしい・・・。
中を確認しようと扉に手を掛け、のぞきこんだその時!
長い廊下の向こうから悲鳴をあげて一人の男性が走ってきた!
あわたふためくその男性の名はキダチ。
どうやらこの博物館の副館長で、とんでもないことに巻き込まれているのだという。
そんなキダチの話を詳しく聞いてみると、なんと博物館中でおばけの仕業のような、
奇妙な現象が連続しているらしい・・・!
                  (公式HP あらすじより)

今回は 初となるホラー調のお話でした。
人魂が出てきたり 甲冑の騎士がひとりでに歩いたりと怪奇現象が
次々と現れて 少し怖かったな。
でも その原因は ポケモンが大事にしていた仮面を取られたと思って起きていた事件でした。
人間の言葉を話すことが出来ないのは不便ですね、しかし最後にはポケモンの真意を
汲むことが出来て良かったです。
あくまで 科学的に超常現象を説明しようとするデントと超常現象は荒ぶる魂のせいだ、と
断言するアイリス、ジム戦のことしか頭にないサトシと見事にバラバラだー。
この先の旅は一体この調子で大丈夫なのか、頭を抱えてしまいましたが
それぞれの個性が感じられて良かったかな。
キダチとそのママも対照的でした、片や細身の眼鏡男性、片や肝っ玉かあちゃんと
これもある意味釣りあいが取れていると言えるのかも。
お互いにお互いの足りない所を補いあっているのかもしれませんね。
突っ走るサトシ・冷静なデント・仲介役のアイリスとこちらもお互いに補いあっているとも
感じられました。

仮面をつけたデントが手から炎の玉を出したりと 意外と強力な技を今回のポケモンは
持っていた様に思いますが 眠っていたら大事な仮面を落としてしまって
ハッと目覚めたら 仮面がとれない、というシーンは可愛くてニヤニヤしてしまいましたよ。
本人にとっては一大事なんでしょうけどね。

今回も大いに楽しめたお話でした、次回はとうとう2個目のバッジ獲得を目指して
ジム戦に挑戦ということで 頑張って欲しいものであります。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年12月17日

ポケットモンスター ベストウイッシュ 第13話「チラーミィはきれいずき!?」感想

なにあの可愛い生き物!
あ、勿論 ベルのことですよ!?
チラーミィも可愛かったですねー。
以下 ネタバレありとなりますので 気にされるかたは
これ以上読み進めない方が良いかもしれません。

シッポウジムに向けて旅を続けるサトシたち。
そこに突然一人の少女がぶつかってきた!
彼女の名はベル。
アララギ博士に頼まれて、サトシにあるものを渡しに来たのだという。
それはバッジケース!
・・・だが、かばんの奥にしまわれていたケースは、埃まみれでドロドロになっていた。
とはいえ、大事なケースを手にして上機嫌なサトシ。
ところが、高々と掲げたバッジケースがいつの間にか手の中から消えていた!
それと同時に走り去る1匹の"チンチラポケモン"チラーミィ!
口には大事そうにバッジケースをくわえている!
慌てて追いかけるサトシたち。ドタバタの追いかけっこ、一体どうなる!?
                     (公式HP あらすじより)

今回は新しい登場人物として ベルが出てきました。
この子は人気が出そうですね、ルックスもマイペースな性格も良いです。
このポケモンは様々な人種・様々なポケモンたちの交流を描いた作品であると
最近思えてきました。サトシ達3人もそれぞれ人種が違いますよね。
しかし、ポケモンという共通の目的を持って仲良く旅をしています。
まったく話は変わるのですが 最近モンスターハンターポータブル3rdを
買いました。先週の土曜日に大阪日本橋で買ってきたのですが
実は忙しすぎて 梱包すら開けていない状態であります。
今日から久しぶりに3連休なので 私も冒険に出ようかな、と思っています。
そして どうやらこのモンスターハンターは通信プレイが出来るようですね。
顔も知らないハンター達といつか仲間となって一緒に冒険できることを
楽しみにしております。
なんだか、サトシ達の様に 共通の趣味や目的を持って旅をするのに
似ているなー、なんて 思いました。

そして ベルも可愛かったですが チラーミィも可愛かったですねー。
ケースを口にくわえている姿が堪りませんでした。
また このチラーミィは戦闘能力も高そうでしたね。
メロメロを使ったときの ダンディチラーミィは笑えましたけどw
お掃除好きで綺麗好きな チラーミィとベルの相性は良いのかもしれません。
でも そのうちチラーミィに愛想をつかされそうで心配ですね。
今度逢った時には ベルもチラーミィに感化されて綺麗好きになっていたら
いいな、なんて思いました。
くすぐる、という技は見た目は微笑ましいのですが
ポケモン達にとってみれば 炎や電撃攻撃よりも恐ろしい技なのかな?
ピカチュウが 背後を取られたときに 凄く焦った表情をしていました。
今回も 安心して楽しく見る事が出来ました。
しかし、いったいこのアニメは全何話なのだろうか?
OP映像を見ると 黒くなっているのは残り1体だったので
あと2話くらいで一旦 終了ということなのでしょうか?
次回は デントの仮面舞踏会ですね。楽しみです!

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年12月09日

ポケットモンスター ベストウィッシュ 第12話「ヤブクロン戦隊と秘密基地!?」感想

何とも深いお話だなー。
これは 親子で一緒に見る事が前提のアニメなのかもしれない。
以下ネタばれ有りです、まだ未視聴の方はこれ以上読まない方が良いかも?

旅の途中のとある道、目の前から三輪車に乗った子供たちが・・・。
すると突然、子供たちが泥だんごを投げつけてきた!
直撃をくらったサトシたちの横を大はしゃぎで通り過ぎる子供たち。
さらに、その軍団の中にいた"ゴミぶくろポケモン"ヤブクロンが
落ちていたサトシの大事な帽子を拾って行ってしまう!
急いで追いかけようとするサトシたち。
そこに、ユリと名乗る女性が声を掛けてきた。
どうやらユリはさっきの子供たちが通う幼稚園の先生で、とても困っているのだという。
話を聞くために幼稚園に向かったのだが、目の前の光景にビックリ!
なんと、幼稚園にはゴミの山に囲まれた秘密基地が出来ていて、
子供たちが立てこもっているというのだ! (公式HPよりあらすじ)

幼稚園児のピタゴラスイッチ式侵入者撃退トラップには驚きました。
あれはきっとNHKのピタゴラスイッチをからヒントを得て作っているんじゃ
ないかと思いましたよ、本当に良くできていましたね!

大人からみたら いけないことでも 子供からみたら違う風に思える事も
あるんでしょうね、大人の事情を子供に押し付けてしまっていないか?
自問する機会を今回のお話はつくってくれました。
幼稚園児たちの言う事も間違ってはいないし、先生の言う事も間違ってはいません。
それぞれの立場でそれぞれの意見を言っているだけなのですよね。
しかし、お互いに自分の主張を貫くだけでは いつまでも平行線から
抜け出せません。そこで 今回のサトシは敢えて園児たちの味方になったのでしょう。
いわば視点をひっくり返すために サトシは園児たちの味方になりました。
そう思わなければ サトシの行動が余りに突飛すぎましたものね。
まあ、サトシは素であのような行動をしていたのかもしれませんが
そこは主人公補正で 最後には丸く収まりました。

また、メグロコは何故 あの場所にやってきたのか?
自分が あえて憎まれ役を買って出ることで 今回の結末がこうなることが
わかっていたのかもしれませんね。
以前のメグロコ回では 予知能力の様な能力を発揮していた気がしますし。
そう考えると、メグロコもサトシも同じような考えで行動をしていたことが わかりますね。

環境問題や子育ての問題など、色々な問題提起を今回もしてくれました。
いやー、ポケモンを親子で一緒に見て こうした問題について一緒に
話をするのも良いかもしれません。
また、自分が先生だったらどうしたと思う?と子供に尋ねてみるのも
面白いと思いましたよ。

今回も非常に楽しめました、次回はあの卵が孵化するようです。
一体どんなポケモンが飛び出してくるのか?わくわくしますね!
そして 来週は私の息子が好きなチラミィが活躍してくれそうです。
DSソフトのポケットモンスターブラック&ホワイトを息子はプレイしていました。
そして チラちゃんと名前を付けて可愛がっていたチラミィを交換しないか?と
言われて はい、と答えてしまいチラちゃんがいなくなった!と
大騒ぎして しくしく泣いていた息子が可愛くて仕方がありません。
交換したチラちゃんは今頃きっと大事に育ててもらっているよ、
代わりに貰ったポケモンをこちらも大事に育てようね、と息子とお話をしました。
ポケモンのお蔭で字を読むのが格段に速くなりましたし
色々なことを学んでいる様で何よりだと思っています。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年11月28日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第10話「ライバルバトル!強敵プルリル!!」感想

シューティーとの邂逅と熱いバトル!
今回も面白かったですねー。
以下ネタバレを含みますので ご注意下さいませ。

シッポウジムを目指し旅を続けるサトシたち。
途中立ち寄った町で、ポケモンバトルクラブを発見!
早速対戦相手を探すサトシ。
するとそこにはシューティーの姿が!
急いでバトルを申し込み、ドン・ジョージさんに頼んで
ライブキャスターに連絡をしてもらうことに。
予期せぬ再戦に熱くなるサトシをよそに、
いつも通りクールに登場したシューティーと5対5のバトル開始!
サトシの1体目はミジュマル、
シューティーは"のばとポケモン"ハトーボーを繰り出した。
ホタチを使った独創的な攻撃を仕掛けるサトシとミジュマル!
しかし、シューティーのハトーボーも負けじとわざを繰り出す!
この勝負、勝つのはどっち!?
(公式HPよりあらすじ)

今回サトシがシューティーとのバトルで負けてしまうのが良い。
これからのサトシの成長の度合いを今後またあるであろう
シューティーとの再戦で視聴者に見せつけることが出来るからです。
恐らくクラスメイトの優等生を投影させる目的で登場している
シューティーと視聴者が自分を投影させやすいサトシ。
今は駄目だけれども やる気と根性でその差を今度埋めていって欲しい。
サトシと視聴者は共に成長していくことを約束した、そんな印象を
今回のお話から感じました。
考えると登場するキャラクターは 視聴者の現実世界での
人間関係を投影しやすいキャラクター性格をしているんですよね。
流石に人気があるアニメだけあって そのあたりの戦略は見事です。
また、作画に関しても非常に安定していて 丁寧につくられているのが
良くわかりますね。と、小難しいお話はこれくらいにしておきます。
自分でも何を言っているのか良くわかりませんのでご安心を。

今回登場したプルリルの技は怖かったです、あれはマジ恐ろしいよ。
小さな子供達のトラウマにならないか、心配であります。
まがまがしい闇の球体から目玉がギョロリと見つめて呪いを
かけるとか、初めてポケモンにもお化けの様に怖い存在が
いるんだなと感じましたよ。

そしてふと思ったのは トレーナーはどの様に食費を稼いでいるのか?
これだけ長旅になるのであれば 事前にかなりの金額を溜め込んでから
旅に出ているのだろうか?
それとも 旅の途中で何か収入を得る、という事をしているのだろうか?
これは描かれていないだけなのかもしれませんが
どこかでアルバイトなどをして糊口を凌いでいるとかなのかな。
あと、学校はどうしたのだ?教育制度はどうなっているのか?
そんなものは無い、というのなら高度に発達した機械類は
一部の人間達が特権的に知識と技術を溜め込んでいるのかなー。
僕は今ポケモン世界の闇の部分を突いてしまっているのだろうか。
藪を突いて野生のポケモンが飛び出して来そうで怖くなってきた。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年11月11日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第9話「ペンドラー暴走!キバゴを救え!!」感想

ポケモンとマスターの関係は親子の様だと再認識。
そして ミジュマルは?ミジュマルの出番が無かったなー。
以下、ネタバレあり感想となります。

アイリスとキバゴ、デントとヤナップ。
向かいあう二人はバトルの練習中!
だが、まだまだパワー不足なキバゴに
ヤナップも手加減してわざを繰り出す。
少しずつ強くなればいいとキバゴに語りかけるアイリス。
いつも優しいアイリスが大好きなキバゴは、
きのみをプレゼントしようと森の中に探しに行くことに。
すると、高い木の上においしそうなきのみを発見!
慌ててついてきたピカチュウの制止も振り切って、
細い枝の上で思いっきり手を伸ばすキバゴ。
きのみまであと少しと思ったその時!
足元の枝が折れて真っ逆さま!
落ちた先は"メガムカデポケモン"ペンドラーの上!
驚いたペンドラーはキバゴを連れたまま暴れ始めてしまった・・・!
           (公式HPあらすじより)

サトシとアイリスのポケモンの教育方針は全く別の様ですね。
サトシはあくまで実戦重視でどんどんバトルに参加させることを
実践しています。それに対してアイリスは 長い目でゆっくりと
ポケモンを育てていこうとしています。
しかし、ヤナップが手加減してもとても勝ち目がありそうにないキバゴ。
バトルの面ではまだまだ先は長そうですが キバゴにはとても良い所が
ありますね!それは アイリスを想う優しい心です。
アイリスに食べさせてあげようと 頑張って木の実を採っていましたね。
優しいアイリスと優しいキバゴ、親の性格は子供にうつると言いますが
まさに その様な関係だと思いました。
本当に ポケモンとマスターは親子の様な感じですね。

ドリュウズもここぞ、というアイリスのピンチには活躍してくれて
よかったですね、あのままゴロリと転がったままではどうしようかと
ハラハラしました。もしかしたらドリュウズはアイリスがキバゴばかり表に出して
可愛がっているので ヤキモチを焼いているのかもしれません。
長男がドリュウズで新しく生まれた赤ちゃんがキバゴと考えると
しっくりします、みんな大事な自分の子供の様なポケモンです。
平等に仲良く可愛がってあげてねー。

そして 呪われボディが怖そうで今からブルブルです。
次回予告のツタージャの目がヤバい!まさに呪われております。
次回の放送時はきっと子供達があの顔にショックを受けて泣き叫ぶと
思われます、テレビ東京さん大丈夫だろうか?
苦情の電話が殺到しなければ良いのですが・・・
まあ、それだけ恐ろしい能力を持ったポケモンという訳ですね。

そして何故か自分に電撃を打たせて悦ぶサトシはドMに違いありません。
何故?あれは 子供とじゃれあって遊んでいるパパさんの気持ちなのかも。
そう思うと何となく理解が出来ます。
そして 今回のピカチュウは必死でキバゴのピンチをサトシ達に
伝えようとしていました。その時耳の形をペンドラーの角の様に変形
させていたのが可愛かったです。

今回も面白かったなー。ハズレがなく安定して楽しめますねー。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年11月04日

ポケットモンスターベストウイッシュ 第8話「ダルマッカとヒヒダルマ!時計塔の秘密!!」感想

だったらいつ寝るんだってばよ。
働き者にも程がある、一人コンビニ24時間対応。
ちょっと、ポケモンセンター行ってくる!と思わず思ってしまいました。
ジョーイさん、僕にも治療お願い致します。
ネタばれ有の感想です。

次なる目的地へ向かう途中、
ポケモンたちと一緒に川辺でランチをしていたサトシたち。
なごやかに過ごす一同、だがその時!
ピカチュウとキバゴのポケモンフーズがなくなってしまった!
誰の仕業かと辺りを見回していると、
そこに現れたのは"だるまポケモン"のダルマッカ2体!
追いかけるサトシたちを『かえんほうしゃ』で振り切って、
あっという間に逃げてしまった。
捕まえたいところだが、傷ついたポケモンたちの治療が先。
急いでポケモンセンターへ向かうことに。
しかし、なんとそこにも2体のダルマッカが!
しかもまた食べ物を奪って逃げていくではないか!
果たしてダルマッカたちの目的とは・・・!?
                (公式HPあらすじより)

ポケモンには悪人は いないのかな?
目に見えているものが全てじゃないってことですね。
その行動の真意は?何故その様な行動や態度をとっているのか?
キチンと向き合う事の大事さを教えられた気がします。
共通の言語が喋れないのはやっかいですねー。
サトシ達が今回ダルマッカと向き合わなければ
ずっと 村人達から嫌われたままだったかもしれません。
手伝ってあげる、とサトシから言われた時のダルマッカ達の
嬉しそうな笑顔が とても印象に残りました。
文化の違い、言語の違いは人間達にもありますが
嬉しい事、悲しい事の本質の部分は共通だと思います。
ポケモンも人間も同じですね、悲しい事があれば泣き嬉しい事があれば笑う。
そんな 当たり前の事を今回教えられた気がしました。

ダルマッカとヒヒダルマは親子なのでしょうか?
いつも一緒に居たとジョーイさんは言っていましたが
仲が良い親子の様に私には思えました。
釣鐘がフックにかかったとき ヒヒダルマは自分の子供の様に
頭を撫でていましたね。
前話でオスとメスがポケモンにはいるという事が分かりました。
ポケモンは何も無い所から突然自然発生するわけではなく
オスとメスの間に子供が生まれるということなんでしょう。
あのヒヒダルマはオスなのかメスなのかは分かりませんでしたが
もう一匹のつがいのヒヒダルマが現れたらなー、なんて思って観ていました。

そして デントがいつ活躍するのか?とここ数話思っていたのですが
今回やってくれました。ポケモン達が力を併せて 壊れたフックを
Sの字にするのを見て 非常に胸が熱くなりましたよ。
どうやら ヒヒダルマ・ダルマッカ達の時計塔、この街のシンボルを
守るという熱い想いにやられてしまった様です。
ポケモン達が次々を自分の技を出していく所ではウルウルきました。

そして 時計塔の取り壊しが中止、ヒヒダルマとダルマッカ達が
そのまま時計塔に住める様になったと聞いて凄く嬉しくなりました。
ヒヒダルマとダルマッカ達の優しい心が街の人にも鐘の音の様に
響き渡ったんですね。
今回も非常に良いお話でした、心が優しくなる感じです。

今回はロケット団が不審な動きを見せていましたね。
あれは 各地にロケット団の協力者がいるということなのでしょうか?
カプチーノとはまたお洒落な演出でこういう細かい所にも目が行きとどいて
いるのは良いな、と感心しました。

さて、次回の冒険は一体どの様なものになるのでしょうか?
いまから 楽しみで仕方がありませんよー。わくわく。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年10月28日

ポケットモンスター ベストウイッシュ 第7話「ツタージャ・ゲットでメロメロ!?」感想

熱い女同士のバトル!手に汗にぎるバトルシーンに心が躍りましたよ。

下の記事にはネタバレを含みますので ご注意くださいませ。

サトシ、アイリス、デント。
共に旅をすることになった3人が森で一休みしていると、
そこに"くさへびポケモン"ツタージャが現れ、
デントが作ってくれたケーキを食べ始めてしまった!
慌てて止めようとするピカチュウだったが、なぜか突然目がハートに!
どうやら、ツタージャの『メロメロ』を浴びてしまったようだ。
フラフラのピカチュウを見下すような目で見つめるツタージャは、
素早い身のこなしで逃げてしまった。
だが、そんな姿にメラメラと闘志を燃やす男、サトシ!
絶対にゲットして見せると意気込み、追いかけっこがスタート!
果たしてサトシは見事ツタージャをゲットすることが出来るのか!?
  公式HPよりあらすじ(!が多いな・・)

今回もとても心が温まるお話でしたね。
良い話だなー、ツタージャの表情がとても良かったです。
最後にポケモンボールに入る時のツタージャのフッ、という微笑に
心をわし掴みにされました。
恐らくですが 本当はポケモンボールから脱出も出来たけど
あえて捕まったふりをしていたんですね。

女の子をゲットするときには 何回もアタックしなければならない。
1回振られた位で諦めては駄目なんですね。
ポケモンで女の子ゲットの方法を学ぶとは思いませんでした。
ピカチュウを身を挺して守るサトシの姿にツタージャは
このマスターだったら一緒に旅をしたいと思ったのかもしれません。
彼女を大事にする男はモテル、ということなのか。
あの ツタージャも立派な女の子なんですね。
そして 今回ツタージャが使っていた技で「メロメロ」というものが
ありました。性別の異なるポケモンには効果絶大だったみたいですが
女の子同士というのは駄目なのかい?
私も 美人に悩殺されたい、メロメロにされたいと思いますが
美男子にメロメロにされたいとは思わないかな。但し 男の娘は別。

ツタの鞭をつかったりとまるで女王様の様なツタージャの姿が
今回面白かったですよね。ドSですよ、あのツタージャ。
自らのマスターを見限るとか そんな設定があるとは
思いもしませんでした、てっきり私はマスターの言うことは
かなりの確率で聞いてくれる忠実な生き物達だとポケモンの事を
思っていたのですが そうでも無いみたいですね。
考えてみれば ミジュマルも自らの意思でポケモンボールから
飛び出して 戦わせて欲しいといってきたりと
マスターとポケモンの立場は対等なんですよね。
こんな人間とポケモンの関係は見ていて清々しかったです。
共に成長していこうという気概が感じられて良かったですよ。

そして今回少し気になった事が2点。
@サトシの持っているポケモンボールでゲット出来るのは
 野生のポケモンだけ?

 今回アイリスがその様な事を話していて驚きました。

Aポケモンにもオス・メスがいるという事
 オスかメスかを見分けるのは メロメロが効くか、効かないかしか
 ないのだろうか?

今回もとても楽しめました。次週の放送を心待ちにしています。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年10月22日

ポケットモンスター ベストウイッシュ 第6話「夢の跡地!ムンナとムシャーナ!!」感想

心が洗われる様な良いエピソードでした。
信じあう心と心が引き出すポケモンの力!

ここからはネタばれを含みますので
内容についてまだ知りたくない方は
これ以上 読み進めることはお勧め致しません。


ジム戦を終え、ポケモンセンターで
ポケモンたちの疲れを癒していたサトシたち。
するとそこに大慌てで
キバゴを抱いたアイリスが駆け込んできた!
腕の中のキバゴはうっすらと
ピンクの光に包まれ、すやすやと眠っている。
話を聞くと、眠ってしまったキバゴが
どうやっても起きないらしい!
この状況に一同が困惑していると、
そこに"ゆめくいポケモン"ムンナを連れた女性が現れた!
彼女の名はマコモ博士。
どうやらこの眠りの原因を知っているらしい。
それを解決するために外へと飛び出したサトシたち。
だが、目の前には驚くべき光景が!
空から舞うピンクの光、
緊急事態を告げるジュンサーさん。
街はパニックに陥っていた・・・。(あらすじ公式HPより)

またまた調子に乗ってしまうミジュマル。
なんだか、小さな悪戯好きの子供を見ている様な気持ちになります。
岩を利用したミジュマルの水攻撃は こういう戦い方もあるのだと
何だか感心してしまいました。
俺を信じろ!とサトシはミジュマルに言っていましたね。
素直にサトシの作戦指示に従うミジュマルが見ていて微笑ましかったです。
すぐに調子にのってしまうミジュマルですが
いざ、という時にはサトシを信じて行動をしてました。
ポケモンの素材の持つ力を引き出すのは この様なトレーナーとの
深い絆なんでしょうねー、ちょっと目頭が熱くなってきましたよ。

見事勝利を収めたサトシ達、なるほど これがバッジかー。
三つ子の兄弟らしく、バッジのデザインもそれっぽいですね。
それぞれのジムごとに このデザインは異なるのかな?
そして テイスティングターイム!、には笑わせて貰いましたが
あれは少し言い過ぎですよねー。
頑張っているポケモンとトレーナーに失礼では?
最後にはポケモンとサトシについてより深く知りたくて
デントはサトシの旅に 一緒に付いていくことになりました。
この展開は良かったですねー。
これで サトシ・アイリスに新しい旅の仲間が加わりました。
宮野真守さん・悠木碧さんと深夜アニメでは
主役級を務める豪華声優陣、他にも林原めぐみさんも
参加しているんですね。

後半は 人の悪意を吸いこんでしまったムシャーナのお話。
エネルギーに対する利権争いでお金儲けをしようとする夢を
吸い込んでしまったムシャーナが研究所を爆発させてしまったんですね。
マコモ博士の事をずっとあの場所で待っていたのかな?
ロケット団が夢の跡地で調査をしていなかったら
マコモ博士とムシャーナの再会は暫くの間難しかったかもしれません。
決め台詞を言う ロケット団が今回も良い味出しておりました。

ポケモンはどうやら2段階進化を起こすんですねー。
一体何がきっかけで進化するんでしょうか?
大きさも顔つきも変わっていくんですね。
人間で言うと 幼児期→少年期→青年期 みたいな感じかな。
ピカチュウも進化するんですよね。どんな姿になるんだろう?
可愛らしい外見のまま大きくなって欲しいかなー。

さて 次回はツタージャとの戦いの様です。
確か ツタージャ・ポカブ・ミジュマルが
最初にトレーナーに与えられるポケモンでしたよね。
今のところ ポカブとミジュマルはサトシと一緒に
旅をしていますが ツタージャはどうなのでしょうか?
次回のお話も楽しみですねー。
どんな出会いが待っているのか、ワクワクします。


いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2

2010年10月15日

ポケットモンスターベストウィッシュ 第5話 「サンヨウジム!VSバオップ、ヒヤップ、ヤナップ!!」感想

今度はデュラララ!!を思い出した、主に声的に。
声優さん豪華だなー。
君とそのポケモンの相性はルート3点。

ここからはネタばれを含みますので
内容を知りたくないという方はこれ以上
記事を読み進めない方が良いかもしれません。

ついにやってきたサンヨウシティ!
イッシュ地方初のジム戦を前に興奮を
抑えきれないサトシの前に、デントと名乗る一人の青年が。
デントは、アイリスとキバゴが
仲良さそうにしている姿を見て、二人の相性はバッチリだと告げる。
どうやら『ポケモンソムリエ』という資格を持っており、
トレーナーとポケモンの相性などを見ることができるらしい。
せっかくなので、話を聞きながらサンヨウジムまで案内してもらうことに。
そして、目の前に現れたのは待ちに待ったサンヨウジム!
戦闘モードで勢いよく飛びこむサトシ!
だが、建物の中には目を疑うような光景が広がっていた・・・。(公式HPあらすじより)
見ていない人も多いと思うので あらすじを今回 載せてみました。

それにしてもジム戦というのは一体何なのだろうか?
ジム戦に勝つと貰えるというバッジには
一体どんな価値があるというのでしょうか。
サトシは ジム戦を楽しみにしていたようですが
これはどの様な意味合いがあるのかなー。
バッジは階級章みたいなものなんでしょうか、
沢山集めると一人前のポケモントレーナーとして
認められるとかいう設定なのかな。

ナルトタイプ・ドラゴンボールタイプのポケモンが
ピカチュウとミジュマルの前に立ちはだかる。
分身の術は手ごわいなー。ピカチュウいきなり大ピンチ。
と思っていたら ええっ、まさかのピカチュウ敗退。
ピカチュウはミジュマルにも出番を与えようとして
空気を読んだに違いない。
そして 出てきたミジュマル、頑張れー。
ミジュマルピンチ、かめはめ波をよける事ができるのか。
そして ポカブの不敵な面構えがカッコいい、ドヤ!という顔が
いいじゃないですか。うん、頑張った!

呼び出されても今日は戦いたくないよー、というポケモンは
いないのだろうか?
目の前で 自分のパートナーと公言するポケモンが
傷つけられるのを見て心が痛まないのだろうか。

ロケット団は 今回はサトシ達と絡むことなく
次回への伏線を張っていきました。
夢の跡地、ってなんだ?夢を操るポケモンが出てきそうです。
そのポケモンは精神感応系の能力を持っているのかな?
ちょっと楽しみにしておきたいと思いますよ。

ポケモンソムリエ、そんな職業があるのか。
サトシの住む世界は 何だかポケモンが中心に廻っている気が
してきました。あれだけポケモンが人間にかかわっているのだから
当然なのかもしれませんけどね。

レストランが一転して バトル場になったのには驚きました。
何となくそんな気はしていましたけどね。
3人でサトシ達を取り囲んで注文を貰うまで帰さないぞ、
という悪徳商法のにおいを感じる怪しい店でした。
執事喫茶風でしたけどね。
お客さんは女性客のみ、チアガールになったりとなんだこの店。

今回は戦闘シーンが主でしたので 余り書くことがないなー。

いつも応援ありがとうございます♪
拍手代わりに ポチッ!としてくれると ヤル気が出ます♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

サラリーマン オタク 日記 TOPへ いつも応援ありがとうございます!拍手頂けるとヤル気が出ます♪ web拍手 by FC2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。